サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくも変身できるかもしれない
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:1999.7
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:22cm/236p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-00-115557-5

紙の本

ぼくも変身できるかもしれない

著者 ティム・ウィン=ジョーンズ (作),山田 順子 (訳)

いじめ、死への恐怖、ひとり旅の不安など、子どもが直面する大小の試練を、予期せぬ人との出会いで乗り越えていく姿を描く。成長期の子どもたちを静かに見まもる7編の短編集。【「T...

もっと見る

ぼくも変身できるかもしれない

税込 2,310 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いじめ、死への恐怖、ひとり旅の不安など、子どもが直面する大小の試練を、予期せぬ人との出会いで乗り越えていく姿を描く。成長期の子どもたちを静かに見まもる7編の短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

詩とドナルド・ダック 13-48
おかしなおかしな家 49-84
ぼくも変身できるかもしれない 85-114

著者紹介

ティム・ウィン=ジョーンズ

略歴
〈ウィン=ジョーンズ〉1948年生まれ。カナダの作家。1993年度カナダ総督児童文学賞ほか受賞。絵本に「ズーム、海をゆめみて」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

よくできたTVドラマを見たような気持ち

2001/09/07 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木村由利子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いわゆる童話ではない短編が7編おさめられている。
 なかでも一番いいなと思った作品が表紙になっているのは、絵描きさんも同じ風に思ってくれたのかしら。
 バーンジーはノース・ベイのおばあちゃんちでクリスマス休暇を過ごすために、オタワからひとりでバスに乗る。両親はギフトショップを経営しているため、子どもの面倒を見ている暇がないのだ。
 不安なバーンジーの隣は、モヒカン刈りのオネーサン。しかも髪の毛はオレンジ色と紫の組み合わせ。もー、泣きそう! なんとか無事につきますようにと、バーンジーはウォークマンに逃避する。でも途中2人がカセットを取り違えたことがきっかけで、バーンジーとドーン(そのオネーサン)は、友達になる。自分の周りにはまるでいないタイプのドーン。彼女の話すことも、バーンジーには目新しいことばかりだった。ドーンと知り合ったおかげで、バーンジーは、おばあちゃんの家で待ち受けていたとんでもない事件にも、耐えられる力を手に入れる…
 この物語も他の作品も、舞台はすべて現代のカナダだ。風景も登場人物も考え方も、日本とは相当ちがう。それでも大きな違和感をおぼえないのは、会話の面白さと、視覚的効果に重きを置いた文章のたくみさだろう。物語を読むたびに、よくできた単発TVドラマを見たあとのような充実感が訪れる。それも字幕でなく、上手な声優さんが吹き替えをしたもののような。出演しているのはまぎれもなくよその国の人なのに、見ている内に違いを忘れていくような、そんなドラマ。
 いいドラマは何度見ても飽きない。それはいい物語も同じこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介しますYA(ヤングアダルト)文学 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。