サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

流血の夏
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.7
  • 出版社: 大日本絵画
  • サイズ:22cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-499-22702-X
  • 国内送料無料

紙の本

流血の夏

著者 梅本 弘 (著)

1944年夏、フィンランドに二度目の奇跡が起こった。ロシア軍による戦略攻勢を挫折させたフィンランド軍の驚くべき敢闘。【「TRC MARC」の商品解説】

流血の夏

4,320(税込)

ポイント :40pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/11/15 22:14

投稿元:ブクログ

1944年夏。「雪中の奇跡」にて一度撃退したソ連軍が満を持して再びフィンランドへ攻め込んで来た。
再び奇跡は起こるのか?
大国の隣国として生きる小国の苦悩は他人事ではない。

2014/12/18 21:22

投稿元:ブクログ

1944年6月。夜が訪れることのない北欧の夏。フランス、ノルマンディの海岸に連合軍が上陸したわずか3日後、フィンランド南部カレリヤ地峡にはロシア軍の大軍が集結、瞬く間に国境を越えてくる。おびただしい数の航空機と砲兵に支援されたロシア軍による首都ヘルシンキ、南部フィンランド全域の占領も間近と思われたその時、全予備兵力を結集したフィンランド軍の大反撃が始まった――。ソ連とドイツ。大国に挟まれた小国の、独立を守るための死闘の記録。

1941年6月に勃発した4年にわたる継承戦争でこうむった人的損害は約21万名。うち戦死者は約6万名。
字通り自らを盾に死力を尽くして戦い、ソ連兵の国土への侵入を許さず、国民を守ったフィンランド軍将兵の血で贖われた国家の独立。それは、これほどの犠牲に値するものか?

答えは戦わずして屈したバルト三国の悲劇を鑑見るとよい。

2011/01/11 20:06

投稿元:ブクログ

これを読むと「フィンランド化」の意味が変わるかもしれない。
ていうか変わった。
「フィンランド化」とは、独立を守るために死に物狂いで戦う事なのだ。
きっと。

2011/05/15 15:40

投稿元:ブクログ

再び剣を交えることになったフィンランドとソ連。頼みの綱のドイツはソ連に押しまくられ、今度こそフィンランドはソ連に飲み込まれるかと思われたが…。

2014/09/09 17:02

投稿元:ブクログ

日本語で読める数少ないソ連・フィンランド戦争の本の一つ。継続戦争中の最終盤を主に扱ったものであり、戦争全体に対する叙述ではない。前作、『雪中の奇跡』と異なり、参考文献のリストも添付されている。

第2次世界大戦・太平洋関連 ランキング

第2次世界大戦・太平洋関連のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む