サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

豚の死なない日(白水Uブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.7
  • 出版社: 白水社
  • レーベル: 白水Uブックス
  • サイズ:18cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-07132-8
新書

紙の本

豚の死なない日 (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

著者 ロバート・ニュートン・ペック (著),金原 瑞人 (訳)

ヴァーモントの貧しい農家の少年を主人公に、誇り高い父の教え、土に根ざして生きる素朴な人々との交流、動物たちへの愛情を生き生きと描く。96年刊の再刊。【「TRC MARC」...

もっと見る

豚の死なない日 (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

972(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヴァーモントの貧しい農家の少年を主人公に、誇り高い父の教え、土に根ざして生きる素朴な人々との交流、動物たちへの愛情を生き生きと描く。96年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・ニュートン・ペック

略歴
〈ペック〉ヴァーモント生まれ。著書に「ひとり立つ日・父に捧げる別れの歌」。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

清楚でつつましやかな家族の生活と仕事、喜びと悲しみを描くモダン・クラシック。

2001/03/27 11:00

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シェーカー教徒の家に育った男性の少年時代の思い出を描いた静謐な、しかし確かな手ごたえのある1冊である。
 
 労働で神に仕えることを至上の喜びとし禁欲的生活を送るシェーカー教徒は、発祥の地・米国でもほとんどいなくなってしまったが、日本では藤門弘さんが中心となって北海道で集団生活をしている。その様子は『牧場生活』という著書に詳しい。彼のグループの名前「アリス・ファーム」は家具のブランドとして有名で、飾りのない白木のテーブルや椅子は本当に美しい。立花隆氏の机の話が『ぼくはこんな本を読んできた』にも登場する。
 シェーカーと言えば、江国香織さんが訳した『シェイカー通りの人びと』という絵本にも、その質実な生活が描かれている。

 ぺック少年の父は寡黙で穏やかな農夫で、豚を殺してさばくことが仕事。一日が終わっても、彼の体からは何とも言えないくさいにおいがする。少年はそのことを気にしている。
 物語の最後の方で、父が自らそのにおいのことで少年に話をする。ごくさりげない調子で…。
「…一度わしは、母さんにすまないとあやまったことがあった」
「母さんはなんていったの?」
「こういってくれた。誠実な仕事のにおいじゃありませんか。あなたがあやまる必要はないし、わたしも聞きたくありません、とな」
 あるときはユーモアにも富んだ、胸を打つような親子の会話が随所にある。そのひとつひとつが深い意味をもっていて、なるほど生活に息づく思想こそが哲学なのだなという気にさせられる。

 物語の始まりは急転回で面白い。
 学校をさぼったぺック少年が、近所のタナーさんの牝牛に出くわす。変な声を出しているので近づいていくと、まさに子を産み落とそうとしているところで、苦しんでいるのだ。はいていたズボンを脱いで子牛の首にくくりつけた少年は、子牛を取り上げ、母牛のノドに詰まっていた甲状腺腫を取り出してやる。

 このお産で、品評会に出せそうな子牛が2頭生まれたことに喜んだタナーさんは、ぺック少年に子豚をプレゼントしてくれる。子豚にピンキーという名前をつけ、少年は大切に育てる。
 タナーさんの勧めで、例の子牛たちと一緒にピンキーを品評会に連れて行くと、「しつけのいい豚・1等賞」の栄誉に輝く。

 しかし、帰ってきてしばらくすると辛い事実が発覚する。ピンキーは不妊症だったのだ。子を産めないメス豚の運命は決まっている。「ぼくにはできないよ」という少年に「できるできないの問題じゃない。ロバート、やらなければならないんだ」と父は言い、ピンキーにバールを振り下ろす。
 その瞬間、父を憎むものの「よくやった。おまえはもう一人前だ」「これが大人になるということだ。これが、やらなければならないことをやるということだ」と言う父を、少年は許す。
 この時、ぺック少年は13歳。だが、少年にとってはそれ以上の悲しみとなるもう一つの親しい者の死が近づいていた。

 子牛の誕生に始まり、肉親の死に終わる感動的な物語。タイトルは、父が仕事を休む安息の日を示しているが、もう一つの深い意味も隠されているように私には取れた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貧しさは不幸と同じではない、とこの小説は教える

2017/10/06 08:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

格差社会といわれる。しかし、昔から富める者もいれば食事にも事欠く人たちもいた。それなのに、どうして今の格差の問題は悲惨さが付きまとうのだろう。
 豚を殺す営みと少しばかりの畑を耕して生きている、この物語の家族を見ていてわかったことが一つある。彼らは貧しかったけれど、決して自分たちを卑下していなかったということだ。

 1972年にアメリカで発表されたこの物語はロバート・ニュートン・ペックの処女作だという。彼は44歳の時にこの作品を書き、たちまち時代の寵児となった。
 この作品はヴァーモンド州の田舎で育った彼の自伝的要素が高い。つまり、時代は世界恐慌の波に襲われていて、主人公のロバートはまだ12歳にもかかわらず、家の手伝いを余儀なくされている。

 豚を殺す生業の父の身体には豚の匂いが染み込み、父はそのことを母にあやまったことさえあるという。
 その時、母は父に「誠実な仕事の匂い」ときっぱり言ったという。
 そんな両親に育てられたロバートだからこそ、貧しさの意味も働く意義もよく理解する少年に育った。

 この物語で父は息子に生きることの大きな意味を何度も教えている。
 そういう父が昔はいたし、そういうことを描く物語も多くあったように思う。
 ある日少年が飼っていた子豚を食べるものが尽きて処分することになる。
 父は少年に教える。「これが大人になるということだ。これが、やらなければならないことをやるということだ」と。
 そうやって少年は何度も苦しみや悲しみと向き合って、成長していく。

 そして、最後にはその父をも亡くしてしまう少年。
 その時、少年は気づくことになる。「父さんは金持ちではなかった。しかし決して貧しくはなかったのだ。(中略)父さんは豊かな人生を送った」のだと。
 こういう物語もまた少なくなっているのも残念だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/04 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/25 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/23 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/05 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/29 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/24 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/02 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/14 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/14 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/26 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/26 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/10 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む