サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

免疫、その驚異のメカニズム 人体と社会の危機管理(ウェッジ選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: ウェッジ
  • レーベル: ウェッジ選書
  • サイズ:19cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-900594-35-7

紙の本

免疫、その驚異のメカニズム 人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書)

著者 谷口 克 (著)

何億年も後に出現するであろう新しい細菌やウイルスに対処できるしくみをもつ免疫システムを、人間の営みに演繹して考えることはできないか。神秘的な免疫システムを社会変革のキーワ...

もっと見る

免疫、その驚異のメカニズム 人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何億年も後に出現するであろう新しい細菌やウイルスに対処できるしくみをもつ免疫システムを、人間の営みに演繹して考えることはできないか。神秘的な免疫システムを社会変革のキーワードとしてとらえる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

谷口 克

略歴
〈谷口克〉1940年新潟県生まれ。千葉大学大学院医学研究科博士課程修了。現在、千葉大学大学院医学部医学科教授・学部長。著書に「免疫Q&A」「免疫の闘い」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

免疫とは

2018/05/07 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

結構専門的な感じの免疫の本でした。免疫ってなんだろうと気になっている方には、
手に取りやすい良書だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古くて新しい免疫--そのしたたかさを理解し,人間社会システムとのかかわりを考える

2000/10/13 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤井 功 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 我々の体内で繰り広げられる免疫について,その機構を広く知るための導入書として面白い内容である。孫子の教えに見られるような,生物が巧みに操ってきたその戦略に触れることができるだろう。
 第1部は,高等動物がとっている免疫システムについて模式図を使いつつ,専門的な内容を平易な文章で書き下している。免疫のシステムの本質は,「自己と非自己」とを区別することにある。この際生物は自己であることを主張するのではなく,非自己を知ることにより防御システムを構築する。また免疫システムには,本質的にほぼ無限の多様性をもって非自己を認識する性質を現す。その中から自己に攻撃を与える性質を,後天的に胸腺での教育により取り除くことにより,結果として個性としての特異性が発現する。一見無駄に見えるこのシステムは,目的がなく非合理的かもしれないが,結果として多様性を生んでいる。これらの免疫システムを知った上で,多くの疾病,文明病とも呼ばれるアレルギーや自己免疫疾患のメカニズムについてさらに理解を進める。またガン,エイズなどの治療のために応用されつつある最先端の免疫を用いた治療法についても,わかりやすく解説している。
 後半の第2部は,このシリーズで語られる知の統合としての「地球学」から垣間見える免疫システムのあり方について討議される。生物が獲得した免疫の本質的な意味,免疫が教えるところの「自己や非自己」と人類文明史に見られるアナロジー,免疫システムが我々の人間社会へ示唆するものについて,免疫学者である著者の谷口 克氏,経済史学者の川勝 平太氏,シリーズのまとめ役である広域科学者の松井 孝典氏による対談となっている。永い時の流れで生物が完成させた免疫システムについて,各々分野が異なる切り口でその切れ味を見せている。原始に戻って生物である人間の進むべき道が見えてこないだろうか。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/03 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/11 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家庭医学一般 ランキング

家庭医学一般のランキングをご紹介します家庭医学一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。