サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76287-5
新書

紙の本

非−知 閉じざる思考 新訂増補 (平凡社ライブラリー)

著者 ジョルジュ・バタイユ (著),西谷 修 (訳)

「絶対知」が形成されるその瞬間から「非−知」が始まる。人間主義的知性が自己完結する言説の回路を解体し、認識の構造の自明性を根底から問い直す「外の思考」。哲学書房1986年...

もっと見る

非−知 閉じざる思考 新訂増補 (平凡社ライブラリー)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「絶対知」が形成されるその瞬間から「非−知」が始まる。人間主義的知性が自己完結する言説の回路を解体し、認識の構造の自明性を根底から問い直す「外の思考」。哲学書房1986年刊の新訂増補。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョルジュ・バタイユ

略歴
〈バタイユ〉1897〜1962年。フランスの作家・思想家。国立古文書学校卒業。オルレアン図書館長等を務めた。著書に「至高性」「内的体験」「エロティシズム」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悪、エロス、死……そんなことについて「哲学的」に考えてみる入口として。

2004/02/29 00:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 単純なイメージとして、「悪」が「自分」を「地上」に縛り付けていることがなければ、きっと僕はどこかに飛んでいってしまうのだろうというようなこと。その意味で「悪」は「重力」みたいなものの比喩で語ることもできそうな気がすること。「悪」というよりは「罪」なのかもしれないが、きっと「悪」が「自分」と不可分であることに気づくことが人間にはあって、それが「罪」の意識みたいなものになるのだろう。それはたぶん、人を殺したから、物を盗んだから、だから「罪」があるのだとか、「悪」いんだとかいうものではない。「罪」の反義語を考えながら煩悶しているのは『人間失格』の主人公だが、それは「罰」であろうかと、ドストエスフキイを引きながら、むしろ同義語ではないのかなどといい、それはドストエフスキイには「神」があって、太宰には「神」がないということなのかという解釈はたぶん一般的なものとして流通可能であろう。

「死の教え」と題された講演草稿が、本書のなかには収められている。たとえば、難解な思想家(それでいながら何故か「自分」に訴えかけてくるところがあるように思える思想家。それはつまりその思想家が「今」に響くものを持っているということだと思う)の考えへの入口としては、「講演の原稿」やら「講義録」というのは、最良のものであると思う。わかりやすい、というのは入口としては、悪くない。(ジャック・ラカンの場合は、講義録でさえよくわからなくて、放り出してあるが……)

>

 こんなことを考えているのはどうしてかと自問してみるに、麻原という男の死刑判決についてニュースや新聞でイヤと言うほど目にし、耳にしているからだろうなと思う。あの事件については、やはり、誰もが真剣に考えておく必要があるのではないかというようなことは、なんだか道徳的過ぎて……(ここにすでに「悪」が紛れ込んでいる気がする)だからバタイユを読んでみたい気分になっているんだろう。

 僕は哲学とか思想とかのことはよくわかっていないけれども、バタイユという人に興味らしきものを感じている人にとっては、この『非-知』という本がその入口として最適なんじゃないかなと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/25 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/10 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/25 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。