サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 女性向けコミックの通販
  5. トルコで私も考えた(ヤングユーコミックスワイド版) 4巻セットの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トルコで私も考えた(ヤングユーコミックスワイド版) 4巻セット
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日不明
  • 出版社: 集英社
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料

紙の本

トルコで私も考えた(ヤングユーコミックスワイド版) 4巻セット

著者 高橋由佳利 著

トルコで私も考えた(ヤングユーコミックスワイド版) 4巻セット

税込 3,702 34pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

トルコもおいしい

2002/05/27 17:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみひこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は、絵に描いた餅が好きである。現実にはなかなか食べられない食物を想像するのが好きなのだ。このマンガに描かれているのは、トルコの普通の人々の生活だ。だが、トルコの普通と日本の普通との違いがあまりに凄くて愕然とする。しょっぱいヨーグルトドリンクや、ピラウというご飯料理があるのに必ずパンを食べるという食習慣、レストランの食事は「まずく」家庭料理こそ一番「おいしい」と言う日本とは逆さまな考え方の不思議さに驚く。そして、迫力なのが年に一度の祭日「生け贄の日」クルバン・バイラムだ。その日の為に、生きた牛やら羊やらを前日までに買い付け一晩生かして置いて、当日一族でそれを贄にし解体し、みんなでその肉を分け合い料理して食べる。スーパーのパック肉しか買わない身にとっては、「肉」の観念が違ってしまう。正に、エキゾティズムの極致だ。と、同時に、食べる寸前まで生け簀に魚を飼っておく日本人と、信仰はさておき、たいして違いのない行動のようにも思えてくる。
 この漫画は、別に食べ物のことだけを書いているのではない。言葉や文法の面白さやら、生活習慣やトルコ人の気質についての楽しい話が満載だ。バザールでの買い物で始まる第2巻も、占い、子育て、トルコの住宅事情など、目を見張る話ばかりだ。
 実は今、トルコ料理を食べに行きたい気持ちで一杯なのだが、これを読んだおかげで、トルコ料理には私にとって大の苦手の「ヨーグルト」が付き物と知って二の足を踏んでいる。でも、まあ、いつか本当にトルコに行く日が来るまで、私はこのマンガの中の食べ物で満足していよう。それが出来るほど、このマンガは、おいしいのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そしてトルコにいってしまった

2002/06/03 01:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:柿右衛門 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これを読んで、トルコに行きたい!!と思った人は多いことだろう。かくいう私もその一人で、まんまとトルコに行ってしまった。

高橋さんが書いているトルコはまさにその通りである。
熱く、優しい人々。
おいしい食べ物。
日本の方言とも似ているトルコ語。

この本を読むだけで十分トルコにいった気にさせられる。
またトルコに興味がない人でも十分楽しめる。
そして読み終わった暁には、すっかりトルコに魅了されていだろう。

トルコにいきたい人、行ったことがある人。
ケバブが好きな人、ヨーグルトが好きな人。
ぜひ読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女性コミック ランキング

女性コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。