サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

くつなおしの店
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:22cm/52p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-8340-1680-3
  • 国内送料無料

紙の本

くつなおしの店 (世界傑作童話シリーズ)

著者 アリスン・アトリー (さく),松野 正子 (やく),こみね ゆら (え)

人形のくつ。手作り。2シリング6ペンス。妖精にぴったり。靴直し屋の孫のジャックは、足の具合の悪いポリー・アンへ赤い革靴を贈りました。余った革で人形の靴を作ってから、靴直し...

もっと見る

くつなおしの店 (世界傑作童話シリーズ)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
福音館書店 全品
ポイント5倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 福音館書店 全品ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年7月2日(月)~2018年7月29日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人形のくつ。手作り。2シリング6ペンス。妖精にぴったり。靴直し屋の孫のジャックは、足の具合の悪いポリー・アンへ赤い革靴を贈りました。余った革で人形の靴を作ってから、靴直し屋で不思議なことが起こります。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アリスン・アトリー

略歴
〈アトリー〉1884〜1976年。イギリス生まれ。ロンドンの女子中学校の教職を経て結婚、作家になる。作品に「リトル・グレイ・ラビット」シリーズ、「時の旅人」他。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

イギリスの片田舎を訪ねてみたくなるおはなし

2000/09/09 12:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいかい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 3百年前のバッキンガムシャーがそのままに残っている村の通りの店のひとつに、くつなおしの店がありました。ほかの店よりとりわけ小さなくつなおしの店には、ニコラスじいさんが働いていましす。けれども、昔ながらのくつなおしの店は次第に仕事が少なくなり、生活は決して楽ではありませんでした。

 ニコラスじいさんの孫のジャック・トビーは、お店の仕事や家事をこなしていました。ある日、トビーは祖父にポリー・アンの誕生日のプレゼントに家の中ではく軽いくつを作ってくれるようにたのみます。ポリーは、ブリキ屋の娘ですが、足が悪くてはやく歩くことができません。そんなようすを見ていたトビーは、ポリーの足にやさしいくつが必要なのだと話します。くつを作る革代にも困るニコラスじいさんでしたが、ポリーのくつをつくってあげることにしました。わずかなお金で買った小さな赤い革で作ったへやばきをプレゼントされ、ポリーはおおよろこび!

 ニコラスじいさんは、あまったほんの少しの革で、かわいらしい人形のくつを作り、店につるしましす。不思議なことに、そのくつは夜になると明るく輝くのでした。ある晩、ニコラスじいさんの店に妖精がやってきて……。

 昔の雰囲気をただよわせる懐かしい気持ちにしてくれるお話。作者は、『グレイ・ラビットのおはなし』で有名なアリソン・アトリー。挿し絵は、『アンデルセン童話』や『シンデレラ』など多数の作品があるこみねゆら。イギリスの昔ながらの片田舎の雰囲気がよく出ていて、バッキンガムシャーを訪ねてみたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暖かい気持ちになるのなら、子供も大人も是非この本を!

2001/03/25 13:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 足の不自由な少女のために、小さなくつ屋さんが赤い綺麗なくつを作ってあげます。少女のために買ってきた皮が残ったために、くつ屋はひとつの小さいな小さなくつを作ります。それをお店の前にさげておくと…?

 とてもかわいらしい、暖かいお話です。特に、妖精が好きな方は是非、読んでみてください!と、いうのは、大抵の絵本に出てくる妖精は、ただただ愛らしい存在として書かれていますよね。でも、この絵本の妖精は少し怖い、不思議な存在として書かれているところがあり、いわゆる「妖精伝説」に出てくるような妖精なのです。
 この点においても、私は大満足でした。
 それから、いつも足をひきづって歩いている女の子を見た男の子が「少しでも幸せな気持ちを!」とくつ屋さんにお願いをしにいくところも良いです。
 そして、最後の展開は…まさしく、これぞ絵本の王道!こういう作品は、子供が生まれた時に読み聞かせたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人形のくつ。手づくり。2シリング6ペンス。妖精にぴったり

2000/08/01 12:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Misa - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さな“赤いくつ”が運んでくれた幸せは・・・

(^J^)—— いい話だねえ、なんだかメルヘンチックで。ボクんとこにも、そんな小人がきて、金貨や財布を置いてってくんないかなあ・・・

§^。^§ —— またまた・・・すぐ現実に戻っちゃうんだから。残念ながら、コツコツ真面目に働いてても、心の底に欲が渦巻いてる人のところには、幸せは来ないの! この物語の主人公のおじいさんと孫は無欲でしょうが、無垢でしょうが!

(^J^)—— いやぁ、子どもが、ましてや、おじいさんが無欲、無垢だなんてウソだね。美化すんなよ

§^。^§ —— う〜ん、たしかに。自分がそうだからって(半分ホント、半分ウソ!?)、他の人もそうだって思っちゃいけないんだったね。でも、この頃は、子ども時代から、競争、見栄、いじめetc.ボーっとしてるヒマなくって、生きていくのたいへん。だからせめて、物語の世界では、物事がめでたく終わってほしい、夢を見させてほしい、って思うじゃない!

(^J^)—— それって逃げじゃない?

§^。^§ —— いえいえ!この本読んで、心の中にほわぁっと光が灯ったようなあったかい気分になったでしょ。それって、疲れたり、荒れた心を癒してくれるし、いい眠りに誘ってくれる。‘よし、明日も生きていくぞ’っていう元気を心の深いところにくれるような気がするの。人間、心の中にもくつろげる場所があってこそ、困難にも立ち向かっていける。物語の中に逃げ込むんじゃない。物語からパワーを補給するのよ!
           *   *   *
 この作品、「グレイラビットのおはなし」で有名なイギリスの作家、アリソン・アトリーによるもの。昔話の「こびとのくつや」がベースになっていると思われるが、人間と妖精の世界が交錯する不思議な世界がひろがっている。
 こみねゆらさんの、やわらかなタッチ、淡い色づかいの絵がついて、絵本から読みものへとすすむ子どもたちが、一人で読める本に仕上がっているのもうれしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/13 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/23 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/21 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/28 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/19 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/19 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/25 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む