サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ビッグバイクの探求
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.10
  • 出版社: グランプリ出版
  • サイズ:21cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87687-205-8

紙の本

ビッグバイクの探求

著者 つじ つかさ (著)

迫力ある外見、加速Gやエンジンフィール、高度なメカニズムを持つビッグバイク。その性能、機能性、テイスト、種類から開発の歴史まで、ビッグバイクの魅力を図や写真を多用して紹介...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

迫力ある外見、加速Gやエンジンフィール、高度なメカニズムを持つビッグバイク。その性能、機能性、テイスト、種類から開発の歴史まで、ビッグバイクの魅力を図や写真を多用して紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

つじ つかさ

略歴
〈つじつかさ〉1952年東京都生まれ。71年にヨシムラレーシング入門。国際A級。78年からフリーのジャーナリスト。著書に「ベストライディングの探求」「バイクのメカ入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

750cc超のバイクに興味のある人専用。全部乗った気にさせる。思い入れ十分の主観的な表現が多い

2000/07/17 06:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 排気量750cc超のバイクを紹介する。目次に並ぶだけで16機種,それぞれに旧モデルやライバルの紹介が出てくるから古今東西ほとんどの機種が登場する。一般の読者が全部を試乗するのは難しいから,それを代理体験し、伝えるだけで一定の価値がある。
 ただし,バイクの表現には苦労している。このジャンルのバイクは極めて趣味的。数字で表現できる性能や使い勝手に大きな意味はなく,“乗り味”だけが勝負だ。そのため読者を理性で説得することをあきらめ,「あれやこれやと考える自問自答を文字に」(著者)する手法をとった。
 その結果,本書はきわめて情緒的。同じ著者の「バイクのメカ入門」が極めて理性的にできているのとは好対照だ。思い入れたっぷりで主観的な言い方が目につく。また,読者層を考えたのだろうか,劇画調の擬態語が多い。ある1ページから取り出しただけで「シャッキリ加速」「コロコロコロッと軽快に」「シュイーンではない」「バルルルーッと吹ける」「グニャリ感」「スイーッと収束」といった調子。これに抵抗のある読者には少しつらい。

(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オートバイ ランキング

オートバイのランキングをご紹介しますオートバイ ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。