サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1999.12
  • 出版社: フェリシモ
  • サイズ:23cm/168p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-89432-172-6

紙の本

マツの木の王子

著者 キャロル=ジェイムズ (作),猪熊 葉子 (訳),セビン=ウネル (画)

マツの林のまん中で一本だけ伸びるシラカバ。マツの王さま、王妃さまをはじめマツたちは皆、冷たくあしらいますが、マツの王子だけはしだいに美しく育つこのシラカバの少女に惹かれて...

もっと見る

マツの木の王子

税込 1,362 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マツの林のまん中で一本だけ伸びるシラカバ。マツの王さま、王妃さまをはじめマツたちは皆、冷たくあしらいますが、マツの王子だけはしだいに美しく育つこのシラカバの少女に惹かれていき…。強く優しい恋物語。再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

キャロル=ジェイムズ

略歴
〈ジェイムズ〉1935年イギリス生まれ。出版社勤務後、作家を志し、60年代半ば頃から子ども向けの作品や、大人向けの歴史小説を手掛ける。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2つの回転木馬のように私もこの本にやっと出会えました

2004/02/05 06:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NKポチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

マツの木の王国の森にふと現れた可憐なシラカバ。
マツの木の王子とシラカバは、ひかれあい恋をしますが、周囲の反対を受けて切り倒され、森から追い出されることになってしまいます。2本の木は、やがて幸運なことにサーカスのメリーゴーランドの木馬になりました。
でも、メリーゴーランドの正反対のところにとりつけられてしまったので、
どんなに早く走っても相手に追いつかず、どんなにゆっくり走っても相手に触れることもできません。結ばれない恋に疲れ果てた2つの木馬は、ぼろぼろになって捨てられてしまいます。
ごみ捨て場では悲しく不安な日々でしたが、勇気ある子供たちと、やさしい大人たちに救われて、たくさんの花に囲まれた穏やかな庭で、仲良く静かに晩年をすごすことができました。そして幸せな最期を迎えることができたのです。

小学生の時に自動車文庫で借りて読んだこの本。
恋をしたこともないのに“せつない”っていう感情が私の中に生まれました。大人になってそんな気持ちを味わうたびに、このおはなしとモノクロのメリーゴーランドの挿絵を思い出し、この本の存在がずっと気になっていました。が、題名も著者もちっとも思い出せないまま。もどかしい思いでいました。
でも、“まーしゃ@B◎◎KRACKさん”の書評のおかげで、長い歳月を経てこの本と再会することができました。
まーしゃ@B◎◎KRACKさんありがとうございます、この場を借りてお礼申し上げます。

いつの日か、娘が本棚から見つけて読む日がくることを思いながら、深く青く美しい本をそっと並べました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表紙の色同様に、静かで美しいお話です。

2001/03/14 10:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ@B◎◎KRACK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マツの林のマツの王子が、シラカバの少女に恋し、周りのマツに反対されたふたり(2本?)の旅ものがたりです。

 とおいむこうのある国の林のまんなかに、マツの林がありました。ほかの種類の木もそれぞれに美しいのですが、なんといってもマツの木がいちばん。誇り高いマツの木は、ほかの木が林の中にはいってきて、のびるのを絶対に許さないのでした。

 ですが、どういうわけか、マツの林のまんなか、マツの王さま一家が立っているところに、シラカバの木がのびてきました。このシラカバの少女に、マツの王子は恋してしまったのです!

 二人の恋はまわりのマツに反対され、シラカバの少女は木こりに切り倒されてしまいます。それを見たマツの王子は、ショックで倒れてしまったのでした。ここからふたりの旅ははじまります。

 シラカバの少女とマツの王子は、材木屋に連れていかれ、あるおじいさんに買われます。そこで、ふたりは木彫りのりっぱな黒い馬と美しい銀色のシカに生まれ変わりました。生まれ変わったふたりは、サーカスに買われ、メリーゴーランドとしての役目をまっとうし、公園の揺り馬になり…。すっかり年をとったふたりは、生まれ育った林へと、青い煙になってもどっていったのでした…。

 1960年代に出版されていた本が、たくさんの人の復刊リクエストに応えて復活しました。表紙の深い藍色同様、なんとも美しいお話です。わたしは、復刊されて初めて読みました。たくさんの人が復刊を望むだけあるなぁ、と思いました。地味な本だけれど、心に残ります。

 種類の違う木が恋をして、旅をして…。おたがいを思いやり、支え合うふたりの気持ちが、伝わってきます。マツを見る目がちょっと変わってしまったわたしです(笑)。

【B◎◎KRACK】 No.25 2000/03/08発行

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。