サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

順列都市 下(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.10
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011290-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

順列都市 下 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 グレッグ・イーガン (著),山岸 真 (訳)

順列都市 下 (ハヤカワ文庫 SF)

842(税込)

順列都市〔下〕

648(税込)

順列都市〔下〕

ポイント :6pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

塵理論がどうしても理解できず

2016/05/19 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり因果律に骨の髄まで囚われていると、絶対的因果律がないという塵理論がどうにも理解できないようなのである。とはいえコピーの人生をとことん突き詰めた話は読みどころ満載であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しさが魅力の電脳SF

2016/02/22 02:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:色鳥鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダラムとマリアの関係、トマスの過去にドラマが。マリアのつくった人工生命が思いもよらない進化を遂げる。また、完璧なはずの「順列都市」にも暗い影が・・・。

上巻を読むのに数年かかったのに、下巻は急転直下の展開で、一気読みでした。同じ電脳世界を描いていても、ギブスンとは作風がまったく違うんだなあ・・・と、唖然としながら読了。

理系の知識がなくとも、ちょっと哲学的に考えるだけで、もうありえないだろうと思える理論、設定の数々。しかし、それが「不可能だろう」と言えるまでに、知っておかなければならない物理の常識がどれほどあるか。噂通り、難しいよう、グレッグ・イーガン! 
ただし、この難しさこそが魅力なのだということは、本書を読んで、良くわかりました。なるほどなあ。ストーリーや世界観がどうの、というより、いかに思考するかの1冊なんだな。たしかに刺激的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/08 16:40

投稿元:ブクログ

無理やり読み終わって、なんとなく分かったような
まったく理解していない。
でも、面白いことには違いない

2006/08/29 02:04

投稿元:ブクログ

塵理論はさっぱり理解できなかったので第二部は頭の中が暖かい人の妄想だと考えることにした。というか誰も現実世界からエリュシオンを観測できないんだからそれは存在していないのと同じだ。あってもなくても、どっちでもいい。

と思って解説サイトを見てやっと分かった気がする。つまり宇宙の全ての状態がそこらに散らばってて、連続的に接続可能な状態同士が勝手に繋がっていくっていう理屈か。そして、創造主の存在を決定的にするための「発進」。ただ、オートヴァース暴走云々は良く分からない。神は居ないと言いたかっただけなんだろうか。

2015/06/30 14:10

投稿元:ブクログ

図書館で。そういえばイーガンの作品あまり読んでないし長門有希ちゃんの消失にも出てきたし…と借りてみました。ぶっちゃけよくわかりませんでした。

というかわからない、で投げちゃえば簡単なんだけどもう少し深く考えればわかるようなでもなんか感性に合わないからそこまで深く考えたくないしもういいか、というような。たとえば電子の世界に自分の意識…というか考え方をコピーして動かすことにしたら人の形を取らなくてもいいと思うし家とか世界というハコモノを用意しなくてももっと流動的な精神活動を飛躍できそうな形を選んでも良いと思う。たとえばですけれども電子の海を飛べるなら三次元ではなくもっと領域を使えるよう二次とか一次でも良いのではないだろうか?とか。自分の意識をコピーしたところでそれは果たして自分だろうか?とか。色々と面白い問題提起だな、とは思いましたがお話自体はイマイチよくわかりませんでした。

2008/11/20 05:55

投稿元:ブクログ

後半の方が断然に面白い。
結論も示唆的で考えさせてくれるものがある。
何筋かに話が平行しているので、読み返した。

2009/03/22 20:09

投稿元:ブクログ

上巻に色々書くと下巻の欄に書く事が無くて困る。
ただ、順列都市に関しては、個人的に上巻のが好きだったりして。

2011/02/09 22:36

投稿元:ブクログ

自意識を持ち人として宇宙にある惑星で生きる。神と人の視点が人として見えたような気がしました。読了後は現実に戻るのに少し時間が必要です。

2009/12/10 19:27

投稿元:ブクログ

申し訳ない。
ハードSFの傑作に、私自身がついて行けませんでした。
グレッグ・イーガン、すごい天才だと思う。
でも、理解するのが難しい。
許してくれー。

ジョン・W・キャンベル記念賞受賞作。
ディトマー賞受賞作。

2010/09/28 00:03

投稿元:ブクログ

後半から頭が理屈についていけなくなったけど、久しぶりに「SF」を読んで楽しめた。今度、ネットで塵理論について調べてみよう。

2012/06/03 16:08

投稿元:ブクログ

いやー、豪快な話でした。この作者の「宇宙消失」もSF的大ネタを、緻密かつサスペンスフルにまとめあげた名作でしたが、この「順列都市」も、サプライズの連続で堪能できました。
セル・オートマトンとチューリング・マシンのアイデアは知っていましたが、これをVRなどと組み合わせてここまでスケールの大きな話に仕上げるとは。
「宇宙消失」とは、ストーリーや世界観としてのつながりは全くないのですが、「人間の意識が宇宙に影響を与える」というテーマで結びついており、おもしろいと思いました。
読み終えるとがまんできなくなって、早速「万物理論」も読み始めました。これもとても楽しみです。

2017/01/28 01:09

投稿元:ブクログ

途中内容を理解するのに諦めるシーンも多い難解な内容だったが、奥深く壮大なスケールで描かれる宇宙創世の話はさすがイーガンといったところ。
エピローグで描かれた現実世界のマリアの姿の物悲しさが後を引いた……

2010/07/25 22:24

投稿元:ブクログ

上巻はそんなに面白くなかったが、下巻に来て世界設定ががらりと変わり、一気に飲み込まれた。

自動増殖する細胞から、一つの宇宙を作り出す。新しい宇宙に、今の宇宙から、コピーの体で移住する。新しい宇宙では永遠の命がある。元々コピーの体だし、自分たちが神みたいなものである。しかし、新しい宇宙で、新しい生命が誕生する。新しい生命は、神である自分たちが創造したとはいえない。彼らは自分たちの力で進化してきたのだから。新しい生命の深化は、神の範疇を超えている。

新しい生命体が、知能を獲得し、自分たちの世界を解釈していく。彼らが彼らなりの宇宙論を作り出す。彼らが解釈した宇宙では、宇宙の創生者である人間たちの存在は不要となる。理論対理論の対決となり、最後には、
神的存在であった人間(のコピー体)たちが、宇宙から追い出されてというか、理論的に存在しえないから消滅して終わり。という現代SFの極北。

これが90年代半ばに書かれたということがまずすごい。今の社会が、この作品の発想にたどりついていない。『順列都市』が映像作品になったら面白そう。

2012/05/01 22:34

投稿元:ブクログ

最後のほうはよかった。しかし、どうしても全体を通しては面白いとは思えず。内容なのか、文章なのか。とはいえ上よりは展開も速く読み進めるのはそれなりだった。話の感想としてもいまいちつかめず。である。最後の崩壊する理論ないし理由は自分としては説得力に欠ける。

2011/03/26 11:18

投稿元:ブクログ

乱暴にまとめると、創造主(オリジナル)と創造物(コピー)の関係を描いた作品。

SFはアイデアの宝庫であり、新しい技術によって発生するであろう倫理的な問題に取り組むジャンルでもあると感じる。このジャンルはかなり「実用的」な読みが可能。

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む