サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. さよならジュピター 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

さよならジュピター 上(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/489p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89456-522-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

さよならジュピター 上 (ハルキ文庫)

著者 小松 左京 (著)

【星雲賞日本長編部門(第14回)】【「TRC MARC」の商品解説】

さよならジュピター 上 (ハルキ文庫)

967(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

DVDを見ながら「こっちもドキュメンタリー・タッチで映像化すれば良かったのに…」と思いました。

2003/06/04 16:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 NHKの「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」が面白いのは、どう見ても不可能なテーマや困難だけれど実現しなければならない課題に、さまざまな経歴や技能の人々が集まり、協力して集団で解決し、それによって時代が動いていくプロセスが描かれているからだろう。
 小松左京の作品は、『日本沈没』以来、こうしたプロジェクトX的なものが主流となっている。『復活の日』も『首都消失』も、状況こそSF作品でしかありえない(あって欲しくない)ものばかりだが、そこで描かれているものは、多くの人々の生命を救うために不可能を可能にした科学者・技術者・政治家たちのドラマ、つまりプロジェクトXそのものだ。いや、小松左京こそ、プロジェクトXの原点なのかもしれない。なにせ『さよならジュピター』で描かれているのは、木星破壊計画“プロジェクトX”なのだから。

 時代は近未来。人々は太陽系全体に広がりつつある時代。太陽系全体を改造し、人類の居住空間を広げようとする幾つもの巨大プロジェクトが動いていた。だが、その計画は1隻の外宇宙探査船の遭難事故を契機に大きな変更を余儀なくされる。太陽系滅亡のカウントダウンが始まったのだ…。
 上巻では太陽系全体に広がった人々の活動とそれに反発する人々との軋轢が、冗長ともいえるほど丁寧に描かれ、その中で探査船の遭難事故の謎が提示される。そして下巻では謎が解明され、それによって真のトラブルの正体が判明し、二転三転しながら問題解決のために太陽系全体が一斉に動き出していくさまが克明に綴られていく。

 SFは難しい、性に合わないと思う人であっても、『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』を見たり読んだりして面白いと思った人なら十分に楽しめる作品であると思う(ただし映画版のことは忘れること)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/28 17:34

投稿元:ブクログ

小松左京御大の最長編作品・星雲賞受賞作です。
時代は22世紀頃、太陽系内のみを人間の版図とした時代が舞台です。全く未知の世界へ飛び出していく無知な人間の描写が非常に秀逸です。
私は日本のSF小説では最高のスペースオペラだと思います。

2008/05/21 17:02

投稿元:ブクログ

なんか父さんにいいSFだから読めってもらったんだけど内容が半分も理解できないのでえっちなシーンしか読んでない。

2009/07/11 22:21

投稿元:ブクログ

母の本。感受性豊かな10代の時に読んだのでとても印象に残っている。
私がSF好きになるきっかけになった作品のひとつです。

2014/03/03 01:41

投稿元:ブクログ

「おまえらの恋愛とかどうでもいいから、もっともっと木星をよくみせてくれ!」
と思いながら読んでいたら、最終的に主人公もそういうテンションだったようです。なんという物語。宇宙、宇宙。宇宙は広いなあ、あまりに広すぎるから、愛も情熱もこごえてしまうのだなあ。

ところで、物語中に登場する、最新の携帯端末のスペックが「数GB」となっていた。ポケットに数十GBの端末を持ち歩いて世界中とつながっているこの時代も、数十年前からみればSFじゃないだろうか。

2011/10/10 18:39

投稿元:ブクログ

木星を太陽化し、外惑星の開発に利用しようとするプロジェクトにからむ自然保護団体と、火星で発見された「ナスカの地上絵」そっくりの模様、彗星の巣方面で起こる事故・・・

スターウォーズに対抗すべく企画された映画の原案だけあって、一般人にも受け入れやすくするわかりやすいネタ満載。映画のほうはひどかったなぁ。確か三△友○が出ていたような。

技術的には古さを感じるものの、バブル景気にわく寸前の世相を反映させた自然を「征服」するのだという前のめりな雰囲気が懐かしい。

いずれ放っておいても自然は崩壊していくものだから、新たな調和に向かって少し手を入れてもいいじゃないか、という主張(再読のはずが、この部分しか記憶にない・・・)。下巻でどう自然に立ち向かっていくか。

2011/08/25 03:13

投稿元:ブクログ

読んだのはサンケイ出版版なのですが、表紙絵が無くて寂しいのでこちらを登録。

 悪名高い映画のノベライズ(微妙に、「原作」では無いと思う。)ですが、木星周辺の宇宙開発を舞台にして政治・宗教などいろいろなエッセンスをぶち込んで話を広げています。
 木星の大赤斑や宇宙船などの描写が非常に細かく、読んでいるとビジュアルが脳裏に浮かんでくるようです。また、細かいガジェットの描写も多く、「これを80年代の日本の映像技術で表現するのは無理だよなあ」と感じさせます。

 まだ前半ということで、ストーリーは風呂敷を広げっぱなしの状態なのです。先が楽しみではありますが、会社の昼休みに少しづつ読み進めているので、後編の読了がいつになるやら不明です。

2013/10/20 23:13

投稿元:ブクログ

日本のSF小説界の重鎮、小松左京が日本のSF映画をけん引すべく自ら原案、脚本、製作、総監督を務めたSF超大作映画『さよならジュピター』のシノプシスを、作者自身がノベライズしたのが本書。1973年に刊行され一躍ベストセラーとなり、映画版も大ヒットした小松の代表作である『日本沈没』を、さらにスケールアップして舞台を太陽系に移し≪リメイク≫したSFスペクタクル巨編の上巻。
 西暦2125年、太平洋上の無人島が一夜にして姿を消した。その調査に向かった遠距離宇宙調査船「スペース・アロー号」も突然消息が途絶える。一方、主人公の本田英二(旧称:小野寺俊夫)はマリア・ベースハート(旧称:阿部玲子)と運命的な出会いを果たすが、エドワード・ウェッブ総裁(旧称:田所雄介博士)の命により木星の大気の海に存在すると伝えられる謎の浮遊物体調査の為に木星大気圏深部調査艇「JADE-Ⅲ・わだつみ」に乗り込み木星の深海で海底乱泥流《ジュピター・ゴースト》に遭遇する。その発見と遭難した「スペース・アロー号」の飛行経路から太陽系マントルの異常によるマイクロ・ブラックホールが太陽に向かって来る事が判明する。
このままでは数年で太陽はブラックホールと衝突して太陽系から沈没してしまう。太陽系が壊滅してしまう前に地球から他の生存が可能な天体に全人類を移住させるという人類の存亡をかけた一大計画「木星太陽化D計画-1」がついに発動される!驚天動地のスペクタクル巨編『さよなら日本ジュピター沈没』は怒涛の下巻へ!(←あらすじは一部ねつ造個所有)

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る