サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日不明:1986/06/10
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • 利用対象:一般
文庫

紙の本

ポーの一族(小学館文庫) 3巻セット

著者 萩尾 望都 (著)

ポーの一族(小学館文庫) 3巻セット

税込 1,834 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ポーの世界

2006/11/12 15:24

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:秋桜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『ポーの一族』はエドガーというバンパネラ(バンパイアの造語)が永遠の少年のままで時を駆ける物語です。どこか黒魔術的なものを感じながら読み進んでいくと、まるで外国の詩の世界を絵にしたような透明な美しさにぐいぐいと魅せられてしまいました。
 そして、この物語で生きる者たちは現実の人のように《生きる故の孤独なさみしさ》を抱えています。そのために人との心の琴線に触れるとふいに悲しい音色を流し、過去へと思いを馳せるのです。
 登場人物にはエドガーの妹メリーベル、この2人の義理の親、そして少年アランなど多彩で物語を引き立たせる魅力的な愛すべきものばかりです。一度読めば、血を糧にして薔薇を枯らすこの霧につつまれたバンパネラの世界を愛するようになるのはうけあいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロマンティシズムの極み!

2002/06/19 18:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:homamiya - この投稿者のレビュー一覧を見る

不老不死で、人の血や薔薇の花から生気を吸い取って生きるヴァンパイア、「ポー」と呼ばれる一族。人目を避けて、人々の時の流れから置いていかれる孤独感を抱えて、一族の1人である少年・エドガーは生きてゆく。ちょっと昔のヨーロッパを舞台に、エドガーや彼が出会う人々とのドラマが透明感あふれる細い線で描かれている。
ポーは遺伝で増えるのではなく、普通の人間が、ポーに血を吸われ、かつ、ポーの血を与えられた時に、その人間もポーとなる。
エドガーは幼少時、育て親がポーである秘密を知ってしまい、その秘密を守らせられるために、エドガー自身もポーにされてしまう。普通、ポーとなるのは成人してから。成長しない事がバレやすいため。少年のままポーとなり、時を止められてしまった彼は、ひとところに長くはいられない。成長しない「少年」ゆえに、時の流れに置き去りにされる孤独感は人一倍強い。
エドガーが誰かを愛しても、成長しない彼は置いていかれてしまう。置いていかれない為には、その者もポーにするしかない。それは、その者に、自分と同じ孤独感を与える行為に他ならない。
エドガーは作品中で決して多くは語らない。むしろ無口な方である。が、エドガーの哀しみは切々と心にしみてくる。

…などと思ったのは大人になって読んでからで、子供の頃に母の本棚にあるこの作品を読んだ時には、美しい人々が綺麗な舞台で、何だか美々しくてロマンチックな事をやってる、薔薇を育てて生きるヴァンパイア?? わーすてきー、くらいにしか思わなかった気がする。
全体的に、詩的で美しい雰囲気の作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しすぎる儚い永遠

2017/08/29 15:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ai - この投稿者のレビュー一覧を見る

永遠とひきかえに、何を差し出せるでしょうか?
あまりにも美しくも儚い、幻想物語です。
恐ろしい存在であるはずの、彼らが。
かくも儚く、そして哀しく美しい。
永遠って、なんだろう?そう、改めて考えさせられます。
この作品こそも、永遠に読み継がれていく価値のある作品です。
私は、子供の頃初めて読んだのですが。今の私は、すっかり大人になってしまい。
読み手は年をとっていくのに、彼らはいつまでも年を取らずに。
作品の中の、彼らと時間を共にした人たちの戸惑いが。そのまま、伝わってきます。
彼らと共に、時を超えて行く?いいえ、私は永遠の時間を、望みません。
でも、想いだけは永遠に。共に、いつまでも共に・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しく悲しいファンタジー

2002/02/12 12:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 永遠に歳をとらないバンパネラ(バンパイア)の二人の少年の姿を描いた、といっても血なまぐさいオドロオドロしいものではなく、とても美しく悲しいファンタジー。
 誰もがうらやむであろう不老不死(弱点はあるが)の裏にある、いつまでも生き続けねばならない寂しさ、一ヶ所に留まっていることのできない孤独感などを感じて、はじめて読んだときには子供ながらにとても切なくなりました。友達になりたくて、いつか二人の少年エドガーとアランが迎えにきてくれないものかと期待していました。大人になって読み返してみても、物語の美しさ瑞々しさは変わっていませんでした。こちらが歳を重ねてしまったぶん、余計に二人が美しく輝いて見えました。これから先も、この二人はずっと輝きつづけるんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ポーの一族

2002/07/11 16:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:京太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の最高作に挙げる人も多い、萩尾望都の代表作。呪われた吸血鬼の一族をめぐって繰り広げられる、美しくも儚い物語。確か30年以上前に発表された作品ですが、いま読んでもまったく古びれていません。断章のようなエピソードがひとつひとつ語られていくという手法で、物語は展開していきます。そういった、謎が解明されていくという物語の面白さももちろんあるのですが、それ以上に、登場人物たちがみな魅力的に描かれています。モロに少女漫画の絵なので、苦手な人もいるかもしれませんが、ハマる人はとことんハマるでしょう。ちなみに、ミステリー作家の森博嗣氏が、萩尾先生の大ファンだそうです。森さんの小説が好きな人には、合うかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵は

2002/03/11 12:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れんげ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今の様々な少女漫画に比べて驚くほど内容が濃い。
 もちろん絵に関しては今から何十年も前に描かれたものなので、古臭い感じはするがそれでも読む価値はあると思う。
 出来れば今の絵でこれくらいの内容のある漫画が出てくれば良いのにと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もっと早く読んでおきたかった!

2001/10/23 00:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 雑誌の掲載順で収録されていない為に、謎が徐々に解き明かされる仕組みになっている。初めて『ローマの休日』を見た時も思ったが、本書を初めて読んだはずなのに、なぜか話の内容を知っていた。様々なところで本書に影響を受けた作家が本書のエッセンスを使っていたらしい。やっと原作(と言ったらおかしいか?)が読めてうれしいが、やはり連載時にリアルに読めていたらもっと面白かっただろう。そう思うと残念だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。