サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

奇子 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1989
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-108797-2
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

奇子 1 (手塚治虫漫画全集)

著者 手塚 治虫 (著)

奇子 1 (手塚治虫漫画全集)

608(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「奇子 1」が含まれるセット商品

奇子(あやこ)(手塚治虫漫画全集) 3巻セット

奇子(あやこ)(手塚治虫漫画全集) 3巻セット

  • 手塚 治虫
  • 税込価格:1,84617pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/28 21:50

投稿元:ブクログ

終戦から5年。淀山の大地主天外(てんげ)家の二男仁朗は戦地で通じたGHQの高官から、ある仕事を受ける。
それはある人物の死体を線路に置き、轢死と見せかける仕事だったのだが……。
戦後の混乱期に起きた国鉄総裁が轢死した下山事件などを題材に、田舎の大地主の血族が没落していく中で、土蔵の中に閉じ込められたまま成長した奇子の人生を描く怪作。

2006/09/10 05:03

投稿元:ブクログ

売れすぎて困る。
そしてなかなか手に入りません。
馬場店に来てもし在庫があれば即買いをオススメします。

2008/04/24 09:19

投稿元:ブクログ

霜川事件、三鷹事件、松川事件をうまく織り交ぜつつ、戦後史の裏面を鮮やかに綴った手塚治虫の裏代表作のひとつ。どこまでもどこまでも暗い話に関わらず読者をまったく離さないのは、確実に漫画の神様・手塚治虫の力の成せる技です。文庫本に収録されている橋本治の解説「少年だった大人はグロテスクを獲得することが出来るか?」も必見(『奇子』に触れられているのはごく一部ですが)。

2012/10/28 03:52

投稿元:ブクログ

こんなに後味が悪いマンガはないです。
一番悪かったのは生き残ったお母さんだと思う。
大学のレポートの題材にできたくらい内容の濃い話でした。

2009/10/25 21:16

投稿元:ブクログ

恐ろしく美しくおとろしく不幸な奇子の話。


漫画でここまでのクオリティをだせるのは手塚さんだけではないでしょうか

2011/06/27 10:03

投稿元:ブクログ

終戦直後から始まる天外一家のお話。
またこの一家がものすごい問題多いのだわ。
一家を主体として多岐にわたる人間模様がスゴイ!!
果たして奇子の運命はいかに・・・

2010/02/12 04:55

投稿元:ブクログ

日本は昔こんなだった…こんな暗い風習や差別が、もしかしたら今も田舎の田舎には残っているかもしれない。いや、まことしやかに行われているに違いない。人とは、時代とは、とても恐ろしいものだ。

2010/04/06 03:21

投稿元:ブクログ

手塚治虫大して読んだことないくせにこれは読みました。
最後の方の奇子がとても良い表情です。めろめろ

2012/01/09 22:51

投稿元:ブクログ

近親相姦とか戦後とか好き。
手塚治虫はやっぱり滅茶苦茶絵、というより表現が巧いなあと思った。
あと、どう見ても検閲的なので台詞変更されてるのがあると感じた。言葉狩り大嫌い。

2010/06/22 21:08

投稿元:ブクログ

晩年(?)の手塚治虫の作品は考えさせられるものが非常に多い。
もともと「命」とか「生命」とかをテーマに描いているが、
これはすごく考えさせられたし、すごく怖かった印象がある。

2011/10/16 11:52

投稿元:ブクログ

人生初の手塚作品がこの本。
戦後間もない日本の旧家を舞台に描かれているが、この戦後間もない時代というのがフィクションみたいな。私はそう感じてしまう。

あと、「奇子萌え」なんて言ってはいけない…!

2010/06/29 23:05

投稿元:ブクログ

これは凄くいいね。

田舎で生まれ育った身としては、こういう地方社会の闇みたいのを(今思えば)垣間みてたので、リアル。

小学校の同級生に被差別部落出身の子とかいたわぁ

2013/12/25 23:50

投稿元:ブクログ

手塚作品の中には「白」と「黒」がある。
児童向けはまぎれもなく白だが、
この作品は真っ黒で、ここまで人の業をいやしく描けるものかと
唸ってしまう。背けたくなるような理不尽な展開も多く
胸が苦しくなる。誰もが不幸であるが、
一番不幸なのは心が少女のまま成長を遂げた
箱入り(本当の箱入り)娘の奇子であることは
間違いない。

2011/05/09 18:03

投稿元:ブクログ

「キコ」って読んじゃうよね、アヤコです。あったのかなーっていう昭和初期らへんの陰惨な一族模様、人生に翻弄されるアヤちゃん。横溝作品でもそうだが、人間てこんなドロドロ感が嫌いではない。ドキッとさせられる世界観に引き寄せられ、不幸なアヤちゃんにちょっぴり恋をした。嗚呼っ。

2012/03/05 13:58

投稿元:ブクログ

手塚治虫の描く女ってこんなに色っぽかったのか
奇妙な人間関係の連鎖で一族が潰れる様が綺麗に描かれていたと思う
ラストの洞窟で奇子だけが生き残ったってのも皮肉が効いててすごくいいオチだし、最後のお母さんのセリフも虚しさを一層引き立てていた
もっと長編になる予定だったらしいが綺麗に終わったなと思った

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む