サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.9
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/400p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-220911-5
文庫

紙の本

一人の男が飛行機から飛び降りる (新潮文庫)

著者 バリー・ユアグロー (著),柴田 元幸 (訳)

一人の男が飛行機から飛び降りる (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

一人の男が飛行機から飛び降りる 11-166
父の頭をかぶって 167-395

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

イマジネーションをかき立てられる一冊

2004/01/13 15:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pon-michael - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一人の男が家に帰ると、妻がリスと一緒にベッドに入っている。床に落ちた妻の服の上には木の実がいっぱい落ちている。/つらい一日を終えて家に帰り、バスルームに入ると、浴槽がカブで一杯になっている。暗澹たる思いでキッチンに向かうと、今度はキリンがエプロンを着てレンジの前に立っていて…。/一人の男がレンタルで熊を二頭借りる。「あんたたちどっちでもいいから俺とセックスしないかね」と熊に持ちかける男。持参した輪で遊ぶのを止めて、互いをちらっと見やる熊たち…。

 この本の中では、動物たちもまた何ともユーモラスで重要な役割を占める。悪夢であればあるほど、その存在は滑稽であり、時に吹き出してしまうほどの可笑しさがある。
 本書を読み終えた後、偶然にもアメリカ人の友人からPotter社から出版されている英語版「A Man Jumps Out of an Air-plane」を借りることとなった。その裏表紙にはこう書かれている。
 「バリー・ユアグローは、ディビッド・リンチのシュールな日常とモーリス・センダックの月夜との間の何処かに横たわる、未知の世界を持つ作家」。
 読まなきゃ損!の楽しい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪夢のカタログ

2002/07/07 10:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

超短篇179本を収録した傑作集。
「賭けをした男が牛の体内にもぐり込む。もぐり込んでみて、結局そこに居座ることにする」(牛乳)
「二人の娘が大きな水槽に閉じこめられている。鍵を開けてやりたいと思うが、どこをどうしたらいいのかわからない」(水族館)
「私の父が魔法の絨毯に乗ってやってくる」(魔法の絨毯)
など、冒頭を読むだけでわくわくするが、これらがすべて文庫本で一〜二頁の分量の掌編として描かれているのである。作者はパフォーマンス・アートで名を挙げた人物なんだそうで、なるほど即興性に溢れたストーリーテリングは、とても透明な音楽を感じさせ、とても短い物語であるにもかかわらず、読後感はしっかりしていて、一気に通読するよりも、年代物の洋酒のように、一篇づつゆっくり楽しみたい気分にさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストーリーよりもムードを楽しむ本

2003/06/16 12:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作含む前半は、一瞬の場面のみ描写する超短編がつづき、いささか退屈してしまった。夢のように、まさにヤマなし、オチなし、イミなしなのである。しかし、これが「自らの夢を題材にしない」ポリシーで書かれたことは、驚嘆に値する。なぜなら、或る精神疾患や、健常人でも夢の中に特徴的な妄想着想がこれでもかと描かれているからだ。
 後半の「父の頭をかぶって」は、親と自分に焦点を絞った奇怪な物語が多く、そこそこ楽しめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/21 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/10 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/23 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/28 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/21 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/01 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 08:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/20 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/24 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/22 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/24 05:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/20 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。