サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. スカル・セッション 殺戮の脳 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スカル・セッション 殺戮の脳 上(徳間文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.8
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-891164-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スカル・セッション 殺戮の脳 上 (徳間文庫)

著者 ダニエル・ヘクト (著),内田 昌之 (訳)

スカル・セッション 殺戮の脳 上 (徳間文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ラストの怒涛の展開まで目を離すな!

2001/07/20 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こじましゅういち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ポール・スコグルンドは、幼いときから、意味のない動きをしてしまう運動チックや汚言症といった症状を伴うトゥレット症候群を患っていた。そのおかげで、職と妻を失い、今は同棲しているガールフレンドのライアの稼ぎでかろうじて生活している状態。そんな彼の元に、叔母のヴィヴィアンからの奇妙な依頼が舞い込む。彼女の所有するニューヨーク郊外の邸宅が何物かに破壊されたので、ポールの大工としての腕を見込んで、その修理をしてほしいというのだ。生活に窮するポールは依頼を引き受けるが、邸内に足を踏み入れたポールが見たのは、その常軌を逸した内部の破壊のさまだった。一方、ルイスボロ分署のモーガン・フォード刑事は、相次ぐ若者の失踪事件を調査していくうちに、事件と破壊された邸宅とのつながりに気づき始めた…。
 サブタイトルの仰々しさはさておき、結論から言うと、かなりアタリ。最近モダンホラー系をあまり読んでなかったせいもあるかもしれないけど、それを差っ引いても、なかなかの作品だと思うぞ。普通、こういう作品の場合、アイデアの勢いとかで押せ押せになる傾向が強いけど、この作品は、そういったものに寄りかかることなく、普段の展開から、きちんと話を積み上げてきているように思える。いや、勢いで押せ押せの作品もそれはそれで味があっていいんだけど、こういう作品はやっぱり安心して読めますですね。
 しかし、嬉しいのは、きちんとケレン味を出すべきところは出してくれてるということ。クライマックスではしっかり一発派手にかましているのが、こちらとしては嬉しい限り。「ポールと犯人との対決のときが迫る!」って、ラストは本当に対決だからなぁ。鍵は脳関係の理論「ハイパーキネシス」「ハイパーダイナミズム」。実際にあるんじゃなかろかと思わされるような荒唐無稽さがたまんないッス。それに、キャラも結構立ってるしね。わたしゃ銃を持つなりカッコよさが5割増(当社比)のモーガン刑事がすき。それに、トゥレット症候群に悩まされながらも謎に立ち向かっていくポールや、立派な恋人ライアなど、この点でも安心して読んでいけます。
 今まで読んできたモダンホラー系の作品の中でも、ワタシ的にはかなり上位に食い込んできたぞこの作品は。ダニエル・ヘクト、この名前は覚えておかにゃならんね。この類の作品が好きなら、迷わずオススメ印の作品だ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む