サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 坂の上の雲 新装版 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

坂の上の雲 新装版 3(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 148件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.1
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/361p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-710578-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

坂の上の雲 新装版 3 (文春文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

坂の上の雲 新装版 3 (文春文庫)

702(税込)

坂の上の雲(三)

700 (税込)

坂の上の雲(三)

ポイント :6pt / 紙の本より2おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー148件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

キーワード

2015/11/22 05:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

キーワード
「淳はあれで、ようまあ、海軍が使こうてくださることよう」
「秋山の天才は、物事を帰納する力だ」
「白砂糖は、黒砂糖からできるのだ」
「私に教える教官がいるのでしょうか」
「戦術は借りものではいざというときに応用がきかない」
「戦術に愛嬌が要るか。」
「世人は悪いことをせねば善人だと思うているが、それは間違いだ。いくら悪人だって、悪いことをする機会が来なければ悪いことをするものではない。」
「たいそうなことをいうものではない。病中筆をとるのはうさ晴らしにすぎぬ」
「談笑平生のごとくあるべく候」
「日本人は貧困になれていた」
「世界史のうえで、ときに民族というものが後生の想像を絶する奇蹟のようなものを演ずることがあるが」
「私が海軍のことがわかるようになると、ミナサン、おこまりになるのではないかな。私は海軍のことがわからない、ミナサンはわかる、ミナサンがよいときめたことを、私が内閣で通してくる。それでよいではありませんか」

まだまだ、三巻全体の1/4ですがキーワードだらけです。
三巻に坂の上の雲のエッセンスがちりばめられているのが良く分かります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争突入

2016/06/12 11:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

暗い話の中、ほんわか雰囲気を出していた子規もなくなり、暗い話ばかりが続くので、この辺りから読むのが辛くなる。そんな巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

司馬氏の歴史大作第3巻、我が国はロシアの脅威にさらされます!

2016/09/03 11:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

司馬氏の歴史大作第3巻は、日清戦争から十年、じりじりと南下する巨大な軍事国家ロシアの脅威に、日本は恐れおののく日々を迎えます。ロシア皇帝ニコライ二世は、戦争を行うことは私の望みではないといいながらみ、日本とロシアとの激突はもはや避けられない状況にまで来ていました。病床で、かす数の偉業を成し遂げた正岡子規は戦争の足跡を聞きつつ、燃え尽きようとしていました。一体、この吾、どうなっていくのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子規の死と日露開戦

2001/11/29 12:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 松山出身の3人の明治人を描いた作品だが、その3人の主人公のうち正岡子規がついに死ぬ。
 日露開戦前に死んでしまったので、日露戦争のあたりになるともう秋山兄弟の話ばかり、自然、戦争の話しばかりになり、メリハリがかけるようになったような気がするが、逆に、話しが統一されて読みやすくなった気もする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第三巻。

2009/02/14 21:41

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

第三巻。

日清戦争に勝利した日本は、不可避的にロシアと衝突することになります。

絶望的な戦いが予想される中、戦争を回避しようとする動きも活発になります。太平洋戦争でも、一部の人たちは戦争を回避しようとしましたが、時代の流れは一部の人の力だけでは押し戻すことができないようです。

ロシアとの戦争は、綱渡りでした。

一番の問題は「お金」。

海外から借金をしてまで戦争に踏み切った当時の日本の指導者は、褒められるべきなのでしょうか?

結果的に勝ったから、よかったものの、普通の神経では考えられません。

まさに博打。

ただ、当時の日本の指導者は、覚悟ができていた、という点は評価できると思います。人の上に立つものは、覚悟がなければ務まりません。

第三巻では、日露開戦前後が多くの登場人物とともに描かれています。

そんななか、正岡子規は、短いけれども充実した生涯を閉じます。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日露戦争開戦!

2009/11/30 15:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuki-chi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロシアと日本、圧倒的な国力の差。
戦争だけは何としても避けたい日本は、
懇願するような思いで対露協商に臨む。
しかし、ロシアはわざと返答を遅らせるなど傲慢な態度で日本を焦らし、
その一方で、極東への軍事力をすさまじい勢いで増大させて、日本を追い詰めていく。
ロシア本国から次々と送られてくる巨大な軍艦が港に並ぶ。
旅順に建築された世界でも類を見ないほどの強固な要塞。

ロシアは日本を死へと追い詰め、窮鼠にした。
もはや日本は死力をふるって猫を噛むしか手がなかった。

日本存亡の崖っぷちに立つ政府首脳たちが熱く涙する。
未だ彼らの心の奥底に残る武士の魂。
自らの命を投げ打ってまでも国を守ろうと覚悟を決める。
日本国を愛する燃え滾る熱い思いに心を打たれた。

そんな政治家たちの英断によって、火蓋を切り、開戦した日露戦争。
佐世保で待機する連合艦隊に出撃命令が出された時の海軍内部の様子、
それぞれの思いが、ドラマティックに描かれている。


海軍における旅順要塞での戦い、陸軍における金州・大蓮での激しい戦い。

産業も財政も乏しい日本は、とにかく計算されつくした致密な作戦計画と
用意周到な準備で戦いに挑む。
一方、ロシアは大国の驕りからくる、
日本に対する過小評価による作戦の粗雑さや不手際が目立った。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/20 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/20 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/12 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/09 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/30 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/03 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/30 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/01 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/08 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る