サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

修正:レビューキャンペーン(0701-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 財政の通販
  5. ぎょうせいの通販
  6. 地方独自税源探索記 茨城県の核燃料等取扱税が生まれるまでの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地方独自税源探索記 茨城県の核燃料等取扱税が生まれるまで
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.9
  • 出版社: ぎょうせい
  • サイズ:21cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-324-05943-8

紙の本

地方独自税源探索記 茨城県の核燃料等取扱税が生まれるまで

著者 茨城県税源問題研究会 (著),林 健久 (監修),務台 俊介 (監修)

従来の核燃料税を拡充し、課税対象を広げた「核燃料等取扱税」を創設した茨城県。この新たな法定外普通税の誕生の経緯について、実務の立場から直接携わった茨城県総務部税務課職員が...

もっと見る

地方独自税源探索記 茨城県の核燃料等取扱税が生まれるまで

税込 2,365 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

従来の核燃料税を拡充し、課税対象を広げた「核燃料等取扱税」を創設した茨城県。この新たな法定外普通税の誕生の経緯について、実務の立場から直接携わった茨城県総務部税務課職員が中心に綴ったもの。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

綿密な調整

2002/06/23 00:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:自助努力 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 茨城県で核燃料等取り扱い税という法定外普通税を作った時期は、まだ地方分権一括法の施行前で、地方独自の新税ブームがまだこれからという時期だった。今でこそ、東京都の「銀行税」や「産業廃棄物税」など全国的に地方独自新税ブームとなっているが、この茨城の取り組みは、そのブームの直前、まさに、人に言われたのではなく、自分たちの頭で考え、租税法学者を加えた研究会でもみ、関係業界にきちんと話をし、関係省庁と調整し、納得ずくで練り上げたものである。
 東京都が、「ホームスチール」のように「銀行税構想」を打ち出して、訴訟になり、第一審で敗訴しているという事態と比べると、随分とローキーなイメージを受けるが、本来は税への取り組みというのはそのくらい謙抑的でなければいけないのだということを、この本は暗黙の内に教えている。
 茨城県の研究会では、アンケートを実施し、どのようなところに税源を求めるのが適当なのかを検証し、茨城県らしい独自税源のあり方を議論し、それが租税理論と整合的か、について専門家の視点でチェックしてきた経緯と論点を丁寧に記している。
 もとより、このような制度を作り上げるには、政治的な要素もあったであろうことは想像に難くない。残念ながらこの点については、本書の中では書かれていないが、ことの性格上無理な注文であろう。茨城県にはエネルギー問題に関し、相当の力のある政治家がおられたのであるから、こういった点は読者の側で想像していくしかない。
 この本の更によいところは、制度創設に携わった実務者が、仕事の記録を全国に向けて発信し、今後同じような取り組みを検討しようとする地方自治体に対して、積極的に情報提供していることである。東京都主税局も、おそらくこの本も参考に、新税構想をまとめていったに違いない。都としては、自分たちよりも前に「制度論」で地方の県が先行したことに、いささか焦りを覚えたということもあったであろうことは想像に難くない。
 願わくば全国の自治体の制度改正に携わった職員も、茨城県税務課の職員の姿勢を模範として、積極的な情報提供をお願いしたい。それがとりもなおさず、行政過程に対する透明性を高め、それが地方自治の進展に繋がるのであるから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

財政 ランキング

財政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。