サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

奪取 下(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 75件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/479p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264631-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

奪取 下 (講談社文庫)

著者 真保 裕一 (著)

【日本推理作家協会賞(第50回)】【山本周五郎賞(第10回)】【「TRC MARC」の商品解説】

奪取 下 (講談社文庫)

771(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー75件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

すっきり爽快

2015/09/30 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:焚き火料理人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

情感に続きあっという間に読破。まぁ最後のどんでん返しはご愛敬としても、やっぱり掛け値無しに面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/23 15:45

投稿元:ブクログ

真保 裕一さんと言うと映画化された「ホワイトアウト」が有名だが、個人的に本作品が一番面白いと思う。
話のテンポも良く上下巻一気に読ませる作品。

2006/01/10 19:05

投稿元:ブクログ

贋札作りを通した青春物語、としても読めて(というかそういう風に読んだ)真保作品の中でも大好きな部類に入り何度も読み通してます。

2004/11/22 23:33

投稿元:ブクログ

偽札作りの目的が次第に摩り変わっていく様に興奮。職人魂に火がついてからの盲目ぶりは、凝り性の人なら経験があるはず。幼い頃、いかに割れない泥団子を作るか奮闘した思い出が蘇りました。
本札よりも精巧な偽札を作ることに没頭する主人公と、それをそっとして置かない周囲の歪みは終盤に向けてどんどん加速。ラストは盛大に肩透かしを食らった気分。でも爽快。

2005/02/04 01:25

投稿元:ブクログ

最近世間を騒がしている偽札騒ぎの裏側を見ているような気になる。偽札作りの工程を事細かに解説してあるものの、説明臭くなく映画を見ているような読み易さ。おもしろかった〜!

2007/03/28 22:43

投稿元:ブクログ

ラストがちょっとなー。3人にはちゃんと5億を手に入れて欲しかったですね。あんなカリスマ性のない奴が最後に一番おいしい目を見るなんて、なんか後味悪いな。エピローグも、おいおいそれはないやろうって思った。フィクションは完全にフィクションのままでそっとしておいて欲しいっつうか。それから、上巻読んでても思ったんだけど、コイツら偽札造りへの執念を、もっとちゃんとした方向に使ってたら、もっといい生活が出来てんじゃないかと思うのです。社会の底辺を生きてる割に頭良すぎ!(笑)全体的には割合面白かったです。上下巻間を置かず一気に読むことをお奨めする。(20070328)

2005/07/26 13:57

投稿元:ブクログ

紙幣の解説で少し難しくなりダレるが、クライマックスに向かうにつれ読者にすさまじい焦りを感じさせる。
「あー、どうなる!?」こんな気持ちになる小説があるか!?

結末の文章は連載時と異なるようだ。個人的にこういうふざけた終わり方にはして欲しくなかった。

2005/10/06 14:23

投稿元:ブクログ

日本推理作家協会賞・山本周五郎賞W受賞
痛快です!!エンターテイメントとして、最後まで飽きさせません。細かいところまで表現された偽札作り、圧巻です。

2006/05/12 00:33

投稿元:ブクログ

偽札作りが本格化して、更に専門用語が増え、紙作り方、インクの選び方、印刷機の種類、スキャナについて詳しく書かれている。でもここまで来るとそれが苦にはならず、さらりと流してスラスラと読めた。それくらい話は面白い。ラストもこの主人公達だからこういうのもありなのかなと思えるほど微笑ましかった。

2008/11/04 17:17

投稿元:ブクログ

面白かったです。楽しめました。最後まで気を抜くなということですね。エピローグの「小説」のくだりもよかったです。思わず(⌒▽⌒)アハハ!と笑ってしまいました。

2006/03/12 12:58

投稿元:ブクログ

あの映画にもなった「ホワイトアウト」を書いた方の小説。

犯罪モノって結構主人公が人間から規格外だったりするけど、コレは普通の人なので安心。(犯罪知識があるだけで規格外か?)

友人がヤクザに莫大な借金を作ってしまい、「もうこれは偽札を作るしかない!!」と偽札を作る話。

下巻はついに偽札完成。主人公の敵、東建興業と帝都銀行をターゲットにいかに偽札をつかませ、現金を奪うか…という話。

この小説、結構登場人物も立ってます。まぁ、みんな何らかの犯罪に関わっている人達なのでクセのある人ばかりなのかもしれませんが。

終わり方は悪くありません。個人的にはこういう爽やかな終わり方、結構すきです。

2006/05/29 21:54

投稿元:ブクログ

偽札作りの話。かなり専門的で分かりにくいところもあったけど、詳しくてすごいなって思った。実際にこういう事件が起こっても不思議じゃないよなぁ〜・・・。なかなか長かったけど楽しい本。最後の最後でびっくりした。

2006/08/18 08:28

投稿元:ブクログ

とにかく、テレビをつけず、音楽を排除して思いっきりこの作品にのめり込むこと。
食事休憩もいらない!!(笑)
上下巻一気にどうぞ^^

2007/08/31 01:49

投稿元:ブクログ

サラ金を手にした友人の連帯保証人になった主人公は、借金を返すために紙幣識別器を欺くことの出来る偽札を作り出す・・・。

最初は識別器だけをクリアするだけの偽札を作るはずが・・・
真保裕一独特の緻密さの中に大胆なストーリー展開が待ち受けています。
読み応え十分です!

2007/02/10 17:28

投稿元:ブクログ

<きかっけ>昔、本嫌いで全く読書する習慣がなかったのですが、ある人に奪取はやみやすく、かつすごい面白のでぜひとも読んでみるといいよと言われ買った本です。
<コメント>当時本嫌いだった為、全く活字を読むことがなかったにもかかわらず上下巻で900ページもある奪取をあっという間に読んでしまいました。
それだけ、読みやすく面白かったです。
真保裕一の作品で一番好きです!

ちなみに、山本周五郎賞と推理作家協会賞のW受賞してます。