サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.7
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/521p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-96091-X

紙の本

憂国のスパイ イスラエル諜報機関モサド

著者 ゴードン・トーマス (著),東江 一紀 (訳)

ナチ犯罪人アイヒマン拉致、ミグ戦闘機略取から、ダイアナ妃の死、ホワイトハウス盗聴疑惑まで、世界を震撼させた事件に深く関わると言われるイスラエル諜報機関・モサドの内幕を、歴...

もっと見る

憂国のスパイ イスラエル諜報機関モサド

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ナチ犯罪人アイヒマン拉致、ミグ戦闘機略取から、ダイアナ妃の死、ホワイトハウス盗聴疑惑まで、世界を震撼させた事件に深く関わると言われるイスラエル諜報機関・モサドの内幕を、歴代長官や現場工作員が肉声で語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ゴードン・トーマス

略歴
〈トーマス〉1933年生まれ。英国著名紙の海外特派員として中東を中心に活躍ののち、作家に。著書に「ゲルニカ」「北京の長い夜」「イエスを愛した女」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

哀愁のスパイ

2001/10/18 09:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実名でここまでこと細かく諜報機関の実態を明らかにした書がかつてあったであろうか。米大統領の不倫の顛末や、ダイアナ妃の死に絡む陰謀と各国諜報機関のせめぎあいなど、あらゆる情報が軍事衛星で筒抜けなのかと思うと背筋が寒くなる。

 聖地イスラエルがいつも紛争の発端となる現実を見るにつけてもモサドの果たす役割の重大さに目がくらむ。どの国が正しく何が善なのかは誰にもわからないが、自己を抹消し諜報活動に身を捧げた人々の歴史はやはり胸を打つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界最強スパイ!

2001/05/31 07:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jack - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今や世界最高ともいわれるイスラエルの諜報機関“モサド”の実績と組織を暴露してます。

 正直ちょっと引いてしまうほど生々しいです。具体的にモサドの関わった事件の一部を上げるとダイアナ妃の死、イラク空軍のミグ21略取作戦、クリントン大統領のテレフォンセックス盗聴などなどビックリします。

 スパイ好きでなくても、楽しめます。というよりも、よくこんな本出版できたなぁ、というのが率直な感想です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/15 03:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/03 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/27 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/24 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。