サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 角川書店
  6. 角川文庫
  7. ボビーZの気怠く優雅な人生

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ボビーZの気怠く優雅な人生(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-282301-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)

著者 ドン・ウィンズロウ (著),東江 一紀 (訳)

ボビーZの気怠く優雅な人生 (角川文庫)

843(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

父親であることを通じた男らしさ

2001/09/04 14:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ThunderRoad - この投稿者のレビュー一覧を見る

 すみません、泣きそうになりました。二児の父親である自分にとって「父親らしさ」、そして「父親であることを通じた男らしさ」を強く考えさせられる小説でした。
 ボビーZの身代わりとしてさまざまな騒動に巻き込まれて行く小悪党ティム。その彼が、ほとんど本能的に発して行く父性は、自分が子供達にもっとも伝えておきたいものに見事に一致していました。
 ポップでスピード感あふれるクライムノベルで、いわゆる「歴史に残る名作」にはなりえないと思いますが、自分にとっては貴重な一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ニール・ケアリーのシリーズとはまた違った爽快感

2007/12/05 19:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

刑務所を出たり入ったり、海兵隊あがりの中途半端なコソ泥ティム・カーニー、ついには服役中に人を殺してしまう。これで終身刑は確実、さらには殺した男の仲間に狙われ、塀の中にいながら命を落とすのはもっと確実という困った状況に陥ったとき、救いの手を差し伸べたのは麻薬取締捜査官。条件は、ティムの容姿がカリフォルニアの麻薬組織の帝王ボビーZに瓜二つなことから、その替え玉になることだった。ボビーZに化けたティムの前に現れる、メキシカンマフィアの顔役、メキシコの麻薬王ら悪党の面々、そして謎の美女とその連れている男の子・・・。ハンパ者のティムは無事ボビーZの役を演じ続けることができるのか?

銃撃戦あり、逃走劇あり、タイトルの「気怠く優雅」とはまったく裏腹な内容、読者を飽きさせません。最後は、本作を読んだ者なら誰でも望むようないかにもな終り方ではありましたが、『ストリート・キッズ』など著者の代表作のニール・ケアリーのシリーズとは別の爽快感を味わえました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ユーモアユーモア

2001/06/03 19:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とある刑務所で窮地に追い込まれたとある泥棒。絶望のまっただ中にある彼に、麻薬取締局が突きつけた条件とは。思いっきり笑って、叫んで、泣いて、スピード感満点なのにしかも余韻も残るクライムコメディ。登場人物の個性を何よりも重視する方にぜひお勧めの作品。ふだんミステリを読まない人にも勧めたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

血のつながりだけが父じゃないんだぜ

2003/06/16 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 終身刑の囚人が、麻薬王に顔立ちがソックリなのを買われ、替え玉となることを条件に出獄。コソ泥のティムは伝説の男になりきれるのか?
 警察、元囚人仲間の犯罪者、ギャングといった面々から追いまくられる孤立無援の主人公にハラハラ。危機の連続を超人的に切りぬけていくティムと、逃避行のお供となった少年との交流があたたかく、読み心地よいサスペンスだ。
 少々都合良い&甘い展開が玉に瑕だが、読者を充分に楽しませてくれるアメリカン・ドリームな1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピードとユーモア

2001/01/19 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 麻薬王のボビーZの替え玉になったティムを、複数の追っ手が次から次へと狙ってくるというストーリーで、エルモア・レナード+トニー・ケンリックばりのスピードとユーモアで突っ走っていく。
 途中で息切れがするくらいこんがらかってしまって収拾つくのかなと思ったのだけれど、最後の最後までスピードは衰えなかった。
 ハードボイルドにはかかせないタフで洒落た会話も、作者独自のクールなユーモアでさらりと書かれていて、ニヤリとさせられっぱなしである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/22 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/27 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/24 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/31 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/22 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/21 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/08 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む