サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1994/12/14
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-192021-7
文庫

紙の本

ねじ式 (小学館文庫)

著者 つげ 義春 (著)

伝説の漫画家・つげ義春の足跡を、一冊に濃縮した短篇集 ▼第1話/ねじ式▼第2話/沼▼第3話/チーコ▼第4話/初茸がり▼第5話/山椒魚▼第6話/峠の犬▼第7話/噂の武士▼...

もっと見る

ねじ式 (小学館文庫)

税込 639 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

伝説の漫画家・つげ義春の足跡を、一冊に濃縮した短篇集

▼第1話/ねじ式▼第2話/沼▼第3話/チーコ▼第4話/初茸がり▼第5話/山椒魚▼第6話/峠の犬▼第7話/噂の武士▼第8話/オンドル小屋▼第9話/ゲンセンカン主人▼第10話/長八の宿▼第11話/大場電気鍍金工業所▼第12話/ヨシボーの犯罪▼第13話/少年▼第14話/ある無名作家 ●あらすじ/1間の狭苦しいアパートに住む夫婦。売れない漫画家の夫を、ホステスをする妻が養っている。その妻がある日、夫に向かって「文鳥が飼いたい」と言い出した。夫は渋るが、お金まで用意していた妻に押され、彼らは連れだって文鳥を買いに行く。いつしか「チーコ」と名付けられたその文鳥は、しだいに夫にも可愛がられるようになっていた。そんなある日、夫は遊んでいる最中に、誤ってチーコを床にたたき付け、死なせてしまう(第3話)。▼温泉にやってきた武士・平田は、泊まった宿で相部屋を言い渡される。部屋に入ってきた男は異相の持ち主であり、かつ何気ない動作にもすきがなく、平田の目にはいっぱしの武芸者と映った。その後も平田は彼の振る舞いを観察し続け、確信をもって「彼は宮本武蔵である」と宿の主人に告げる。主人がそのことを触れ回った結果、宿にはたちまち近所から客が押し寄せ、超満員となったのだが…(第7話)。▼漫画家をしている安井のもとに、かつてアシスタントをしていたときの同僚・奥田が訪ねてきた。彼はアシスタントの仕事では自己表現ができないと考え、安井と入れ違いのように辞めてしまっていたのだ。しかしその後もつきあいは細々と続き、その間に奥田はバーテンを経由して、挙句にトルコ嬢のひもに成り下がっていた(第14話)。 ●その他DATA/解説・佐野史郎【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー65件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ねじを巻くように

2008/10/01 12:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:helmet-books - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごすぎた

画風は水木しげるのような感じが
メインであったが、

ふと、昔のウメズかずお
見たいな劇画風なモノもでてきた

それだけでなく、短編短編ごとに
画風がコロコロとかわるもんだから、

僕のほうもコロコロと物語にひき込まれた

表題作の「ねじ式」は
気持ち悪さや、人間のつっぱねた冷たさなんかが
やけに淡々としてて怖かった

寝苦しい夜に、目覚めの悪くさせる嫌な夢をみたきがした


人間の非情な部分
人生の不条理な部分
日常の淡々さ

それを乗り越えて
やっとのことで生きてる遠い目をした人間は
達観した受刑者のようでホラーだった


helmet-books

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この不可解さ

2002/03/08 18:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんだ、この不可解なマンガは! いや、もちろんちゃんと筋の通ったマンガも収録作作の中にはあり、どれも味わい深い、いいマンガです。しかし表題作の「ねじ式」(「ゲンセンカン主人」もね)ときたら! 

 絵も独特で異様なら、ストーリー展開も異様、そんなだから先はまったく読めません。「スゴイ」「傑作」、いろいろと評判を聞いて読んでみたんですが、私には理解不能でした。きっともう読み返そうって気もおきないだろうな、と思っていたんですが、気になって読み返してみる。でもやっぱり理解不能。それでもやっぱり気になってまた読み返す。わかんない。こんなことを繰り返しているうちに気付きました。これって、わからないなりに、つげ義春にハマッているのでは? きっとこれは、「なるほど」などと納得してはいけないマンガなのでは? わかろうとして何度も読み返しているうち、クセのある絵を何度も見ているうちに、不可解で不条理でわけわかんない世界に首までドップリと浸かってしまっていたのでは? そして、一度つかまったら最後、アリ地獄のようにもがいてももがいても抜け出れなくなってしまいます。恐るべし、つげ義春!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不条理コミックの先駆け

2020/01/06 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

メメクラゲに左腕を噛まれる、オープニングに痺れました。迷い込んでいく不条理な世界を、いつしか心地よく感じてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんともいえない魅力

2016/04/21 15:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JM - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとも表現のできない魅力を感じる本でした。
とりたてて興奮することもないのですが、庶民の暮らしに密着していて、
その中にそこはかとない恐怖があったり。好き嫌いはあるかもしれませんが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラストの絵が目に焼きつくのがいいマンガだな

2001/09/28 23:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作『ねじ式』他『沼』『チーコ』『初茸がり』『山椒魚』などを含む全15編の作品集。
 今回も笑いというよりかは、不思議な余韻に引きずられた。ストーリーだけを拾って小説にしたならば何が何やらわからないものが、絵があるとしっかりと一つの作品になることに感心してしまう。
 『ねじ式』は、ホラー、ファンタジー、エロスが混ざり合ったような作品で、「急げ!急げ!」とはやる気持ちがこちらにも伝わってくるし、突然銀河鉄道のようなSLが現れてそれが民家の間をゴッゴゴゴーと走ったりしてしまう。腕に大怪我をした男を手術するのは婦人科の女医さんで、なぜか全裸で悪戦苦闘の末に手術を終えるが、男の腕には大きなネジが取り付けられる。ねじを締めると血液の流れが止まってしまうから締めたらいけないと言う女医さんに、「だったらねじなんて付けなければいいじゃない。」とつっこみを入れてしまいそうになるが、このねじ式が結局はカギだったようだ。男は「そういうわけでこのねじを締めるとぼくの左腕はしびれるようになったのです。」と説明する。どうしても必要なものを手に入れることができたようだ。
 つげさんの表現力はすごいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/16 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/18 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/13 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/20 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/24 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/04 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/17 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/19 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/26 05:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。