サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

カレンダー ポイント5倍  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.6
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-325901-8
文庫

紙の本

裸のサル 動物学的人間像 改版 (角川文庫)

著者 デズモンド・モリス (著),日高 敏隆 (訳)

裸のサル 動物学的人間像 改版 (角川文庫)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

我ら「裸のサル」

2003/06/16 10:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ホモ・サピエンスをNAKED APEと呼び、自分と同属であるという感傷を遠ざけ、研究対象たる完全なる一動物として冷徹に観察する! 全ての動物中で最も優れた頭脳を持つはずでありながら、時には世界で最も愚かしい動物にもなりさがるこの複雑な種に、あのテこの手でアプローチする科学者の視点が興味深い。
 次々と飛び出す珍説・怪説の嵐に知的好奇心をくすぐられる1冊だ。この説、著者だけが盲信してる極論ではなく、同様の説を唱える学者たちが存在することが巻末の豊富な引用・参考論文一覧から知れて驚き。
 作中で引用された某調査でのアメリカの赤ん坊の睡眠時間が面白かった。一日につき睡眠時間が最も短いものは10.5時間、最も長かったものは23時間だそうである。23時間って…一日1時間しか起きてないやんけ。個人的には、この両極端の赤ん坊のその後の人生になにか違いはあったのかを知りたい。
 どうせin vitroでもin vivoでも実験のできぬ進化という永遠の謎がテーマなのであるから、真偽を問うより〈へえ、そうかな? ヘンなの〜〉と無責任に楽しむが吉。そして読後、著者の憂う未来は一読者にはあまりにも重いけれども、われわれ裸のサルという種の行く末に思いをはせてみるのも良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/19 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/13 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/20 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/03 02:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/08 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/24 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/03 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/07 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/11 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/28 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。