サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤毛のアン 改版(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.7
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-217901-0
文庫

紙の本

赤毛のアン 改版 (角川文庫)

著者 モンゴメリ (著),中村 佐喜子 (訳)

赤毛のアン 改版 (角川文庫)

税込 637 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

「行く手には常に期待にとんだ曲がりかどがあるのだ!」

2002/07/31 17:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: 青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語は、孤児だったアンが老兄妹の家、グリーン・ゲイブルズの娘となり、日々の生活を楽しみつつ成長していく物語です。その物語のなかには、もちろん感動も、涙もありますが、それよりもまず、アンの感じる「何の変哲もない、日々の中に埋もれたかけがえのないもの」が感じられます。

 これまでこの物語を敬遠してきた方には、ぜひご一読をおすすめします。私はいま読み終えたばかりでこの感想を書いているのですが、続きを読みたくてたまらない!という心境です。(ぜひ明日には手に入れなければ!!)

 ダイアナとの友情、カスバァト家の家族愛、「いい子」になるための努力の数々など、見どころが盛りだくさんの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

モンゴメリの名作。

2015/09/12 02:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

素敵なものを見つけるのが得意。それを言葉で表現するのも得意。感情豊かで(豊かすぎるとも言う?)明るいアンの性格にはついていくのが大変。しかしおかげですごく早いペースで読み進めていってしまう本だと思います。楽しいばかりでなく苦い思いや恥ずかしい経験もする。最後には人間味あふれるアンのことが好きになっているように思う、そういう本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「あしたという日は、まだあやまちのない新しい日だと思うといいわね」

2002/07/31 17:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: 青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『赤毛のアン』という物語はすべての女性にとって、子どもの頃に読んでしまうか、そうでなければその本への先入観から敬遠しているかのどちらかではないでしょうか。私は後者の敬遠してきた方で、アンの物語のことを「夢見る少女が読むような、ロマンチックな児童文学」だとばかり思ってきました。

 しかし、ある作家さんがエッセイで「そんなことはない」と仰っていたことから単なる思い違いだと知り、またある小説に出てきた『赤毛のアン』からの引用——今日は新しいいい日。〈まだ〉失敗のない——を読み、興味を抱いたのでした。

 読み始めは最初の思いこみが抜けきらず、なかなか先へ読み進めることができなかったのですが、数ページ読んでしまうともう止まりませんでした。それからは半日をこの本を読むためにつぶし、食事もとらず、一気に読み終えてしまったのでした。

 ロマンスはほとんどなく、いわゆる『古典』に見られるような堅苦しい教訓もないお話ですが、とにかく時間を忘れて読むことのできる、まさにこの解説にあるように『読者の友達となってくれる』一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プリンスエドワード島に憧れて

2002/07/19 16:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れい - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読んだのは小学生の時です。とにかく少女アンが生きいきと書かれていてまるで自分がアンになったかのような錯覚を覚えました。アンがちょうちん袖に憧れるのを我が事のように感じたり、プリンスエドワード島の美しさが文章の中からも垣間見れるので、どんなところなのかさらに知りたくなって旅行雑誌などで調べた覚えがあります。きっと女の子なら誰しも呼んだことがある永遠のベストセラー赤毛のアンは等身大の女の子が主人公というところに皆共感をするのかもしれません。アンは続編もあるのでそれらも夢中になって読みましたが、やはり戻るのは最初の赤毛のアンです。私に娘が生まれたら『お母さんが子供の頃に夢中になって読んだ本よ』と言ってプレゼントしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/21 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/04 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/08 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/16 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/11 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/02 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/09 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/01 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/11 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。