サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 医学
  4. 21世紀の末期医療

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

21世紀の末期医療
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 中央法規出版
  • サイズ:21cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8058-4249-0
  • 国内送料無料

紙の本

21世紀の末期医療

著者 厚生省健康政策局総務課 (監修)

平成10年の「末期医療に関する意識調査等検討会報告書」ならびに検討会委員の論文、関連資料等を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

21世紀の末期医療

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

末期医療に関する意識調査等検討会報告書 2-107
我が国におけるホスピス・緩和ケアの歴史 柏木哲夫 著 108-115
ホスピス・緩和ケア 志真泰夫 著 116-126

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

末期医療に関する意識調査,ホスピス,インフォームドコンセント,生命倫理など,現代の課題を考察

2000/12/01 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高山 博 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 医療技術の進歩とともに,かえって闘病生活が長期化する傾向にある。ガン,脳卒中など,他人事ではなく,誰もが真剣に考えなくてはならない。また,延命治療,症状緩和ケアといった治療の選択を迫られる。医療関係者,患者双方が末期医療と向き合うことが多くなってきた。本書に掲載されている意識調査の結果によれば,国民の8割以上の人が興味を持っているが,70歳以上の人は関心が低下している。実際に治療を受けている,もしくは体調のすぐれない人達に語りかけ,医療の質を議論する土壌が必要となる。
 末期医療に関する書籍は数多く発行されているが,本書が類書と異なる点は,意識調査の結果を詳細に掲載していること,患者のみならず,家族へのケア,サポートのあり方を提言していること,諸外国との比較を通じたホスピスや緩和ケア病棟の現状を分析している点などである。医療のあり方を議論し,さまざまな立場の識者が今後を展望していることから,医療関係者,ソーシャルワーカーをはじめ,一般の人にも一読を勧めたい。また,医の倫理,インフォームドコンセントなど,幅広い視点を含み,法学部の学生,医療関係学部の学生の必読書。盛り沢山の内容をこれだけの廉価で接することができるのは有り難い。
 本書は3部構成で,意識調査,検討会委員による寄稿,資料編から成っている。意識調査の項目では,前回の1993年に実施した調査結果との比較を行い,末期医療への関心,告知,治療の決定権,延命医療の希望と療養場所,リビング・ウィルの意識,医師,看護職員における末期医療の悩みと疑問点,疼痛管理の知識,末期医療の課題などを質問している。関心は高いものの,いまだに暗中模索状態,といった感が強い。なお,調査分析は100ページを超える。第2部はホスピス,ターミナルケアの課題,家族のサポート体制構築に向けた提案を示す。ホスピスの原義が暖かいもてなしであり,患者の人権を尊重した医療行為について考察する。資料編では患者数の推移,各種指針,法令などを掲載。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

医学全般 ランキング

医学全般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む