サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

9/1 全員もらえる!200万ポイント山分けキャンペーン(~10/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.5
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/482p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-69605-8
文庫

紙の本

ヴァリス (創元SF文庫)

著者 フィリップ・K・ディック (著),大滝 啓裕 (訳)

ヴァリス (創元SF文庫)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

救いがあるのが救いがたく

2007/10/20 12:00

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消息子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「わたし」、SF作家フィル・ディックが、女友達の自殺を止められず、麻薬に溺れ、自殺を図って失敗するホースラヴァー・ファットの物語を語っていく。もちろんホースラヴァーとはフィリップであり、ドイツ語でdickは「でぶ」、すなわちfatであるのは有名な話。冒頭数ページですでに「わたしはホースラヴァー・ファットだ。必要とされる客観性を得るために、これを三人称で記している」と述べているくせに、フィル・ディックとホースラヴァー・ファットはあたかも別の人間であるかのように語られる。
 ファットはあるときピンク色の光線を照射され、ヴァリス、すなわち「巨大にして能動的な生ける情報システムVast Active Living Intelligence System」によって頭の中に多量の情報が注ぎ込まれてくる、というように、およそ、ディック自身の1974年以降の神秘体験をなぞった話が続く。癌の末期の女友達シェリーを巡って、ディックとその友人たちは不毛な討議を繰り返すなか、ファットは妻子に逃げられ、再び自殺を図る。ファットはシェリーを助けることに生き甲斐を見出すが、癌は再発し、ファットは「救済者」の復活という考えに取り憑かれる。
 「救済者」探求に出ようとした矢先、ファットと友人たちは『ヴァリス』なるSF映画にピンクの光線などファットの体験と符合する多くの徴を発見し、映画の制作者に会いに行く。映画を見るあたりまでが実体験をなぞった話らしい。ディック自身が友人と見に行った映画とはデイヴィッド・ボウイの『地球に落ちてきた男』だったとか。
 映画制作者宅で彼らは「救済者」に出会うのだが、話は何とも釈然としない流れになっていく。救いはないようなあるような。
 神秘体験で「イカレタ」ディックの代表作。毀誉褒貶甚だしく、傑作から駄作まで様々な評が……
 確かにディックは救いを求めていたが、救いがないこともどこかで知っていた。そのバランスが、過去の傑作を生んでいたと思うが、『ヴァリス』のディックは救いがどこかにあることを信じている。そこが救いがたいと私には思えるのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/03 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/26 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/10 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/20 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/29 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/07 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/20 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。