サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1999.10
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/56p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-1584-X

紙の本

黒ねこのおきゃくさま (世界傑作童話シリーズ)

著者 ルース・エインズワース (作),荒 このみ (訳),山内 ふじ江 (絵)

雨の降る寒い土曜の晩、貧しい一人暮らしのおじいさんにとってその日は一週間に一度の、肉とパンのごちそうの日でした。そのとき戸口に鳴き声が聞こえ、見ると、訪れたのはやせてお腹...

もっと見る

黒ねこのおきゃくさま (世界傑作童話シリーズ)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

小学生のための福音館・特選童話 10巻セット

  • 税込価格:13,970127pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

雨の降る寒い土曜の晩、貧しい一人暮らしのおじいさんにとってその日は一週間に一度の、肉とパンのごちそうの日でした。そのとき戸口に鳴き声が聞こえ、見ると、訪れたのはやせてお腹を空かせた黒猫のお客さまでした。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ルース・エインズワース

略歴
〈ルース・エインズワース〉1908年イギリス生まれ。児童文学作家。BBCラジオ放送「お母さんと聞こう」の台本作家として活躍。主な作品に「こすずめのぼうけん」「ゆうびんやさんはだれ?」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

とてもしあわせ

2008/01/04 12:29

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この絵本は娘がもらったクリスマスプレゼントの一つ。
私も一緒に読んで、とてもしあわせな気分となりました。

一人暮らしのまずしいおじいさんのところに、黒ねこがやってきます。
とても寒い晩のことでした。
みすぼらしいやせた猫は、おじいさんの家で
ミルクやパンやにくをご馳走になります。
それはおじいさんにとって残り少ない大切な食料でしたが、
おしげもなくすべて黒ねこに与えました。
そして残り少ないまきも寒がる猫のためにすべて使い尽くしてしまいます。

みすぼらしかった猫はおじいさんのもてなしのおかげで
すっかりまるまるとなり、まるで女王様の猫のようになりました。

おじいさんは黒ねこが満足している様子を見て、
お腹がぺこぺこだったのもすっかり忘れてしまいます。


「おじいさんはとてもしあわせでした。
 なんて心地がいいんだろう。
 なんてしずかな気持ちなんだろう。
 なんて心がいっぱいなんだろう。」

黒ねこが去った後に、おじいさんには思いがけない出来事が待ち構えています。
それは読んでからのお楽しみ!

黒ねこの緑色の目と、おじいさんの優しいまなざしが心に残ります。



 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

与えつくすということ

2010/06/10 22:04

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人が、『かはたれ』、『たそかれ』の絵をお描きになっている
山内ふじ江さんのねこの本があると教えてくれたのが本書。

彼女の描く透き通るような河童の絵が好きなのだが、
本書の絵は、その『かはたれ』、『たそかれ』とは雰囲気が異なる。

透き通るようなきれいな河童ではなくて、
こちらの主役はまずしいおじいさんと黒ねこである。

きれいなではなくて、むしろ、現実を、
存在感を立ててしっかりと描いているような。

うれしくて季節感も何も考えずに飛びついたのだが、
表紙をよくよく見れば(見なくても!)、見事な雪景色。

内容的には、佐々木 なおこさんがお書きになっているように、
クリスマスプレゼントにふさわしい1冊だ。

「1週間にいちどだけ、土曜のばんは、おいしい肉のごちそうと、
ねる前に、ミルクにひたしたパンを食べる日だ。
ミルクにひたしたパンは、体をとってもあたたかくしてくれる。
それで、ようくねむれるんだ」
と語るおじいさん。

「年をとって、体が弱ってきたうえに、
金があまりないと、人生はつらいものだ」
と思っている彼にとって、それが唯一の楽しみなのだ。

ところがその楽しみの晩に、おきゃくがやってくる。

そのおきゃく、やせた黒ねこは、「足は細いし、おなかもぺしゃんこ、
しっぽはまるで黒いくつひものような、みすぼらしいねこ」だった。

おじいさんは、びしょぬれの、黒ねこをタオルでふいてやり、
ミルクを分けてやるのだった。

ところが、この黒ねこは、なかなか、なかなか、満足しないのだ。

ミルクをのめばのむほど、ますます、のどがかわいてしまうようで、
あげてもあげても「にゃーおう」となく。

がりがりにやせたからだで、口はしっかり大きく開けて、
自己主張しているような黒ねこはちっともかわいくないのである。

と私は思うのだが、おじいさんは、優しい人なので、
いっそのことぜんぶやってしまおうと、
ミルクもパンも残らず黒ねこにあげてしまう。

黒ねこは、まだまだ満足しない。

なんと舌なめずりをして、まだ部屋の中を見回しているのだ。

そして、おじいさんの食器棚の中の羊肉も骨も食べつくしてしまい・・・。

すべてを食べつくした黒ねこは、
毛並みもひげもしっぽも立派になっている。

食は足りたけれども、今度は寒くて震える黒ねこのために、
まきをどんどんくべるおじいさん。

食べるものも蓄えすらなければ、
まきだって使えば使うほどなくなっていく。

  まきがぱちぱちもえて、時計がかちかちなって、
  おきゃくさまは、のどをごろごろならしています。

  なんて心地がいいんだろう。

  なんてしずかな気持ちだろう。

  なんて心がいっぱいなんだろう。

与えてもらった黒ねこがふっくらしているだけではない。

黒ねこと一緒に火に当たるおじいさんは、
目を閉じて、手を頬にあてて、満ち足りた表情をしている。

与えれば与えるほどに幸せな表情になっていく。

最後の二本のまきさえくべてしまったというのに。

あのやせてがりがりで食いしんぼでちっともかわくなかった黒ねこだが、
おじいさんのふとんの中にもぐりこもうとして、
頭をふとんに入れて、しっぽと後ろ足がはみ出しているところとか、
頭と前足を出して、しっかりふとんに入っているところが微笑ましい。

きっと飼い猫は普通にしているであろう姿が
なんだかやたらとかわいらしく思えてくる。

家を去るときのすっかり女王様のように
堂々たる風格となった黒ねこの後姿。

みすぼらしくも雨にぬれていたがりがりのねことは
まるで別ねこなのである。

  おまえとわしは、知らないものどうしだったけれど、
  今じゃあ、ほら、友だちじゃないか

なんでもないような素朴な言葉なのに、
ごつごつのおじいさんの手が
やさしく黒ねこをなでているかのように響いてくるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界傑作童話シリーズ

2016/12/29 16:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:肋骨痛男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめて読んだのは小学校のしゅくだいで読書感想文を書くことになったとき。大人になってから再読。当時からわが家にいるネコは20才を越えました。私にとって手放せない1冊です。ネコは母親のことを思い出して前足をかわるがわる動かすんですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貧しさと高潔さ

2019/05/07 16:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

貧しい老人が小さな生き物のために、なけなしの食べ物をあげてしまい、困窮するものの、助けた生き物の恩返しによって、以前よりも豊かに暮らすという物語。
だから物語として成立するし涙を誘う。

現実にはこんなことは起こらない。 
小さな生き物に与え尽くした高潔な老人は貧しいまま残りの人生を後悔しながら生きるしかないのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/06 06:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/18 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/12 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/01 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/27 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/28 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/12 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/17 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/20 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します古典・童話 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。