サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ぼくのともだちおつきさま

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくのともだちおつきさま
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1999.6
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:30cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-06-261988-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)

著者 アンドレ・ダーハン (作),きたやま ようこ (文)

気がつくときみがいた。思いがけない出会い。こんなにどきどきしたのはじめて、こんなにわくわくしたのもはじめて。きみを僕のうちに連れていこう。月と僕とのすてきなめぐりあい。【...

もっと見る

ぼくのともだちおつきさま (世界の絵本)

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

気がつくときみがいた。思いがけない出会い。こんなにどきどきしたのはじめて、こんなにわくわくしたのもはじめて。きみを僕のうちに連れていこう。月と僕とのすてきなめぐりあい。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンドレ・ダーハン

略歴
〈ダーハン〉1935年アルジェリア生まれ。国立パリ工芸学校卒業。国立パリ装飾美術学校で教える傍ら、画家、イラストレーターとして活躍。作品に「いぬのザッパさいこうの日!」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

文字のない絵本

2014/09/13 15:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちまこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

20年ほど前に買った時は文字のない絵本でした。お月様と男の子をみてページをめくりながら私の物語を作りました。何気に検索して物語があるのに驚きました。まだ読んでいませんが興味津々です。アンドレダーハンの文字のない絵本は何冊かもっていますが大人の固くなった心を優しくほぐしてくれます。いるべき位置に自分らしくいればいいよと教えてくれるようで何度もページをめくる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっこり

2016/05/10 23:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あたたかい色使いとやわらかいタッチの絵をみているだけで癒される。出会いの喜びや一緒にいられる幸せが伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もともと文のない絵本。

2016/05/23 09:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:orange - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともとは文のない絵本。「気がつくと君がいた。思いがけない出会い…」素敵な出会いから物語は始まります。最初は温かい気持ちになって読んでいたけれど、他にも気になった方がいたみたいですが、月が紐でぶらさがっているのは少し違和感を感じました。そこは置いといて私が少しひねくれてるからだと思うけれど最後に月と太陽が仲良く家の中で会話をしているところは、絵本なんだけど、うーん、あまり理解できない。何も考えずに読めばもっと楽しめたかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大好きな本。ですが他人が読む事を考えて辛口でレビューします。

2017/03/30 17:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも。。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あっさり読める絵本です。挿絵は好みはあるでしょうが、いい意味で時代の流れに乗っていないので古いと感じるか、ありきたりと感じるかもしれません。ですがオーソドックスなので、どんな部屋にも合うのでインテリアとして置いてもいいかもしれません。内容は子供が読んでもわかりやすく文字さえ読めれば全年齢が理解できます。ただし「ぼく」を貴方自身、「おつきさま」を貴方が出逢った誰かに置き換えて読める年齢になった時にこの絵本は真価を発揮するのではないかと思います。単純な話し、でも単純だからこそ誰にでも当てはまる。そんな話しな気がしました。何故か読んだあとに大好きな人に大好きだと伝えたくなりますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出会いによせて

2001/10/14 00:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たま ごのこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 出会いがどんなに嬉しくて、嬉しいことがどんなに幸せなことか。それをストレートに描ききっている。
 まるで「ぼく」に秘密を打ち明けられているような。あるいは心の内を覗かせてもらっているような、お話。こちらまで二重に嬉しくなってしまう。
 淡い色彩の中でぼくとおつきさまのくるくる変わる表情と人なつっこさが、とても愛くるしい。
 「ぼく」の嬉しくて仕方ない、正直で屈託ない言葉は、大人になるにつれて言えなくなっていくものかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/23 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/28 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/29 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/15 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/02 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/03 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/07 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/24 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/31 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/10 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む