サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本 全品ポイント5倍キャンペーン ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:22cm/83p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-80350-5

紙の本

倚りかからず

著者 茨木 のり子 (著)

もはや いかなる権威にも倚りかかりたくはない ながく生きて 心底学んだのはそれぐらい…。 静かに激しく紡ぐ、7年ぶりの詩集。書き下ろしを含む15篇を収録。【「TRC MA...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

もはや いかなる権威にも倚りかかりたくはない ながく生きて 心底学んだのはそれぐらい…。 静かに激しく紡ぐ、7年ぶりの詩集。書き下ろしを含む15篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茨木 のり子

略歴
〈茨木のり子〉1926年大阪市生まれ。詩人。結婚前後の48年頃から詩作を始め、53年川崎洋と詩誌「櫂」を創刊。著書に「一本の茎の上に」「うたの心に生きた人々」ほかがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (17件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

心にまっすぐ届く 茨木のり子さんの伝えたかったこと

2008/04/08 23:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

茨木のり子さんの詩には、とても潔い。
彼女の気持ちが私の心にまっすぐに届く。
それがとてもいい。

この詩集は彼女にとって八番目なのだそうだ。
その誕生秘話があとがきにあった。
なんでも内蒙古に滞在中の未知の青年から一通の航空便が届いたそうで、
それはこう書いてあった。
「植林のボランティアのため、内蒙古に一年滞在、こちらで読むために
あなたの詩集を持ってきたのです。」

簡潔だが情感のこもったいい手紙だったと思った茨木さん。
かねてから新しい詩集を編むことを強く勧められていたにも関わらずなかなか決心がつかなかった彼女は
この手紙がきっかけで、ふと詩集を出そうかという気になった。
彼女の心を動かした彼の存在、
なんともいい話である。

「時代おくれ」では
シッキムやブータンの子らを思い、
~なにが起ころうと生き残れるのはあなたたち
 まっとうとも思わずに
 まっとうに生きているひとびとよ~
と優しく呼びかける。

「笑う能力」では
~山笑う
 という日本語もいい 
 春の微笑を通りすぎ
 山よ 新緑どよもして
 大いに笑え!~
とくったくもなく言い、あれもこれもすべてを受け止める太っ腹を見せてくれる。

この詩集のタイトルにもなっている「倚りかからず」では、
~もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない(略)
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある~
とあり、読みながら思わず背筋が伸びる想いがした。


茨木さんの詩からは
本当に大事なもの、大切にしなければいけないものは何なのかが
厳かに、大胆に、そしてたまにちゃかしながらも
心のストライクゾーンにズバリと届く。
しみじみ届く。
「マザー・テレサの瞳」も良かった。

私も一冊だけと言われたならば、
彼女の詩集を持って旅に出たい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

洞察力と、鋭さと。

2019/09/12 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はこの本の何が好きって、余白の綺麗さなんです。
ハードカバーはやっぱりそれが美しい。

そして、
「マザー・テレサの瞳」「ピカソのぎょろ目」
この2編が真を付いているようでお気に入りです。
私は美術については人より明るいほうですが、
これについての見解と仮説は実に楽しいものでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

洗練された言葉たち

2002/02/23 18:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポンタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんといったら、いいのだろうか、茨城のり子さんの詩の言葉は洗練されて、澄んでいる。でも、透明でもないし、無力でもない。言葉に力が宿ってるのでこちらにもそれが迫ってくる。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

15篇

2019/01/15 02:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

茨木のり子さんの詩が15篇。詩集はこうじゃなくちゃね、という言葉の重みがあります。一篇ずつ楽しみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/25 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/18 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/12 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/14 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/16 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/15 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/25 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/31 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/29 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/08 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。