サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 小学館の通販
  6. 新編日本古典文学全集 47 建礼門院右京大夫集の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新編日本古典文学全集 47 建礼門院右京大夫集
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1999/11/30
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:23cm/598p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-658047-3
  • 国内送料無料

紙の本

新編日本古典文学全集 47 建礼門院右京大夫集

著者 建礼門院右京大夫 (著),久保田 淳 (校注・訳),後深草院二条 (著)

苛酷な人生体験を和歌と日記に昇華させた後宮女房二人の中世文学の傑作。 本書は、壇ノ浦で戦死した平資盛(すけもり)との悲恋を詠み込んだ私家集『建礼門院右京大夫集』と後深草...

もっと見る

新編日本古典文学全集 47 建礼門院右京大夫集

税込 5,123 46pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

新編日本古典文学全集 88巻セット

  • 税込価格:435,9063,962pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

苛酷な人生体験を和歌と日記に昇華させた後宮女房二人の中世文学の傑作。

本書は、壇ノ浦で戦死した平資盛(すけもり)との悲恋を詠み込んだ私家集『建礼門院右京大夫集』と後深草院に愛されたがために、数奇な人生をたどることになった二条という女性の告白の記『とはずがたり』の二点を収載しました。いずれも中世を生きた女性二人による傑作の評価が高い作品です。 安徳天皇の生母として、一時は国母と仰がれた平清盛の娘建礼門院徳子は、宮廷の頂点から一転、平家一門の敗走劇に随行し、比類ない幸福と不幸にみまわれた悲劇の女性としてつとに有名です。その徳子の全盛に仕え、彼女の甥の資盛と秘密の恋愛を育んでいったのが右京大夫(うきょうのだいぶ)という女性です。 歌集は平家滅亡の時代の証言ともなっているほか、別の恋人の存在や女友だちとの交流、父母への思いなども綴られ、人生の情感を写しとる作者の才能を感じさせます。 『とはずがたり』は昭和時代になってから発見公表され、「埋もれた古典」とも称される異色の名作です。後深草・亀山院の対立など、後の南北朝時代の端緒にもなった宮廷の愛憎劇を背景に、後深草院の気まぐれから『源氏物語』を地でいく愛欲の渦にのまれた作者のあまりにも苛酷な人生が、驚くほど冷静な筆致で記されています。 両者とも、世間に翻弄されつつも、わが身に正直に生きた無辜(むこ)なる女性の姿を伝えて、現代に共感と感銘をもたらす作品です。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2010/04/29 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します日本の小説 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。