サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狩りのとき 上(扶桑社ミステリー)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.9
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/477p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-02773-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

狩りのとき 上 (扶桑社ミステリー)

著者 スティーヴン・ハンター (著),公手 成幸 (訳)

【日本冒険小説協会大賞(第18回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

狩りのとき 上 (扶桑社ミステリー)

税込 859 7pt

狩りのとき(上)

税込 734 6pt

狩りのとき(上)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.5MB 無制限
Android EPUB 6.5MB 無制限
Win EPUB 6.5MB 無制限
Mac EPUB 6.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ダニーとボブの物語

2002/07/30 18:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:奥原 朝之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スワガーシリーズ第4弾(ボブのシリーズとしては3番目)である。
 スワガーシリーズの根底を流れているのはベトナム戦争のような気がする。

 本作品では、ベトナム戦争でスポッターとして働いてくれたダニー・フェンとの出会いとそこで育まれた友情をメインに描いている。とはいってもボブの周りには謀略があり、今回もそれを見事にうち砕くのである。

 ダニーがベトナム戦争で命を落としたことは極大射程(新潮文庫、上下巻)で明らかになっているので、隠すまでもないが、そのダニーの死に陰謀が隠されていたことが本作品で明らかになる。ん〜最初の作品を伏線に使うのか。これにはやられた。

 オープニングは、ボブの家族が朝靄の中馬に乗っているところを誰かに狙撃されるという、これまでにない衝撃的なシーンから始まる。いきなりボブが狙撃されるシーンである。これは絶対何かある。何かあるに違いないと読み進めること請け合い。

 現在の話と過去のベトナム戦争当時の話が交互に進められていく。
 現在狙われている理由が過去のベトナム戦争にあることをボブは突き止める。ベトナム戦争にケリをつけられない人間もいたのである。

 さぁ、ここまで読んだらもう目が離せなくなるだろう。文句無しのガンアクションが展開される。今回のボブは特殊工作員よろしく空中から落下傘降下までやってのける。

 ボブ・リー・スワガーシリーズを締めくくる一作品として読むべき作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シエラ・ブラボー・フォー

2006/04/07 18:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スティーブン・ハンターには、スワガー・サーガと、いう一連のシリーズが、あります。
「極大射程」の主人公、伝説のスナイパー、ボブ・リー・スワガー
と、その父親、アル・スワガーを中心に据えたものです。
 本作「狩りのとき」は、息子さんのボブを主人公にしたものとしては、
最終作となります。
 発表順では、先ず、「極大射程」が出て、
次が、「ダーティ・ホワイト・ボーイズ」で、「ブラックライト」
で、この「狩りのとき」となります。
 「ダーティ・ホワイト・ボーイズ」も、メインのキャラとして
スワガー親子は、出てきませんが、サブキャラは、共有されていて、
一応、このスワガー・サーガの外伝的作品として、位置付けされます。
 プロローグで、いきなり、ボブが、狙撃されるところから、
始まり、一体どうなるんだぁ!?と、
思わせる展開ですが、
 その後、時代は、1970年代の、ワシントンに飛びます。
反政府運動の鎮圧行動時の部隊配置の情報を反政府運動側に
漏らしたとされる、同じ海兵隊員の監視を言い渡された、
海兵隊員ダニーフェン伍長は、否応なく、スパイ活動を、、、
その後、証言を拒んだため、ベトナムに送られます。
 そこで、出会ったのが、なんと伝説のスナイパーの、
ボブ・リー・スワガー軍曹。
 果たして、彼ら狙撃チームの運命は、、、、。
 何部かに、分かれて、現代、過去、
と描かれていますが、それらを独立させても、
充分なぐらいの重厚な、出来栄えです。

 銃器に関する、書き込みは、相変わらずですが、
ハンターは、アクション派、謎解き派、一体どちらよりの作家なのでしょう?
 割と、意外だった、第一部のスパイ小説っぽいパート、
一転して、迫真に迫る、ベトナム戦争での、アクションのパート、
 そして、現代に戻っての、スリラー、
そして、やっぱり、現代でも、手に汗握るハード・アクション。
 そして、、ここからは、書けません。
 私は、やっぱり、アクション派の作家だと、思っていますので
このスパイ小説っぽい仕上がりには、ちょっと吃驚でしたが、
 本書でも、兎に角、アクションシーンは、素晴らしい出来栄えです。
昨今、小銃は、小口径になる傾向に、ありますが、ボブというか、
ハンター自身は、反対みたいです。
長距離狙撃には、大口径が必要なのは、判るのですが、
 ダニーフェンにも、70年代になっているに拘わらず、7.62ミリのM-14を
持たせているぐらいですから。
(で、ボブに、M-16の悪口を言わせています)
 でも、本当は、スティーブン・ハンターの中では、
「さらば、カタロニア戦線」みたいな、結構叙情的な作品が、
本当は、好みだったりするので、困ってしまいます。
(銃器マニアの度合いが、かなり入っている、スワガーサーガより、
 万人にオススメ出来るのは、「さらばカタロニア戦線」だと、思っています )
 意外に、喋りは、結構ユーモラスな、ボブとは、この作品でお別れ、、、。
実は、私、「ブラックライト」をスワガーサーガと認識していなくて、
最近、親父さんのアルの作品ばかり書くのは、
 狙撃に関したものは、意外に書き難いのだろうなぁ、、と
勝手に想像していたのですが、
 実は、これで、三作も、ボブの話を書いていることになり、
もう、ボブでは、書き尽くしたみたいですね、、。
 アルも良いんですけど、”渋すぎ”です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドキドキ、ハラハラ満載!

2002/07/30 12:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

スワガーシリーズの4作目に突入です。
いや〜、久々に既刊の著作を買い漁る作家に出会えました(*^ ^*)
でも、手元にある本を読み終えたら、当たり前の事ですが
新刊が出るまで待たなきゃならないんですよね〜(笑)。

オープニングは、謎のスナイパーがボブ一家を狙撃するシーンから
冒頭からいきなり引き込まれます。狙撃シーンが終わると、舞台は
一転してベトナム戦争の時代へ、ボブが「ボブ・ザ・ネイラー」と
呼ばれるようになった、ベトナム戦争時代と、ボブの部下で
親友でもあったダニーとの交流が描かれます。ここで、ようやく
シリーズの1作目である、「極大射程」へとお話は繋がっていく
わけなのです。現在のボブを狙うのは、ベトナム戦争時代に
遭遇した「あのスナイパー」なのか? たった1人でも戦争を
続けるボブに、最後通牒を突き付けた家族との関係はどうなるのか?
ラストへ向けて緊迫は高まります。ラストシーンのボブは、
めちゃめちゃかっこいいですよ〜。(古い表現だけど)しびれます!

謝辞(あとがき)の中で、ハンター自身が語っている事なのですが、
1作目「極大射程」を書く時に、ベトナム戦争時代の実際の史実と
照らし合わせなかったため、なんとシリーズ4作目にして、過去に
起きた事件が1作目と、4作目では違う年・場所で起きた事になって
しまっています(笑)。いやお話だからいいんですけどね(笑)!
歴史書だったら洒落になりませんけどね。でも確かに、受ける印象が
大幅に違うのも事実です(笑)。いや、こんなに胸踊る物語なんですから
多少のアラには目をつぶりますよ(笑)!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ど迫力の戦闘シーン。

2002/07/14 13:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亀豆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ボブ・リー・スワガーシリーズ、圧倒的な迫力とともに、その話の面白さで、ぐいぐい一気に読んでしまうこのシリーズの第4作目。

 今回は、プロローグからして衝撃的だ。
穏やかに乗馬を楽しむボブ一家をスナイパーが狙っているところから始まるのだから。
 そして、「どうなったのか」というところで、時は遡り、『極大射程』でも触れられていた「ダニー」の視点で話が進む。
どのような過程でダニーとボブが出会うことになったのか、そして二人はヴェトナムにおいてどう戦ったのか、が綴られていくのだ。

 なにしろ舞台が戦場のこと。緊迫した空気の中、恐怖や不安が入り乱れ迫力に満ちている。
シリーズを通して読んでいれば、戦場でのボブとダニーの「将来」も分かっているわけだが、それでも引き込まれるすごさだ。

 そして、宿敵の登場。まさに因縁の、とも言うべき対決を思えば、早く下巻が読みたくてたまらなくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前半は圧倒的なベトナム戦争描写、一転して後半はスパイ小説もどき

2001/03/24 05:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅歌 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スワガー・シリーズの最後を飾る作品である。
 震える手で本を開いて読み進むと、いきなりプロローグで吃驚仰天だ。なんだなんだ、と息を潜めて更にページを繰ったら、物語はいきなりベトナム戦争時代へと遡る。シリーズ中で幾度となく語られた逸話−スワガーのスポッターだったダニー・フェンが、なぜあのようなことになったか、大隊規模の敵軍隊を相手に、スワガーがライフル一本で味方を守ったという伝説的な戦闘、好敵手であるロシアのスナイパー、ソララトフについて−などが克明に語られる。特に戦闘シーンはシリーズ中の白眉であろう。狩るものと狩られるもの。死力を決しての闘いは、『極大射程』でのあの山頂の死闘に勝るとも劣らないだろう。

 だが、他の三作品と比べて、ちょっと落ちるかな、というのが正直なところ。前半のベトナム戦争時代には文句のつけようがない。下巻に入ると一転して、スパイ小説の様相を呈してくるのだが、ぼくにはこのあたりから濃厚に違和感が漂ってくるのだ。実に意外な展開で目を釘付けにせずにはおかない。それは違いないと思う。だが、どうもしっくりとこない。呈示される伏線と、スワガーの行動と、全体の謎解きのバランスがとっても悪く感じてしまう。そのあたりの違和感を払拭させるべく、作者もいろいろと工夫を凝らして説明を試みているが、やはり俄かには納得できないのだ。一番の疑問は、なんで今になって? これは最後まで払拭できない。作者の説明にも納得できない。他にもたくさんある。シリーズ全体の辻褄を無理やり合わせるための強引さと映ってしまうのだ。前半と後半の落差も激しい。確かに結びつくし、更に全てを結びつけるにはこれしかなかったんだろうとは思う。でもどうだろうか、、いっそのこと、前半と後半をそれぞれ独立した物語に仕立て、2作にした方が良かったような気もするんだけど。

 そして迎える最終章。物語のひっくり返し方は、大方の予想通りといえばそれまで。残りページが少なくなっての第四部。ここでやっとスワガーの孤独な闘いは終結するのだが、危惧した通り音速で駆け抜けてしまった。作者の気力と体力が尽きたかのよう。もっときちんと追い詰めて欲しかったのだが…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/03 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/05 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/28 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/18 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/27 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。