サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バレエをおどりたかった馬
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:1999.10
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/121p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-8340-1410-X
  • 国内送料無料

紙の本

バレエをおどりたかった馬 (世界傑作童話シリーズ)

著者 H・ストルテンベルグ (作),菱木 晃子 (訳),さとう あや (絵)

いなかでのんびりと暮らしていた馬が、ある日、道に迷ったバレエ団の人たちに出会い、駅まで案内してあげました。「お礼に何かしたいのですが」というバレエ団の人たちに、馬は踊りを...

もっと見る

バレエをおどりたかった馬 (世界傑作童話シリーズ)

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いなかでのんびりと暮らしていた馬が、ある日、道に迷ったバレエ団の人たちに出会い、駅まで案内してあげました。「お礼に何かしたいのですが」というバレエ団の人たちに、馬は踊りを見せてくださいと頼みました…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

H・ストルテンベルグ

略歴
〈ストルテンベルグ〉1965年ノルウェー生まれ。ジャーナリスト、シナリオライター、俳優、声優としても活躍。「バレエをおどりたかった馬」で作家デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

バレエをおどりたかった馬

2016/08/04 08:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もうそのまんま、バレエをおどりたかった馬の話。街に出て初めて知り合ったオウムが、馬が困っている時はいつも飛んで来て馬を困らせる人達に皮肉を言ってくれて、言われた人も直ぐに素直になって馬に謝ったりするのが、なんだか幸せな気持ちになった。馬に冷たい人も沢山いるんだけど、全体に優しくて幸せな世界のお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まっすぐな気持ち

2001/09/26 17:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dawn - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本の主人公である馬は、ぶたとめんどりとひつじといっしょに、いなかの家でくらしていました。ある日、道にまよっていたバレエ団の人たちをたすけて、お礼にバレエをおどってみせてもらったことから、馬はじぶんでもバレエをおどりたくてたまらなくなりました。そしてとうとう、たったひとりで町へ向かい、バレエ学校でバレエをならいはじめます。ところが──。
 馬がバレエをするなんて、聞いたことがありません。片足で立って、くるりと回ったり、ジャンプしたり。そんなことが、馬にできるのでしょうか? バレエ学校では友だちができるでしょうか? いなかでくらしていた馬は、町のどこでくらしていくのでしょうか? 馬は、いろいろとたいへんな目にあいますが、それでも「バレエをおどりたい!」というまっすぐな気持ちをまげることなく、一生懸命がんばりぬきます。そんな馬の気持ちを、あたたかく見守ってくれる人たちもいます。
 ほんわかとした味わいのあるさし絵も、かわいくてすてきですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/30 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/23 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/19 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/17 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/31 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む