サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どちらかが彼女を殺した(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 869件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/355,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264575-0
文庫

紙の本

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫 加賀恭一郎シリーズ)

著者 東野 圭吾 (著)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫 加賀恭一郎シリーズ)

税込 659 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー869件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

かっこいい

2013/07/02 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆみぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

加賀さん かっこいいです。渋いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

加賀刑事格好良いぞ。

2007/10/29 00:54

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

袋とじを読むまで犯人が分からなかったのに面白かったです。
読者に挑戦するなんて、小学生向けの探偵小説以来ですよ。あちらは答えも載ってるけど。
答えが書いてある訳ではないのでモヤッと感が残るけど、それもまた不快ではないのです。
引き出し多いな~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全てはラストに

2004/07/16 17:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 愛知県警の交通巡査の兄が東京に出ていた妹の死体を発見します。自殺のように見えるが他殺の疑いを見付けた兄は証拠品を隠し警察には自殺で処理させようとします。自ら犯人を突き止め復讐するために。 証拠品は全て提示されます。他殺に見せかけた自殺とも見えたり、二人浮かび上がる容疑者ですが、どちらにも該当する証拠の数々。果たして真実は?
 …と、まあ、なっているわけですが、さすがの展開で読まさせられます。経過を追う毎に次々に手がかりが出てくるのですが本当にどちらとも、誰とも取れる証拠で、どうなっていくのか目が離せませんね。所轄の刑事が兄の証拠隠しを感じているような行動をとりながら接触してくるのですが、このくだりは刑事コロンボを思わせるようなやりとりがあります。復讐を止める事が出来るのか、という所も読みどころになっています。さて、どのように幕が引かれるのか? ここに全てがあります。ミステリの感想や書評で言ってはいけない部分なので書けませんが、こういう終わりは初めてじゃなかったかな。所轄の刑事って、乱歩賞受賞後の第一作「卒業」に登場する大学生なんですね。(^_^)v

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多分

2003/10/27 22:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かまいたち - この投稿者のレビュー一覧を見る

じっくり読んでいく。ひたすら読み込む。繰り返し読む。すると、ん? とか、あれっ? とか、思うところが浮き上がってくる。これこれ! ここだよね、やっぱり。見付けたよ。「あなたが犯人ですね。」あってるよね? 良いんだよね? 確認したいけど。袋とじのヒントに目を通す。多分当たってる? たまらなくドキドキ探偵気分が味わえます。多分。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

巡りあったことのない作品。

2003/10/24 19:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銭子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごい。最後まで読んでも真犯人が結局分からない本でした。そんな私みたいな人のための、袋とじ解説を読んでも…? な、私は、結局インターネット上で真犯人を確認するしかなかったわけですが、はっきりした名前はどこにも明記してないわけで、腹の中がしっくり来ないのは事実です。解説プラス回答があれば、よかったのに…。と言った感じですが、こんな作品、出会ったことありませんでした。読者に犯人を当てさせる、しかも二人しか該当者はいないのに分からない。知人に読ませて、意見を聞きたくなってしまった。そのくらい、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ザ・本格推理小説でした

2013/08/16 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tacque - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野さんの作品としては、小説よりも推理物に力を注がれた作品だったと感じました。
最後は読者へ犯人を推測させる手法など、初めての体験をできとても楽しめましたが、東野さんの作品を小説として楽しまれている読者にとっては、なぜの部分のスポットが弱かったように感じられました。
※もしかしたら、この前によんだ作品が「天空の蜂」だったからという理由からかもしれませんが…。

ぜひ、推理小説としておすすめする作品です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこまでいけば分かるか

2002/02/12 14:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんりょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最後まで犯人が明かされないことで有名な作品である.本文を読めば2人の容疑者のどちらが犯人であるか,わかるという.どうしても犯人がわからないときには,袋とじとなっている解説を読むとヒントが与えられる.それでも分からなければ,ネットのどこかに,回答が流れているらしい(それが,正しいという保証はまったくないが).
 あなたは,どこで真相にたどり着くか,挑戦してみては.ちなみに,評者は解説を読むまで分かりませんでした.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

完成済みの一冊

2001/04/11 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まろび - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは言って構わないと思うのですが、この本は推理小説でありながら、誰が犯人であるか最終的に明かされません。タイトル通りどちらかが彼女を殺したという結末で終わり、しかし真犯人を指摘するてがかりは作中に示してあるので、読者はみずから推理をすればあてることが出来るという本です。
 私は結構推理小説を読んでいましたから、おそらくあてられるだろうというつもりで読んだのですが、分からず、真相はネット上で知りました。
 しかし本書のすごいと思うところは、犯人が分からない、とか書いてないじゃんというときに、決して不満や憤りが湧かないことです。それどころか、この結末こそ最もこの小説にあって説得力をもちうると感じられる点です。
 実際私は、特に真相を知りたいと思っていたわけでもなく、たまたま犯人が誰であるかネット上で知ったにすぎないのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読者が推理する

2001/01/25 23:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 推理小説の醍醐味は、やはり解決部分にあるだろう。
 意外な犯人、予想外のトリック…それを物語の探偵役が解き明かすその瞬間こそ、推理小説の中では最高潮に盛り上がる所なのだ。ではその解決がなかったら?今までに誰も書くことのなかったこのテーマに、東野圭吾は果敢に挑戦した。
 この物語の中では、容疑者は二人。そして読者が推理に必要なデータは、すべて提示されている。
 推理して犯人を突き止めるのは、他ならぬ読者自身なのだ。
 今までの推理小説に物足りなくなってきた人には、ぜひおすすめしたい小説である。そしてこの話の真相を、推理して欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これは読者に挑戦する推理小説である

2018/11/18 23:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

加賀恭一郎シリーズ第4弾です。加賀恭一郎はそんなに頻繁には出て来ない。主に出てくるのは被害者の兄である、愛知県の刑事和泉康正である。彼が犯人探しに奔走する。これは読者に挑戦する推理小説である。解説が袋綴じなのも頷ける。推理小説好きの人には是非読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ザ・推理小説

2018/06/20 13:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは面白く難しい。とても分かり易い文章で、とてもわかりづらい結末。読者参加型推理とでも言うのでしょうか?袋綴じの解説書を見て始めて「なるほど〜」と思えました。そして感想を書くのが難しい…。殺人か自殺かも含めて、これから読む人はネタバレ見ない状態で楽しんで頂きたい。私は袋綴じ読んでもじっくり考えないと分かりませんでした。小説の段階で推理出来た人、マジで尊敬です。結末が近づくにつれて、「え?どういう事?」てな顔で読んでたハズ(笑)それにしても東野さん、よくこんな参加型思いつくなぁ〜と感心…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

種明かし袋とじつき

2016/09/09 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chocolat - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう仕掛けって、子どもじゃないんだから…
などと、思っていたら、意外と難しかった
それにしても、最後まで犯人はどっちか?と、迷える、会話の緊張感が見事だ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/16 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/09 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/06 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。