サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゲド戦記 1 影との戦い
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.10
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-026461-3

紙の本

ゲド戦記 1 影との戦い (物語コレクション)

著者 ル=グウィン (著),清水 真砂子 (訳)

【日本翻訳文化賞(第41回)】【ボストングローブ・ホーンブック賞(1969年度)】多くの島からなる世界アースシー。血気にはやる高慢な魔法使いの少年・ゲドは、魔法の修行中、...

もっと見る

ゲド戦記 1 影との戦い (物語コレクション)

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本翻訳文化賞(第41回)】【ボストングローブ・ホーンブック賞(1969年度)】多くの島からなる世界アースシー。血気にはやる高慢な魔法使いの少年・ゲドは、魔法の修行中、あやまって死の影を呼び出してしまい、厳しい試練に立ち向かっていくことになる。再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ル=グウィン

略歴
〈ル=グウィン〉1929年米国生まれ。ラドクリフ大学・コロンビア大学卒業。SF作家、ファンタジー作家。著書に「闇の左手」「世界の合言葉は森」「空飛び猫」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ただのファンタジーというにはあまりにも・・・深い!

2008/02/28 22:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピノ - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界3大ファンタジーとも呼ばれるほど、大御所のこの作品。
この本を、ただのファンタジー、児童文学とかそんな風に言ってしまうのはとってもおこがましいと感じます。
不思議な世界が用意されていて、魔法使いが出てきて冒険して、ドラゴンが出てきて・・・
必要なものはみんなそろっていて、本当に申し分ないファンタジー。
それなのに、登場人物が、セリフが、すべてが深い。
主人公のゲドは、素直でいつでも清く正しく・・・そんな理想像とはかけはなれた傲慢で自尊心が高く、それがゆえに最大の過ちを犯して他人を巻き込んでしまうような、とても正統派ヒーローとはいえない存在。
でも、だからこそ彼の行動に、失敗に、時には暗いとすら思える「想い」に等身大の「人間」をみることができるのです。そして、彼を支える師匠であるオジオンやカラスノエンドウの温かさに共感することできるのです。
影とは何なのか、本当の自分になるために何が必要なのか。
読んでいくと同時に、自分がまるで登場人物に諭されているような気にさえなってくる、そんな人間の深い真理を描いた物語だと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多島海、アースシーへようこそ

2001/02/09 15:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桐矢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 わたしがもっとも影響を受けたファンタジー。
 異世界、魔法、剣、竜、大賢人、冒険……ファンタジーの定番が織り込まれ、古典とさえ言えるこの作品が今も繰り返し読まれるのはなぜだろう。
 「ゲド戦記1」は、大賢人にして竜王となった大魔法使いゲドの若かりし頃の物語である。主人公であるゲドは、傲慢で上昇志向が強く短気で、はっきりいって身近にいたら、普通あまりお友達になりたいようなタイプではない。そしてその傲慢が若いゲドを苦しめる事になる。禁じられていた魔法学校の生徒とのわざ比べで死霊を解き放ってしまうのだ。魔法使いとして独立した後も死霊の影はゲドの後をどこまでも追ってくる。
 一方、ゲドのただ一人の本当の友人、カラスノエンドウは正直でさっぱりしていて親切で本当にいいやつだ。カラスノエンドウも魔法使いとしてかなりの腕を持っているが、歴史に残る大賢人になるのはゲドの方だ。
 偉大な魔法使いは光も闇も自らのうちに持っている。光が強ければその分だけ闇が濃くなる。傲慢で上昇志向が強いゲドは同時に、強大な意志の力を持ち、飽くなき好奇心に胸を躍らせ、真理への困難な道を進む事をためらわない希有な若者でもある。
 いくら美しく楽しく光を描いても光が落とす影まで描かなければそれはただの絵空事でしかない。この物語が人を引き付けるのはその影の深さゆえかもしれない。
 もちろん前提として、異世界をこれだけリアルに緻密に描き出せる筆力があってこそであることは言うまでもない。
「ことばは沈黙に、光は闇に、生は死の中にこそあるものなれ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今読んでも充分面白い

2002/04/08 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自分の中にある醜さや弱さ。それを否定するのではなく、ありのままに受けとめること。そういったテーマを持ちながらも、純粋にファンタジーとしても楽しめる作品。太古からモノには全て真の名前があり、それを知ることが魔法を使う足がかかりとなり、魔法を乱用することは宇宙の調和を乱すことになるなど、独特の設定が面白い。

 主人公のゲドも単なる良い子ではなく、物語の途中で自らの愚かさから招いた影に追われることとなるが、その過程もスリリング。沈黙のオジオンやさっぱりした人柄のカラスノエンドウなど脇役も魅力的だ。古い作品だが、今読んでも充分面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深くて面白い

2002/02/02 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みりぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今までファンタジーと呼ばれる小説は読んだことが無かった。こんなに面白いなら、もっと若い頃から読んでおけばよかったと後悔させてくれた一冊。

 ゲドは才能のある魔法使いだが、ねたみやおごりの心に負け、いってはいけない魔法を使い、死の国から影を出してしまう。初めは影から逃げることばかりを考えていたゲドだが、師匠であるオジオンから助言を受け、影を追いかけ、戦うことを決意する。
 影が何者か分からないことや、ゲドが影を追いかけ始めると影の力が弱まっていくなど、とても深くて、ユングの言う無意識の世界にも通じる。ファンタジーファンだけでなく、心理学に興味のある人にもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分というものを容赦なく見つめる

2001/12/28 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 冒険ものがあまり好きではない私としては、地図すら載っているような、こういう本はどうもよみづらい。
 でもこの本は奥が深いと思う。いい部分と悪い部分をもつ「自分」というもの、それを結局は両方受け入れなくてはいけない、というところに共感した。道徳の本なんかでは、悪いところをなくそう、嫉妬や憎しみ、をなくそう、といいがちだが、ほんとうになくせるわけがない。
 そんなきれい事よりも、この本はいう。「すべてをひっくるめて自分自身の本当の姿をしるものは、自分以外のどんな力にも利用されたり、支配されることはない」。自分とは何か、を考え出したらぜひ読んでみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/19 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/24 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/10 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/10 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/10 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/15 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/21 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/05 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/03 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/19 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。