サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 法学・法律の通販
  4. 日本評論社の通販
  5. 明日の法律家へ 5 司法改革を語るの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明日の法律家へ 5 司法改革を語る
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:21cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-51242-6

紙の本

明日の法律家へ 5 司法改革を語る

著者 伊藤真の司法試験塾 (編),法学館 (編)

明日の法律家へ 5 司法改革を語る

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

消費者被害の現状と弁護士の役割 木村達也 著 1-18
マイノリティーの権利、被害者・加害者の問題を考える 大谷恭子 著 19-36
死刑台からの生還 斎藤幸夫 著 37-54

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

議論されている司法改革についてさまざまな社会問題を視野に入れ,各執筆者が本音で語る。学生,市民必携

2000/11/23 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉野 智之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨今,司法改革が論議されている。司法試験の改革に始まり,裁判制度,法体系そのものが議論の的になっている。ただ,わが国においては,議論されても実行となると,遅々として進まない。こうした状況に真っ正面から問題提起をする動きが見られ,討論会やシンポジウム,また,書籍として世に問うケースも珍しくない。
 殊に,法律問題を扱う場合,問題の所在が複数にまたがる場合が多く,改正するにも法務省と当該問題を扱っている省庁だけでは事が運ばない。この体制の硬直化とも言うべき現状を考えれば,司法改革のような大きな問題の解決には一朝一夕では行えないことがわかる。だからこそ,本書のように,何冊ものシリーズを組まなくてはならなくなる。
 ここで取り上げる書物は「明日の法律家へ」シリーズの1冊で,ある司法試験塾が催す講演会の記録集。通常,司法試験塾では択一,論述,口頭試問の対策に明け暮れ,関連の教材やテープを出し,試験と直接関係しないことはあまり行わない。その点,この塾が次代を担う法律家に向けて,問題提起を継続的に行い,意識を高めさせること自体,司法改革を真剣に考えている証しである。
 司法改革と一口に言っても,さまざまな事項が含まれる。陪審員制度,司法試験改革のみならず,現行法に潜む問題点を明らかにしようとする。本書は4部構成で,内容は市民・裁判当事者が置かれた状況を踏まえた司法制度改革のあり方,裁判官の声(独白),真の司法制度改革の考察,次代の担い手への期待である。
 第1部では消費者問題,マイノリティーの権利,えん罪,少年審判,企業活動と弁護士の関係を取り上げる。いずれの講演とも,一人ひとりの問題で,真しに考えなくてはならない。少数者への差別は当事者を傷付けるばかりか,社会全体がきしむ。見込み捜査の結果,えん罪が生じる。裁判での物証の重要性を強調。第2部は裁判官の本音が語られ,家事事件に見る思いなどを述べる。3部は諸外国の事例,陪審員制度などの展望,4部で世間を見つめる目,人の息吹に触れることを訴える。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

法学・法律 ランキング

法学・法律のランキングをご紹介します法学・法律 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。