サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 宗教なんかこわくない!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宗教なんかこわくない!(ちくま文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.8
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/296p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-03495-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

宗教なんかこわくない! (ちくま文庫)

著者 橋本 治 (著)

【新潮学芸賞(第9回)】【「TRC MARC」の商品解説】

宗教なんかこわくない! (ちくま文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

宗教なんかこわくない!

1,134 (税込)

宗教なんかこわくない!

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

自分の頭で考えることの重要性を述べる、生きるために読む書

2003/03/23 01:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミホ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「イデオロギーとは宗教のようなもの」と橋本は言う。そしてすべての宗教/イデオロギーが危険なのではなく、危険な宗教/イデオロギーは危険だ、ただそれだけのことえある。橋本治は、この当たり前のことが理解されていないと嘆く。

日本人は宗教が苦手である理由も、橋本は明快に説明してくれる。

日本で初めて宗教(仏教)を弾圧した織田信長の登場以来、日本では宗教が力を失った。儒教は人間関係の道徳を説く現実に即したismだ。かたや仏教は、江戸時代、寺と檀家という、町の役場と住民の関係と重なる現実の支配制度として使われた。つまり宗教としての超現実性を失ってしまったのだ。明治以降戦中までの神道についてはどうか。徳川時代に体制に組み込まれた仏教を敵とみて、「廃仏毀釈」して、支配的になったのは天皇家の信仰、神道だった。仏教を、日常・土俗的なものとしてしか捉えていなかった国民に、神道が広がったのは「免疫のない人間にエボラ出血熱が広がるようなものだった」という喩えは言い得て妙すぎる。

橋本曰く、宗教には2種類あって、社会を維持するための宗教と、個人の内面に働きかける宗教がある。上は前者の宗教についてのことだ。

じゃあ、個人の内面に働きかける方はどうかというと、日本ではこちらがすっぽり抜け落ちたまま、近代を迎えてしまった。個人の内面に働きかけるとは、私とは、世界とは何かと自分の頭で考えるようし向けることなのだが、日本人はこれがとっても苦手。孤独に耐えて自分で結論を出すまで至らない。手近なismを信じてしまう。多くの大人にとっては会社教であり、ある若者たちにとってはオウムである。この“宗教”においては教えの定めにただ身を委ねればいい。社会安定維持型の宗教だ。不幸にも、日本ではこちらばかりがはびこった。

内面に働きかける宗教とは何か。仏教とキリスト教だ、と橋本は言う。キリスト教を切り捨てて成立したのが西欧の近代であり、欧米で信仰をもつということは、自分で考えて信仰を選び取った、ということである。仏教は、そのように日本では受け取られていないが、その起こりは「自らがみずからであることを獲得していくための思想」だったというのが橋本の見解だ。

「自分の頭で分かったことが確かな真実であるということを決定するのは、自分自身以外にはない」というのがブッダの悟りだった。だから、誰が決めたのか分からない「輪廻転生」などという宇宙の法則を無条件に肯定している限り、自分の人生は自分自身のものだ、という事実は訪れない。仏教はだから神よりも、真を得た人間=ブッダを上に置く。仏教は、個人崇拝ではなく、生きるための思想なのである。

仏教を信じろ、と橋本治は言うわけではない。自分の頭で考えろ、と言うために、宗教なりオウムなりを持ち出して、私たちに考えさせようとしているわけだ。自分の頭で考えるには、孤独に耐えなければならない。自分の頭で考える子供は、学校になんか馴染めないだろう。会社からも排除されてしまうだろう。それでも、家に引きこもっていてはその孤独な作業は続けられない、というのが橋本治の考えだ。

家族がいかに居心地が良くても、家族は閉鎖された集団の一つにすぎない。家族の外にノーマルな人間関係がなければ、人間は家の外へ出て行けない。ありふれた、ノーマルな人間関係を作りやすいのは労働の場所だ。会社ismにどっぷりつかるのでない、労働の場所に自分の居場所を作ること。それがないと、自分の頭で考える作業を続けることは出来ない。

パラドキシカルだけども、極めて現実的な、生きるための方法論だ。この本を必要としているのは、教養としての宗教を学びたい大人ではない。世界に違和感を覚えている若い人ではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさか泣くとは思わなかった

2002/06/11 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやー、ものすごい情報量です。ちょっとずつ時間をかけて読んでも、いいんじゃないでしょうか。それだけの価値はあると思いますもの。
 特に、今なんか悩んでいる人に、オススメ。

「なかなか答を出せない自分には、なにか“欠陥”があるのかもしれない」
 はい。これに対するはっきりとした回答があります。
 わたしゃ泣きました。自分でもバカだと思いましたが。でもどうしようもありませんでしたよ。

 他にも、仏教やキリスト教に関する、外側からの乱暴なくらい大まかで、でもわかりやすい概要があります。
 この本をはじめの一歩にして、いろんな書籍の度をするのもおもしろいでしょう。
 そーゆー気にさせてくれる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そしてオハナシはカタチを変えてツヅイテイル…

2001/05/25 01:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安井 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オウム真理教事件が起きた時、日本は震撼した。なぜ知的な若者たちが、オウムに惹かれ、残虐な犯罪に手を染めてしまうのか。宗教とはそれほどまでに引力が強いものなのか。そんな問に真っ向からぶつかり、橋本治は言う。自分が自分らしく生きるために、「宗教なんかこわくない」と言おう、と。新潮学芸賞受賞作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

徹底的に近代人の橋本治

2001/05/06 18:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:谷池真太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オウム事件について橋本治が書いたもの。橋本治は、宗教は過去のものである、と断定する。それは「自分の頭でものを考える」人間にとっては宗教などという外的要因によって自己を導いてもらう必要がないからである。

 だが、実際はどうであろう。皆、自分の頭でものを考えやしない。何となくまわりに流されて生きている。そんな現在の状況を、日本人はみんな宗教に犯されている。そのために日本人は宗教を知らないのだ。だから宗教に対して「怖い」「よく分からない」といった画一的な反応しか返ってこないのだ。と、橋本治は喝破する。

 しかし、私は思う。現代という社会が「日本人はみんな宗教に犯されている」のであれば、それが普通なのではないだろうか。それに強い違和感を覚える橋本治という作家は何なのであろうか。橋本治の違和感の理由は彼が日本でただひとりの完成された近代人である作家だからだろう。

 「個人」としての自我を持つ橋本治は近代化が完成されていない日本という国と日本人に対して「バッカじゃねえの」という思いを抱くのである。ここらへんの橋本治の感性は『青空人生相談所』でもうかがい知ることが出来る。もちろん桃尻娘などの一連の著作でもだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/10 20:01

投稿元:ブクログ

対新興宗教の本です。宗教について橋本治が熱く語っているので、ムカつくか心酔するかどちらかになるような気がします。ちなみに私は、結構ムカつきました(笑)だってタイトルからして「いや、宗教はコワイよ」と突っ込んでしまったので。でも生産を奨励する宗教と、奨励しない宗教って考え方は、なかなか面白かったです。

2008/01/16 21:53

投稿元:ブクログ

結局この本が言いたいのは、宗教なんてもう要らない、自分の頭できちんと考えれば宗教なんてなしでやっていけるはずだ、ってことですね。
しかし橋本治おそるべし・・・オウム事件真っ只中で「麻原しょーこーはどこに隠れているか」に対して、富士山麓の地下で巨大化して卵を産んでいる。卵の大きさは90cmぐらいで一つ一つがみんな”あの顔”で、毛が生えてて・・・ってどんな想像やねん(−−;気持ち悪すぎる(w。それ以上にキモチワルイ想像が「あさはらしょーこーってね、人に近づくとき、あの顔を寄せてクンクン匂いをかぐんだよ」って(−−;めちゃくちゃやー。気持ち悪すぎるー
ちゅーそんな感じの本です。実家へ

2006/09/15 06:41

投稿元:ブクログ

「オウム真理教事件を契機に、日本人が本当の「近代」を獲得するために橋本治が宗教について真っ正面から取り組んだ話題の本、ついに文庫化!新潮学芸賞受賞作。 」書評より

2006/12/18 19:39

投稿元:ブクログ

私もよくジャケ買いをしますが、この買い方って多いと思うんです。それを考えると、この著者がどれだけ捻くれているか、よくわかりました。宗教なんかこわくない!

2009/08/23 22:01

投稿元:ブクログ

オウム信者は麻原に田中角栄をみた。孤独な官僚たちは田中に人間関係の心地よさをみた。
日本人は、宗教は信じるものだから難しいものではない、哲学は考えて勉強するものだから、難しいと信じている。
日本人に一番必要なのは、宗教ではなく、自分の頭でものを考えるという習性。
自分の頭でものを考えられるようになること。日本人は真面目になろうとすると、無意識に自分の内に宗教を求める。
宗教は生産をしない。

2009/06/06 00:27

投稿元:ブクログ

 橋本さんが宗教について語っています。
自分も自己啓発本という名の宗教に嵌っているかもしれないので
それを客観的に自己分析するための道具として読んでいます。

 宗教は自分で頭を使う事が出来ない人のお守りみたいな、
また自分で色んなこと考えるために宗教に入るという文章には
なるほどな〜と思いました。

 

2010/03/13 00:21

投稿元:ブクログ

橋本氏の書かれた本。例のオウム事件について書かれたものですが、
彼の仏教への理解の仕方は私は好きです。

2010/12/01 12:07

投稿元:ブクログ

宗教と経済の関係性を独特の視点で教えてくれる。生産を奨励しない宗教と、生産を奨励する宗教。人間関係の基本はやっぱり労働の場所にしかないのダと納得の一冊。

2014/02/13 23:03

投稿元:ブクログ

橋本治が、オウム真理教事件について語った本。

オウム真理教事件について、著者はその「幼稚さ」を指摘しています。麻原彰晃のお面をつけた選挙運動から、彼は「権力者」になりたかったのではなく、「人気者」になりたかったのだ、と論じ、さらに彼の語尾の下がる話し方から、この人は「人と対等に話をする」ということをしてこなかった人だ、と喝破します。

ただし、麻原やオウム信者の「幼稚さ」を指摘するのは、それほど独創的な主張ではありません。著者の独創性は、そこから翻って、このような麻原やオウムについて私たちが「分からない……」とつぶやくしかなかったのはどうしてなのか、という方向へと問いを向け変えるところにあります。この問いに答えるために、著者は日本史をさかのぼり、日本人が「宗教」というものに対して及び腰になった理由をさぐっています。

著者の議論は、ときにオタク・バッシングと見まごうような様相を呈することがあり、宮崎勤事件からオウム事件に至るまでのオタク・バッシングの渦中にあった人たちにとっては、こうした語り口に対して心穏やかではいられないということもあるのかもしれません。ただ、著者が批判しているのは、オタクであれ非オタクであれ、他者に対して無際限に自分を承認してほしいと要求する厚かましさに向けられているのだと、個人的には理解しています。

2004/01/15 00:00

投稿元:ブクログ

橋本治の宗教なんかこわくない!を読みました。オウム真理教の批判をベースにはしていますが、一般的な宗教論です。友人に勧められたのですが、結構面白く、一気に読んでしまいました。宗教には「内面に語りかける宗教」と「社会を維持する宗教」の2種類がある、とか、オウム真理教の犯罪は「子供のしでかした犯罪」である、などの面白い主張が展開されています。

2011/07/23 17:56

投稿元:ブクログ

宗教とは、現代に生き残っている過去である。宗教が難しいのではなく、宗教を論じるために必要とされる「歴史に関する知識の量」が膨大だから、宗教を論ずるのは大変なのである。――本文より

『宗教なんかこわくない!』なんて、まさに「いったい自分は、どんな因果で宗教がテーマのゼミに入ったんだろう・・・?」と思っていた私にぴったりのタイトルではないか! と、借りて読みました。読みました。一字一句残さず読みました。
・・・が。あまり読んでいて楽しい本ではありませんでした(だから、敬語でこれを書いているのである)。というか、言わせてもらうとですね、私はとてもこの本が気に食わなかったのです。むっとしたのです。

この気持ちをどう表現したらいいものか・・・。
私は橋本氏の本を読むのはこれが初めてなのだけど、なんというか・・・すごく、「馬鹿は馬鹿だから放っておけ」と作者が言っているような気がしたのかも、しれない。あるいは、「馬鹿は何を言っても無駄だ」という風に、私には受け取られたかも、しれない。
確かに、何をいくら説明しても、わからない人はわからないだろう。自分でものを考えようとしない人だって、人の話を聞こうとしない人だって、たぶんこの世には掃いて捨てるほどいると思う。
けれど、やっぱり、そんな人たちだって、苦しくないわけではないと思うのである。鈍感だからって、痛みを感じないわけではないし、誰とも関わらずにいられるからって、全然寂しくないわけでもないと思う。
私だって、そういう人たちのことを、時々許せなくなることはある。人の痛みをもっと知れ、人の気持ちを考えろと言いたくなることもある。けれど、だからって、そういう人たちのことを考えるだけ無駄だ、だから自分や社会はそういう人たちみたいにならないよう、賢くなればいい、とは思わなし、思えない。
なぜなら、賢いことも辛いけど、賢くないことだって、辛いからだ。私は数年前の自分を本当に幼かったな、考えが足りなかったな、と思っている。あんなこと考えてたなんて馬鹿だな、と思うこともいっぱいある。けれど、そのことを恥ずかしいとは、あまり思わない。むしろ、あのときの無知な自分を大いに慰めてあげたいな、と思うのである。無知は無知なりに、苦しいこともたくさんある。それゆえ、愚かなこともたくさんする。
だからって、誤った道に進んでいいと言っているのでは、もちろんない。私が言いたいのは、人は急に賢くなれない、ということ。賢くなるには時間がかかる。だからある程度まで「自分で考える」ことが身につかない限り、馬鹿なこともいっぱいする。そして、そういうときの「馬鹿なこと」をしている間というのは、本人にとって、真っ暗なトンネルにいるような気がしてしまうものだということ。いつが出口なのか、いつ抜け出ることができるのかも、わからないということ。たとえあと数十メートル先に出口があるとしても、本人にとっては、今この時が全てなのかもしれない、ということ。

つまり、私がこの作者に言いたかったのは、「あなたにはこういう暗闇で手探りする時期の、あの苦しさを忘れてしまったのか?」ということなのかもしれない。
でも、本文の中に、暗中模索することについて触れていると思われる部分だって、ちゃんと書いてあったはずだ。それでも私が読後にこう思ったということは、そのくだりの書き方に、やっぱりどこか引っかかるものを感じたのだろう。
うーん・・・。あまりに長くなりそうなので、感想を書くのは、ここらへんでやめておく。

それでも私がこの本を☆2つにしているのは、やっぱりなんだかんだ言っても優れた論も書かれているからで、読んで「なるほど」と思うこともいっぱいあったからなのである。
でも、やっぱりすっきりしない。やっぱり、今思い出しても、ちょっとむかっとする。

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む