サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

怪談・奇談

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:1990.9
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:15cm/287p
  • ISBN:4-04-212001-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

怪談・奇談 (角川文庫クラシックス)

著者 ラフカディオ・ハーン (著),田代 三千稔 (訳)

怪談・奇談 (角川文庫クラシックス)

税込 572 5pt

怪談・奇談

税込 550 5pt

怪談・奇談

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.1MB 無制限
Android EPUB 5.1MB 無制限
Win EPUB 5.1MB 無制限
Mac EPUB 5.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

耳なし芳一のはなし
おしどり
お貞のはなし

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

怪奇現象を起こすほどの情念に覚える物の哀れ

2011/08/24 15:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ラフカディオ・ハーンの怪談には、怪奇現象の恐ろしさよりも、そこに秘められた強い情念に印象が残る。そのため、作品を読み終えるたびに、夜気のようなひんやりとした涼しさを感じながらも、なぜか心が暖かくなる。それは、怪奇現象を通して、強い恨みや憎しみ、悲しみに触れたとき、その現象を起こすほどの情念に、物の哀れを覚えてしまうからだろう。
 日本の怪奇物語を材にしたラフカディオ・ハーンの怪談だからこそ、感じられる余韻のように思う。

 その余韻が強く残ったのが、夜な夜な蒲団から声が聞こえるという【鳥取の蒲団のはなし】
 取り立てて怖くもなく、声の秘密も驚くほどでもない。それでも余韻が残るのは、そこに、強い恨みや悲しみではなく、幼い兄弟の互いに思いやる小さな愛情と、哀れな結末があるからだろう。
 ハーンは、この話を結婚して間もない妻から聞いた。彼もこの話に物の哀れを覚えたのだろう。それから、日本の幽霊話を自分の創作の素材にし始めたそうだ(解説より)。シンプルながら悲しさに満ちたこの話が、ハーンの怪談の原点なのかもしれない。

 ところで、ラフカディオ・ハーンの怪談は、ドラマ化されたものをテレビでは見ていたものの、原作を読むのは、これが始めて。恥ずかしながら、【耳なし芳一のはなし】では、始めて知ったことが色々あった。
・芳一は、『高貴なおかた』から声をかけられ、自分にも運が向いてきたと喜んでいたこと。
・平家の亡者は、耳しか見えない芳一を見つけ、口がないから返事がないのだ、と納得していたこと。
・亡者は、自分は出来るだけのことをしたと、主に知ってもらうために、芳一の耳を証拠に持ち帰ったこと。
・後に芳一は、莫大な金を送られて裕福になったこと。
 芳一は、ただ琵琶を奏で源平の物語をうたう、という印象の人物だったのだが、それはテレビドラマの芳一だったようだ。芳一の世俗的な一面に新鮮さを覚えた。また、死んでなお、命令を全うした証とするために、芳一の耳を持ち帰る平家の亡者に、武士の哀れさが感じられた。

【収録作品】
〈怪談〉
 耳なし芳一のはなし、おしどり、お貞のはなし、乳母ざくら、はかりごと、鏡と鐘、食人鬼(じきにんき)、むじな、ろくろ首、葬られた秘密、雪おんな、青柳のはなし、十六ざくら、安芸之助の夢、力ばか。

〈奇談〉
 鳥取の蒲団のはなし、死人が帰って来たはなし、倩女(せいじょ)のはなし、振袖、因果ばなし、和解、普賢菩薩のはなし、衝立の乙女、死骸に乗る者、鮫人(こうじん)の感謝、約束、破約、閻魔の庁にて、果心居士のはなし、梅津忠兵衛のはなし、興義和尚のはなし、幽霊滝の伝説、茶碗の中、常識、生霊、死霊、おかめのはなし、蠅のはなし、雉子(きじ)のはなし、忠五郎のはなし、いつもあること、鏡の乙女。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

詩情溢れる怪談集。

2002/06/30 23:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小泉八雲といえば「怪談」。本書はその怪談の本である。
 耳なし芳一、雪女、のっぺらぼう、ろくろ首(首が伸びるのではなく、はずれて自由に飛び回る)、などといった有名どころの話や、有名ではなくとも作品として優れているものが多数収められている。というか、どれも優れたものばかりで、中身の薄い翻案などとは全く違う。元の話を「文学」に昇華させてあまりある。
 特に「葬られた秘密」「因果ばなし」「破約」「茶碗の中」「幽霊滝の伝説」が気に入った。「葬られた秘密」には淋しげな情緒が漂い、「因果ばなし」「破約」は、「葬られた秘密」のお園とは対照的な女性の哀しい恐ろしさが現れ、凄絶な恐怖が描かれている。「幽霊滝の伝説」は不気味なラストが秀逸。そして「茶碗の中」は、未完作品の神秘性を見事に表現している。
 詩情と文学性に溢れた、非常に優れた作品だ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/22 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/05 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/10 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/26 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/15 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/28 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/04 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/08 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/15 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/29 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/14 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。