サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/6

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. マンガ文庫の通販
  5. 白泉社の通販
  6. 白泉社文庫の通販
  7. ぼくの地球を守って(白泉社文庫) 12巻セットの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日不明:1997.11
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: 白泉社文庫
  • 利用対象:一般
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ぼくの地球を守って(白泉社文庫) 12巻セット

著者 日渡 早紀 (著)

ぼくの地球を守って(白泉社文庫) 12巻セット

税込 8,267 75pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店新宿店

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少女マンガを代表する作品。

2004/03/27 19:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナナコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は少女まんがを代表する作品ではないでしょうか。。少女まんがには珍しい(最近は珍しくもないのかも…)SFもの。でもそれだけではなく、恋愛要素も含まれています。私が僕地球に出会ったのは小学生の時(現在高3)。夏休みにBS-2でアニメで見たのがきっかけです。当時、幼かった私は話の内容がちんぷんかんぷんで途中でアニメを見るのをやめてしまいました。それからも、結構気にはなっていたのですがなかなか手が出ませんでした。長編って事もあったので。それが、本当につい一週間前にふと僕地球のことを思い出してbk1で検索してみたら…なんと! 文庫版で出ているではないか!!><; とりあえず3冊買いました。届いた日に一気に読破しました。笑 素晴らしいの一言。人物の個々の心理描写などお見事なり…笑 そしてその日のうちに残りの9冊を買いに本屋へGO! 帰ってきて読む前に、7年半も連載したのだから、途中の多少の乱れはあるだろぅ…と安易な考えを持っていた…そんな私がバカだった!! そんなことはない、きっちりと書き上げられている!! 月と地球を舞台にした壮大なストーリー、絶妙な心理描写…。読み終えたあとのなんともいえない感覚。思わず鳥肌がたってしまいました。多分、嫌いな人はほんとこの深いストーリーにはついていけないと思います。好きな人はとことんはまります。私はお嫁に行くときも持っていこうとしています!笑 とりあえず…という気持ちで読み出すとハマル!というのが多いみたいなので、あまり犬猿せずに『とりあえず…読んでみようかなぁ。』という感じでご覧ください^^ この書評が、あなたの役に立ちますように…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

失われた世界の物語

2002/05/11 20:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tama - この投稿者のレビュー一覧を見る

輪廻転生がテーマのファンタジーで、前世と現世がクロスしあい、最初はついていくのに必死だったが、前世での記憶を、転生した仲間たちがそれぞれつきあわせて、自分たちのカルマを知っていく過程がおもしろい。
最初は、その前世に縛られて、現世でどう生きていけばいいのかわからない主人公たちが過去を知り、理解し、そしていま生きている現世で大切な人たちを得ることで、これからどう生きていけばいいか、という道を、それぞれが見い出していく。
単なるファンタジーではなく、すぐれた青春物語だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごいです!

2001/12/22 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:keing - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ストーリーがすごい。すっかり入り込んでしまいます。前世での過ち、憎しみ、恋愛にしばられてしまう主人公達。前世を知るがゆえに現世で苦悩していく。ストーリーには退屈しません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男女7人宇宙物語です

2001/09/02 11:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スピッツ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とても不思議な輪廻転生のお話なんですが、登場人物それぞれの心の動き(現世・前世とも)が丁寧に描かれていてどの人物にも感情移入できてしまいます。作者が言っていたように最初は現世前世入り乱れてすごくややこしいですが、読み出すともう絶対止まりませんよ! 過去を振り返らずに今の人生を大事に生きていこうと思わせてくれる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前世の記憶の中に…

2001/06/14 03:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maroni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とにかく魅力的としか言いようがない。前世の記憶から仲間が集まっていく。不思議な超能力と霞がかった記憶から謎を解き明かす。
 現代と前世とちゃんと筋の通ったストーリーはすっかり入り込んでしまい、浮遊感がすっごく楽しめる。21巻と超大作ですが、一気に読んでしまいたいと徹夜しました(笑)
 徹底的にのめりこんでほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛が二人を繋ぐまで

2017/09/30 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

後半、ようやく木蓮と紫苑が手を取り合う場面には泣いてしまった。お互い 自分への気持ちは愛ではないと思い込んでいた二人の心が繋がった瞬間を見届けられて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

唯一無二の愛を突き進む

2001/07/18 11:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くもざる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 違う星の7人の男女が地球で生まれ変わり、再会することから始まり出すストーリー。劇的、ドラマティック、スリル満点という言うことなしだ。しかし、7人の生まれ変わりやの背景や、入り組んだストーリー展開など見どころは山ほどあるが、一番魅かれるのは「輪くん」。それに尽きる。主人公の輪くん(小2)の冷酷さ、誠実さが良いのだ! もう一人の主人公(こっちの方が本当の主人公だ)ありすとの純愛にも非常にあこがれた。自分にも「唯一無二」と呼べる存在が欲しいと切実に願った。

 これを読んだのはまだ中学生くらいの時だったが、今でも夜中などに急に読みたくなって読み返すことがある。一度読んだら次に次にと読みたくなるので、結局21巻全て読破してしまう。マンガを読むのは好きだが、家にマンガ本を殆どおかない私にとって、特別な存在なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

結末には拍子抜け・・・だけど途中までは面白い

2001/10/04 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前世での記憶を楽しんでいたものの、次第に現世でも前世に縛られていってしまう主人公達。時代が巧みに行き来し、絡み合った愛憎が描かれる。結末には拍子抜けしてしまったが、そこに行き着くまでの過程は緊張感があり面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。