サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アメリカを救った人事革命コンピテンシー
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

アメリカを救った人事革命コンピテンシー

著者 太田 隆次 (著)

高業績者の成果達成の行動特性として、コンピテンシーは新しい人事指標となった。その沿革、心理学との関連、実用例とメリット、能力との関係、コンピテンシーの導入手順などについて...

もっと見る

アメリカを救った人事革命コンピテンシー

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高業績者の成果達成の行動特性として、コンピテンシーは新しい人事指標となった。その沿革、心理学との関連、実用例とメリット、能力との関係、コンピテンシーの導入手順などについてわかりやすく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

職能資格を基準にしてコンピテンシーを理解するための1冊

2001/09/07 16:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:好川 哲人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 職能資格制度を良く知っている人が何か1冊コンピテンシーの本を読みたいという場合にはこの本をお薦めする。コンピテンシーという概念は、職能との区別が難しい。したがって、コンピテンシーの解説書にはかならずといってよいくらい、コンピテンシーと職能の違いについて議論されている。本書では、コンピテンシーとは何かということをその性格を分析することによって議論をし、コンピテンシーと職能資格制度の同じ点と異なる点を人間哲学、目的、能力のとらえかたなど7つの視点から議論しており、職能資格を基準にしてコンピテンシーを理解するにはもってこいの内容になっている。

 また、そもそも能力とは何かという点について非常に深く考えられて、能力がコンピテンシーとどのような関係をなしているかを第5章全体を割いて議論している。
 書籍全体の構成としても、コンピテンシーの沿革から、導入まで一通りのことが簡潔に説明されており、入門書としても絶好の本である。さらに、7章は痒いところに手が届くようなQ&Aが準備されている。コンピテンシーのイメージを掴みたいだけであれば、このQ&Aを読むだけで十文かもしれない。

 なお、同著者は最近、この本の続編ともいえるコンピテンシーモデルの設計、活用に対する具体的な方法を纏めた本を出している(『コンピテンシー人事』、経営書院)。こちらもほぼ、同様に理由でお薦めである。

(技術士好川哲人の「eマネジメントの本質」第3回 ビジネス戦略:コンピテンシーモデルにより人間系を作りこむ より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む