サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

堕天使殺人事件
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.9
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873180-7
  • 国内送料無料

紙の本

堕天使殺人事件

著者 新世紀「謎」倶楽部 (著)

一挙に男女十数名を惨殺し、日本各地に花嫁衣裳の死体をばらまいた殺人鬼「堕天使」と彼を追う名探偵。怪奇殺人の謎は解けるのか。二階堂黎人、柴田よしきほか人気作家11人がリレー...

もっと見る

堕天使殺人事件

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一挙に男女十数名を惨殺し、日本各地に花嫁衣裳の死体をばらまいた殺人鬼「堕天使」と彼を追う名探偵。怪奇殺人の謎は解けるのか。二階堂黎人、柴田よしきほか人気作家11人がリレー形式で著した本格推理小説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

リレーミステリの楽しみ方とは何ぞや

2001/10/22 12:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:梶原那穂子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 やはり、作家の立場になって読むのが面白い、と言ったら作品を執筆陣の諸先生方に失礼かもしれない。だが、自分の次以降の作家を困らせてやろうと言う意図や、収拾のつかなくなりつつある物語をどのように結末へと導けばよいのかと言う苦悩が、ストーリーの波乱振りに見て取れる。それにしても、リレー小説と言う一種のお祭りみたいな雰囲気だから許される程のすごい波乱模様。
 北海道の小さな新聞社に送りつけられたビデオテープ。写っていたのは、作業台の上でバラバラに解体される女性の死体と、ヒグマのような容姿の男と、性別不明の長髪の人物。差出人は…《堕天使》と名乗った…。その後、複数の女性のバラバラ死体のパーツを組み合わせて作られた合成死体は、ウエディングドレスを着せられて発見される。そのウエディングドレスのデザイナーは、過去に「フォーリングエンジェル」と言うシリーズのドレスをデザインしていた。そのデザイナーも密室状況で殺害される。一方、北海道の原野の真ん中、迷い道に止まったままの一台のバスの中で、男性ばかり8体の死体が発見された…。
 さてどうだろう。ここまでだけでも本格ミステリのお約束が一通り揃えられている。バラバラ死体、血染めのウエディングドレス、連続殺人、密室…。ところが、書きつながれるうちに、不可能犯罪が次々と起き、整合性の確立など出来ないとしか思えない状況が雪だるま式に増える。読んでる読者は「どうすんの、これ…」と狼狽するか、「いいぞ、もっとやれ! 」と快哉の声をあげるかのどちらかだろう。これぞ、リレー小説の醍醐味、と私は考えている。最終的には、覆さなければならない推理や、否定しなければならないシチュエーションという事になったものも多いが、それでもついた決着にはある程度満足できたと思う。
 これはイヴェントなのだ。リレー小説と言う。だから、あまりつっこんだ事は考えないで楽しむ事にした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/17 15:09

投稿元:ブクログ

(執筆者)二階堂黎人・柴田よしき・北森鴻・村瀬継弥・歌野晶午・西澤保彦・小森健太朗・谺健二・愛川晶・芦辺拓

2004/06/19 21:52

投稿元:ブクログ

リレー小説(二階堂黎人、柴田よしき、北森鴻、篠田真由美、村瀬継弥、歌野晶午、西澤保彦、小森健太郎、谺健二、愛川晶、芦辺拓)
執筆者が多いせいかちょっと散漫な感じは否めない。トリックも「そんなのアリかよ!」というものだし(笑)作者の手持ちのキャラを強引に(笑)登場させたり、というのは面白いんだけどね。
あとがきの、各々の作者が自分の書いた後の犯人の推理をしているのを読んで本文を読むともう一度楽しめます(笑)…途中でどんどん犯人変わっていくんだよね(笑)

2011/04/25 18:54

投稿元:ブクログ

11人の作家によるリレー探偵小説。
一遍ごとに小さな謎の解決があり、最終的にどう決着をつけるかの各作家の予想付。
試みも作品も面白かった!文庫に落ちてないのかな、これ…。

2007/10/29 18:03

投稿元:ブクログ

これは かなり古いものかと。
いわゆるリレー小説です。

圧倒的なインパクトと息つく暇無き超展開、
とまぁ ここまではよかったが…
オチ担当に絶望した!第三部完!

2010/05/15 08:30

投稿元:ブクログ

他の方の評価は低いようだが、面白かった。
ひとつの小説としては確かにイマイチかもしれないが、かなり興味深い。
各作者のむちゃぶり具合とか、なんとか収集つけようとがんばってる様が文章から読み取れる。
各作者の苦労がにじみ出ている。

2013/11/16 19:50

投稿元:ブクログ

堕天使!堕天使!この稀代の怪人は一挙に男女十数名を惨殺し、日本各地に花嫁衣裳の死体をバラ撤いた。警察の必死の捜査を尻目に、完全密室に殺人を敢行し、はたまた空中に雲散霧消したかと疑わしむるなど、その妖術はまさに千変万化。この恐るべき兇賊に狙われた人々の悲運…ところへ躍り出た義侠の名探偵がどうしてこれを黙過すべき、敢然奮起してここに知恵比べ腕比べ胆比べ、殺人鬼と雌雄を決する痛快壮烈の大活躍!!現代を代表する11人のミステリー作家による、リレー形式の「長編本格推理小説」800枚書き下ろし。

2010/01/01 23:12

投稿元:ブクログ

新世紀「謎」倶楽部著と書きましたが、その構成メンバーは
次の11人の作家となっています。

二階堂黎人、柴田よしき、北森鴻、篠田真由美、村瀬継弥、
歌野晶午、西澤保彦、小森健太朗、谺健二、愛川晶、芦辺拓

そして、この作品はこの11人の作家による、リレー推理小説です。

11人もの人数で推理小説をリレー形式で書くという、
大変面白い試みがなされております。

流石に11人もの人数ですので、何もかもが綺麗に繋がり、
そして綺麗に収まる、とはいっていないようにも思えます。
しかし、次々と書き手が変わり、視点が変わり、状況が変わる。
それ自体が非常に面白いと感じられました。

また、各作家の代表作の主人公が次々と登場するのも魅力のひとつでしょう。
生憎、私はそのほとんどの主人公を知らなかったのですが。

………

 彼は最後になって、そのハトロン紙で包まれた小包を開いた。
中にはラベルも何もないビデオ・テープが入っており、一枚のメモが同封されていた。

《特ダネを君にあげよう。堕天使より》

 メモには、ボールペンの字で、たったそれだけが書かれていた、
小包の宛名書きを確認すると、メモ同様、教養を感じさせる非常に達筆な文字であった。

………

2011/10/31 20:06

投稿元:ブクログ

11人のリレー小説。

打ち合わせなし、なので、ミステリとしては若干話が
蛇行している感じはある。
当然、みんな違う結末を想定して書いてるのだから。

が、それはそれで面白いし、ほとんどの作家さんを読んでる
私としては、色々な探偵さんがちょこちょこ出てくるのが
とても楽しかった。

2010/09/08 08:56

投稿元:ブクログ

試みは面白いし、事件の風呂敷の広げ方が、中盤まではワクワクさせられるものだった。

だからこそ、中盤~終盤にかけてのグダグダっぷり、さらにはあの結末には「ええ~……」という感がぬぐえない。
時間を返せとまでは言わないが、この無茶苦茶感は爽快ではない。
とはいえ、終盤になればなるほど整合性を保つのが難しくなるのであろう。
仕方がないのかな……

でも一編の事件小説としては非常にガッカリさせられた。
トリックも殺人の理由も「ハア?」というものだったし。なんだこりゃ、が正直な感想。

ただ、作者さん一人一人の力量はやはり大したものだと思いました。
よくぞまあ、ここまで繋げたな、と^^;

2012/08/09 13:22

投稿元:ブクログ

 以前、「9の扉」というリレー短編集を読んで、その構想の面白さに惹かれ、同じく「リレー小説」を探し探して、辿り着いた一冊。発行年月を見て躊躇しましたが、「まずは、読んでみなけりゃぁ」とちょっと勇気を出してみました。

 堕天使殺人事件と名付けられた事件は、残酷でグロいです。そして、こんなに先が見えないのは気味が悪く、引っ張られるしひねられるしで、かなり悩んだけど面白く読みました。

 最後に各作家が「自分が書き終わった後の展開はどうなるのか」の予想が載っていた。それを読む限りでは、読者が惑わされるのは当たり前かと。。。。でもこの振り回され方は癖になりそうです。