サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ライオンと魔女 新版(岩波少年文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 141件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/275p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114034-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ライオンと魔女 新版 (岩波少年文庫 ナルニア国ものがたり)

著者 C.S.ルイス (作),瀬田 貞二 (訳)

地方の古い屋敷にやってきた4人きょうだいが、ある日大きな衣裳だんすに入ると、そこは雪の降りつもる別世界、ナルニア国だった。ナルニア国ものがたりシリーズ第1作。1985年刊...

もっと見る

ライオンと魔女 新版 (岩波少年文庫 ナルニア国ものがたり)

734(税込)

ライオンと魔女

734 (税込)

ライオンと魔女

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ジュンク堂書店千日前店

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ライオンと魔女 新版」が含まれるセット商品

商品説明

地方の古い屋敷にやってきた4人きょうだいが、ある日大きな衣裳だんすに入ると、そこは雪の降りつもる別世界、ナルニア国だった。ナルニア国ものがたりシリーズ第1作。1985年刊の新版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

C.S.ルイス

略歴
〈C.S.ルイス〉1898〜1963年。北アイルランド生まれ。ケンブリッジ大学で中世・ルネッサンス英文学の主任教授を務める。著書に「愛とアレゴリー」「悪魔の手紙」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店明石店

映画第2弾も公開され...

ジュンク堂書店明石店さん

映画第2弾も公開された名作シリーズの1作目。衣装だんすの中は不思議なナルニア国へと続いていました。迷いこんだ4人兄弟がナルニア国を永遠の冬にした白い魔女を倒すため、偉大なライオン「アスラン」とともに戦います。読書感想文にもおすすめのファンタジー小説です。

みんなのレビュー141件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

印象的な衣装だんすの導入部

2005/09/15 12:30

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミムラ・エ・ミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化決定で話題になったことなどもあって、久しぶりに手に取ってみた。子どものころに読んで以来である。当時は、家の洋服だんすや、押し入れの奥を、本気で確かめたほど夢中になったのに、なんと、それ以外の内容は、すっかり忘れていた。主人公が四人の兄弟姉妹だったことも、題名のライオンや魔女がどういうキャラクターなのかも、結末さえも、てんで覚えていなかった。読んでいるうちに思い出すだろうと思っていたのに、まったく思い出さず、われながら、あきれたが、その代わり、初めて読むように楽しめたので、得したわけである。
主人公が兄弟姉妹で、しかもその中にやや悪役に近い子がいるという設定は、割と珍しいのではないだろうか。兄弟間の争いが緊張を生み、意外な人間くささも感じさせる。また主人公に女の子二人が含まれているせいか、おかみさん風のキャラクターも活躍するせいか、『ホビットの冒険』や『指輪物語』より、身近で親しみやすくも感じられた。
やはりあの衣装だんすの導入部は、不滅の設定なのだろう。わたしの場合、あの印象があまりに強くて、ほかのことが頭から飛んでいってしまったようだ。今でも、洋服だんすに首を突っ込むと、ふと心躍ることがある。いつまでも夢を届けてくれるファンタジーだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冒険の旅に、いざ出発!

2012/05/19 09:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

さあ、子どもたちよ! 冒険の旅に、いざ出発するぞ!
 マンガ本はしばらく閉じて。
 何故だって、これから君たちが主人公の顔や姿や風景や動物たちを描くのだから。
 ゲーム機は少しの間捨ておいて。
 何故だって。ここにはゲーム以上の手に汗握る冒険が、手ごわい敵が待っているのだから。
 さあ、子どもたちよ! ナルニア国へ、いざ出発だ!

 この『ライオンと魔女』が物語の始まり。冒険のはじまり。
 古いお屋敷の中にひっそり置かれた衣装だんすの暗闇の向こうが、目指すナルニア国。見つけたのは四人きょうだいの末っ子の女の子ルーシィ。
 子どもの頃ってどうしてあんなに暗くて狭い世界が好きなんだろう。
 押入れはお母さんに叱られた時にいれられたものだが、けっして嫌ではなかった。
 最初は目の前の数センチも見えないのに、目がなれてくると、何だろう、なんでもいそうな気配に満ちていた。 机の引き出しはほとんどガラクタばかりなのに、いつもとんでもない宝物にあふれていた。
 大人になったらそういうことみんな忘れてしまうけど、何故か子どもにも暗闇の中の光を見えるのだろう。そして、その小さな光は、新しいものを生み出す。
 そう、誕生。

 C.S.ルイスの名作『ナルニア国ものがたり』全7巻の物語はこうして読む者を自然とファンタジーの世界に連れて行ってくれる。
 勇敢な兄ピーター、賢い姉スーザン、少しわがままな弟エドマンド、そしてやさしい末っ子ルーシィ、とともに。
 彼らがまぎれこんだ世界は今や白い魔女が支配する冬の国。それなのにクリスマスもない国。
 かつての緑あふれる世界を取り戻すために、彼ら四人のきょうだいがやってきたのだ。いいや、もしかすると、五人かも。
 そう、五人めは、読み手である私。もしくは、あなた。

 でも、きょうだい達だけでは白い魔女は退治できない。
 もちろん、ゲームでよくでてくるようなとっておきの武器も出てくるし、彼らを助ける勇敢なライオン、アスランも登場する。
 アスランがどれだけ勇敢かは、あるいは真の勇敢とはどういうことかは、読んでのお楽しみ。
 今はきょうだいたちとともに、白い魔女たちと戦うぞ。
 読み手はあっちへいったりこっちへいったり。でも、声援は忘れない。

 子どもたちを夢中にさせる物語は、でも、これがはじまり。
 さらなる冒険は、まだまだこれから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供の心を忘れない大人と子供向け

2002/03/18 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルルド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは、小さい時に夢中になって読んだ本。普通の子供達が衣装ダンスからナルニアという不思議な国へ…。自分のナルニアに行けないかなぁ、と自宅の衣装ダンスによく隠れて遊んだりした思い出もあり、とても印象に残っている名作。
 フォーンや喋る動物など登場して楽しいが、エドモンドが意地悪な子だったのに、ナルニアでの失敗から優しい子に改心する部分も何か心にジーンとくるものがあり、たくさんの人にナルニアを旅していただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしい友人たち

2001/08/23 02:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 衣装ダンスの中から雪の降る森へ…というモチーフだけは誰でも一度は耳にしたことがあるのではないかというほどの世界的な名作。挿絵も今ではなくてはならないものと感じられます。大人になってから読むと、作者の「親愛なるルーシィへ」という序文を読むだけで胸が痛くなってしまいます。また、こういう異世界ものがたりの中では話の展開が早いのがこの作品の何より嬉しいところ。ピーター、エドマンド、ルーシィ、スーザンという児童文学としては多すぎる4人の主人公たちも、性格の描きわけがきちんとしているためにかえってものがたり世界に厚味を加えてくれています。

 私はルーシィたちと同じくアスランに深く魅了されてしまったため、アスランと女の子たちの仲睦まじい様子がどうも恋愛関係のように思えてならず、妙にうらやましかった覚えもありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衣装だんすを抜けて子供時代に戻る旅

2002/04/08 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かけだし読書レビュアー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 指輪物語やゲド戦記と並ぶ老舗的存在のファンタジー。物語の方はピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィの四人きょうだいが疎開先にある屋敷の衣装ダンスから、不思議なナルニア国へと迷い込む話。そこは白い魔女によって支配された春の来ない冬の世界。

 最近のファンタジーを読み慣れた人には少し物足りない部分もあるかもしれないが、逆に素朴でシンプルな物語を読みたい時に最適。特に「ホビットの冒険」や「指輪物語」でもお馴染みの瀬田貞二氏の気品とユーモアに満ちた翻訳が心地良い。読後、ホットミルクを飲みたくなるような作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ナルニア国ものがたり第1章

2015/09/13 04:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ナルニア国ものがたりの一番最初のお話です。一番最初のお話なのでコレから読むのは正しいとは思いますが、ナルニア国の歴史の順序としては最初ではないらしいことが書いてあります。内容は映画とほぼ同じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最低2巻までは読んで!

2002/04/14 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Leon - この投稿者のレビュー一覧を見る

 トールキンの「指輪物語」、ル・グゥインの「ゲド戦記」と並び、“三大ファンタジー”として評価されているようですが、前述2作はかなり以前に読み、その後も何度となく再読しているのに比べ、ナルニアは今になって初めて手に取りました。

 疎開中の4人の子供が主人公で、古い館の一室にある衣装ダンスから別世界「ナルニア」へと旅立つという冒頭はエブリデイ・マジックの典型的な導入。白い魔女による恐怖の支配を受けているナルニア国に乗り込んだ4人の子供達が、真のナルニアの王であるアスランを助け、平和をもたらします。

 タイトルのライオンとは真の王アスランのことで、何の比喩でもなく少し大きめですが、ライオンそのものの姿をしています。アスランに限らず、子供達以外の登場人物は妖精や動物で、皆対等で民主的な関係。フォーンがお茶を勧め、ビーバーがミシンを操り、ライオンが叙爵を行ったりするのです。逆に、オオカミが理由付けも無く悪者だったり、他の野生動物達が文化的な生活をしているのに、トナカイは家畜扱いで鹿は狩猟の対象だったりするのはチョット納得出来ないと感じるでしょう。

 実は、ルイス自信本作を著した時点ではシリーズ化する意図がなかったらしく、後の巻きでこのような矛盾を調整しています。しかし、まだナルニア国の入り口に立ったに過ぎないわけですから、今後の展開に期待して頂きたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供の心の葛藤

2002/06/06 15:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔女がナルニアを永遠の冬にしてしまう。ピーター・エドモンド・ルーシィー・スーザンの四人の子供達がタンスを通り、ナルニアへ行き、アスランとともに戦う。エドモンドが魔女に騙され、利用されてしまう。
エドモンドを中心に、子供達の心の葛藤が描かれている。少々、説教くさいところはあるが、なかなか面白く読めた。
きっと、子供の頃なら説教くさいなどとは思わずに読めたのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/12 14:55

投稿元:ブクログ

正統派(?)ファンタジー。いかにもキリスト教国っぽいお話。
最後のオチがなかなかブラック。
子供の頃に読んだときに「ああ自分は大人になりたくないなあ・・・」なんて思えた、そんなステキな作品。大人は大人で楽しんだけどね。
(1〜5)

2004/10/03 04:21

投稿元:ブクログ

小さい頃大好きだった永遠のファンタジー
高校にはいってから英語の授業で読んだ時 懐かしさで胸がいっぱいになりました
大学にはいったら 今度は文学の授業でまた出会い
指輪物語なんかしのいで わたしのなかの一番のファンタジー

2006/02/26 18:41

投稿元:ブクログ

4人のきょうだいが,ある日大きな衣装だんすに入ると,雪のふりつもる別世界へとつづいていました.このナルニア国で,子どもたちは正義のライオンとともに悪い魔女の軍と戦います.

【感想】
http://blog.livedoor.jp/nahomaru/archives/50416812.html

2005/12/14 01:07

投稿元:ブクログ

クローゼットの奥にあるナルニアの国。そこでの冒険にどきどきします。
読みながら景色が目の前に浮ぶかのよう。

2004/10/20 02:24

投稿元:ブクログ

箪笥を抜けると別世界に続くというコンセプトにあこがれていたものです。このシリーズが好きだったので、その後Harry Potterシリーズにはまったのだと思います。

2005/06/05 00:36

投稿元:ブクログ

小さい時に読んでから大好き!特にこの本では子供たちが洋服ダンスから別の国に行ってしまうところがよくて、自分でも試してみた懐かしい思い出が…。

2005/06/14 17:14

投稿元:ブクログ

実写映画化されるというので読んでみました。
凄く面白かった!
訳も分かりやすいし、話に引き込まれてしまいます。
どこかのタンスは、実際にナルニア国につながってるんじゃ、と思えるくらいです。

映画化という事で新装版も出てるそうです。
私が読んだのは古ーい版です。
そのせいで放送禁止用語が色々出てきます・・・。
子供さんに読ませるなら新しい版が良いですよ(汗)

後、作者がキリスト教の学者という事で、聖書っぽい話も多々出てきます。
その点に気付きながら読むのも、全く気にせず読むのも、どっちも楽しいと思います。

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む