サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

俳優(広済堂文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.11
  • 出版社: 広済堂出版
  • レーベル: 広済堂文庫
  • サイズ:16cm/638p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-331-60785-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

俳優 (広済堂文庫 異形コレクション)

著者 井上 雅彦 (監修)

俳優 (広済堂文庫 異形コレクション)

823(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

遍歴譚 五代ゆう 著 13-28
君知るや南の国 篠田真由美 著 29-54
伝説のサラ 小沢章友 著 55-64

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

じわじわ恐い作品満載!

2002/07/30 12:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marikun - この投稿者のレビュー一覧を見る

アンソロジー作品の感想を続けて書いていくのは難しいですね(笑)
今回のテーマは「俳優」。なかなか読みごたえのある作品が
そろっているので、さらっと紹介します(^^;

『遍歴譚/五代ゆう』
ただただ一人の男を好きになってしまっただけで、
見事に転落していく哀しい女の子の魂と、伝説のハリウッド女優の
お話。哀しいけど、浄化されています。

『君知るや南の国/篠田真由美』
文明開化華やかなりし頃の日本の実際にあったのでは?と思わせる
悲恋話。やはりこれも恋の話ですね。ラストがぞくっとします。

『佐代子/飯野文彦』
戦後の闇市の時代にただ一瞬だけ登場した、幻の女優「佐代子」を
追い求める、ライターのお話。その女優を追っていく過程で
出会う人々が強烈に恐くて印象に残ります。果たして幻の女優の
正体は?

『願う少女/矢崎在美』
自分の果たせなかった夢を子供に託す…。子役タレントと母親の話。
これ、怖いです〜。その辺に実際にありそうな話で…。
自分の能力以上のモノを子供とは言え、他人に求めてはいけません!

『化粧/菊地秀行』
死が間近の地方の富豪に死を見せて欲しい…。そんな奇妙な依頼を
受けた、売れない俳優が、「死」を見せるためにその屋敷を訪れる。
全編が幻想的で余韻を残す作品。じわじわ怖いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/19 21:52

投稿元:ブクログ

短編集。
俳優をテーマとしたアンソロジーで
ものすごく面白い。
特に印象に残ったのは
死体役者?。
死体を演じるのが得意な役者が
その病的なまでの演技が・・・・
そのほかにも面白いのがたくさんあって
このシリーズはほとんどよんでますが
この作品集は5本の指に入ると思います。