サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デカメロン 上(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1999/05/10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/377p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-197664-8
文庫

紙の本

デカメロン 上 (講談社文芸文庫)

著者 ボッカッチョ (著),河島 英昭 (訳)

14世紀イタリアのフィレンツェでペストが猛威をふるった時、7人の淑女と3人の紳士が森の館に避難し、毎日交代で面白い物語を話して聞かせることになった。──イタリア・ルネサン...

もっと見る

デカメロン 上 (講談社文芸文庫)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

14世紀イタリアのフィレンツェでペストが猛威をふるった時、7人の淑女と3人の紳士が森の館に避難し、毎日交代で面白い物語を話して聞かせることになった。──イタリア・ルネサンス期の巨人が残した世界文学史上不滅の古典に新たな生命を吹きこむ苦心の訳業。本巻には前半の第5日第7話までを収録(第3日、第4日は省略)。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もっと知恵を!

2010/05/09 22:55

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

地中海沿岸を席巻していたペスト禍が、遂に花の都フィレンツェにも伝播し、10万人もの死者を出した。その中で男女10人の若者がこの街を抜け出し、郊外の屋敷に10日間籠り、毎日一人一話ずつの物語を語った、計百話が「デカメロン」。語られる説話風物語の中身と、その背景の構成とが楽しみポイントでしょうか。なにせ14世紀、セルバンテスの2世紀前ですんで、しかし少し前のダンテ「神曲」の影響を大きく受けているのだそうです。
とにかく市がペストで半壊滅状態だというのに、それを見捨ててというのか、逃れてというのか、思い切った行動は斬新だ。その決断力、行動力、叡智を備えた若者達への賞賛の意識が、描写からは強く感じられる。そういう舞台背景を選んだのに深い意図があったのか分からないが、とにかく執筆当時の状況において、新たに立上がってくる希望、若い力を描きたかったように思える。
それぞれの物語は、聖人や王の逸話から、フィレンツェで語られている噂話のようなものまで様々だが、いずれも機知に富んだ人々の行動や言葉を学ぼうという趣旨の元での語りであり、困難を切り抜けて本意を遂げるといった話が中心である。哲学的であったり、真実や愛を称揚したりというものではないのだけど、それは中世という時代の見えざる枠なのだろうか。社会観なり人の生き方といった大きな構造に新たな進歩をもたらそうという意欲が希薄で、大きな世界観はギリシャ、ローマの古代に培われた枠組みで完了していて、知恵というのはその理解と活用の範囲に使われるということだ。その停滞から抜け出して、新しい世界観があり得ることを知るのが中世の終わりなのだろうが、しかし本作の構造は、当時の最も優れた知性のあり方をよく現しているのだろうと思う。あるいは、若き人々がさらに叡智を磨き、古い世代を乗り越えていこうとする姿勢の中に、時代の変わり目の萌芽があるのかもしれない。
物語一つ一つを見ても、権力者や既存の宗教者の権威を疑ったり、エロティックな要素にも女性が怯むことなく笑い、論考したりと、新しい世代への期待が込められていそうだ。
ところでこの講談社文芸文庫版は実は抄訳で、10日間のうち、3、4、7、8日目が略されていて、その他にも何話か省略されてます。いろいろ商業的都合はあるでしょうが、ちょっと悲しい気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/16 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/03 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/30 03:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/04 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。