サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

仮想空間計画(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1999/07/01
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/553p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-66321-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

仮想空間計画 (創元SF文庫)

著者 ジェイムズ・P・ホーガン (著),大島 豊 (訳)

科学者ジョー・コリガンは見知らぬ病院で目を覚ました。彼は現実に限りなく近いヴァーチャル・リアリティの開発に従事していたが、テストとして自ら神経接合した後の記憶は失われてい...

もっと見る

仮想空間計画 (創元SF文庫)

1,512(税込)

仮想空間計画

950 (税込)

仮想空間計画

ポイント :8pt / 紙の本より562おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

科学者ジョー・コリガンは見知らぬ病院で目を覚ました。彼は現実に限りなく近いヴァーチャル・リアリティの開発に従事していたが、テストとして自ら神経接合した後の記憶は失われている。計画は失敗し、放棄されたらしい……。だが、ある女が現われて言う。二人ともまだ、シミュレーション内に取り残されているのだ、と。あまりにリアルな仮想現実から、脱出する方法はあるのか? 『星を継ぐもの』の著者が放つ傑作仮想現実SF!【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

ホーガンにしては平凡な作品

2001/06/11 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こじましゅういち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジョー・コリガンは、かつては神経接合を伴うバーチャルリアリティの開発にも携わった科学者った。が、その実験の過程で事故が起こり、記憶を失ってしまったため、現在は保護観察同然の扱いを受けている。少なくとも、コリガンは現在の自分の待遇の原因をそう聞かされていた。が、リリィという女性に出会った彼は、彼女からとんでもない話を聞かされる。自分たちはまだシステムに接続されており、この周囲の世界は全てそのシステムが紡ぎ出した幻影だというのだ!

 うーむ…。どうなんだろうな、コレは…。
 というのは、話のネタ自体は、ごくありがちなものに思えてしかたないから。なら同ネタを扱った作品にはどんなのがあるんだ、と言われると答えに窮するけど、さりとて、この作品独特のオリジナリティあふれるアイデア、とは言えないのも確か。っていうか、「これって『巨人たちの星』に出てくる知覚結合装置・パーセプトロンと同じネタ?」というツッコミをしてしまうと虚しくなってしまいます。うーむむむむ。
 さすがに技術的な話になるとホーガンの面目躍如、そういう部分は読んでるだけでわくわくしますです。ただ、全体としては、最近のホーガンらしく、展開が冗長。本編半ばまでは「物語的に面白くなるのはいつなんだろなぁ」とか思いながらページを繰ってたですよ。でも、仮想空間か現実か区別がつかなくなってくる後半部分はなかなか面白いっす。ありがちだろうが何だろうが、自分の立ってるところが不確かなものだ、という感じは不安をかきたてるようでいい感じ。
 しかし…『量子宇宙干渉機』を読んだときにもちょっと思ったんだけど…やっぱりもうちょっとシェイプアップはできなかったのかなぁ。今までホーガンを読んでなかった人が、この本を読んで「面白い!」と言ってくれるかどうかに関しては、正直言ってあんまり自信がない…人によるとは思うけど。

 出来自体は悪い作品じゃないんだけど。ただ、ホーガンをホーガンたらしめていた魔法が、だんだん薄れてきているようで不安ではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/09 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/10 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/09 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/06 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/28 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/18 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/18 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/07 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む