サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

仮面の男 改訂版(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/602p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-202007-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

仮面の男 改訂版 (角川文庫)

著者 アレクサンドル・デュマ (著),石川 登志夫 (訳)

仮面の男 改訂版 (角川文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

2005/12/24 05:23

投稿元:ブクログ

ダルタニャン物語は「三銃士」「二十年後」「ブラジュロンヌ子爵」の三部からなるが、これはその「ブラジュロンヌ子爵」の後半部分。全巻セットがあるけど値段高いんだよね。。。

2006/03/14 18:05

投稿元:ブクログ

レオナルド・ディカプリオ主演映画「仮面の男」の原作本。ルイ14世治下の17世紀フランス。ルイ14世は、傍若無人な青年王で、その権力は絶大であった。そんな情勢の中、かつての三銃士の1人アラミスはルイ14世と、バスティーユ牢獄にいる双子の弟・フィリップとのすり替えを企てる。歴史も学べて一石二鳥な本です。銃士隊かっこいい!映画とは異なる物語にも注目。

2006/03/30 22:40

投稿元:ブクログ

「三銃士」の最終巻。
映画と結末は違いますが、映画も原作も好き。
なんだか、最終巻って寂しいよなぁ・・・。

2006/11/30 16:54

投稿元:ブクログ

「ブラジェロンヌ子爵」の後半部分。年をとったダルタニャン、アトス、ポルトス、アラミスの大活劇。名作とはいえ、アトスは本編にはまったく関わらずにひっそりと死んでいくし、ダルタニャンとコルベールの和解、物語後半のダルタニャンに対するルイの態度もいまいち理解できない。ついでに、ルイの弟フィリップがどうなったのか、すごく疑問だった。これで物語が簡潔というのも、読み物としてどこか中途半端。「これが名作?」と思わないでもない。しかし、名作の人間たちが微妙な日常間とともにあっけなく世を去っていく姿は不自然さよりもちょっとした感動を覚える。

2011/06/27 15:15

投稿元:ブクログ

本書は、ダルタニアン物語3部作の最後の一部だそうで、登場人物や話の流れがイマイチ分からずじまいでした。

2012/10/25 18:31

投稿元:ブクログ

10月8日 大崎図書館チャンプルで借りました。
三銃士の完結編、悲劇です。
物事には必ず終わりがあるように、ルイ13世の下、縦横無尽の活躍をした銃士達にも衰えがくる。
またそれは、ルイ14世が治める新たなフランスの産声をあげる前の苦痛のようにも感じられる。
運命というものは必ず天運の強い人へ輝きを与える、それをまじまじとみることができる作品です。
Toshi

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む