サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三国志 52 (希望コミックス)(希望コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990
  • 出版社: 潮出版社
  • レーベル: 希望コミックス
  • サイズ:18cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-267-90152-X
コミック

紙の本

三国志 52 街亭の戦い (希望コミックス)

著者 横山 光輝 (著)

三国志 52 街亭の戦い (希望コミックス)

税込 461 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

孔明対仲達の全面対決第一段!

2001/10/02 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱお♪ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 諸葛亮孔明の漢室復興を賭けた北伐戦。ついに、敵国魏は司馬懿を大都督として登板させた。孔明が唯一怖れた仲達の復帰で、戦況は一変。
 孔明は、仲達が街亭を狙うと読んで、万全の手を打つが、街亭の守備総大将に誰を任命するかで悩む。孔明は、小さな頃から手塩に賭けてきた馬良の弟、馬謖を不安を感じながらも任命してしまう。そして、功を焦った馬謖は…。
 有名な「泣いて馬謖を斬る」の故事の元となるエピソードである。三国志史上、もっとも心熱くなる、孔明対仲達の全面対決第一段!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一人琴を弾いて司馬懿を待つ

2002/07/13 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タツー - この投稿者のレビュー一覧を見る

関羽に援軍を出さず、魏に下ってしまった孟達は、今魏の旗色が悪くなったところでまた蜀に寝返ろうとする。孔明は作戦上大きな戦果に繋がるので早速認め、司馬懿への備えを伝える。孟達の対応が甘く、司馬懿の反応が早かったため、ここで孟達の最期となる。次に喉元に等しい街亭を馬謖に守らせた。馬謖は孔明の命に反し、功をあせり水のない山に陣を張ってしまう。狭い山道を守り、魏の兵を防御することで、蜀の長安奪取、旨くすれば洛陽まで落とせたチャンスであったが、馬謖が山に陣取ったことで、司馬懿は簡単に街亭を取ることが出来た。次々と蜀軍を蹴散らし、司馬懿は西城に迫った。孔明は西城の四門を開放し、無人の城のようにして一人琴を弾いて司馬懿を待った。司馬懿はその様子を見て何かの罠があると思い、兵を引いてしまう。その隙に蜀は食糧不足のため総退却をしてしまう。いやー実に惜しい。馬謖が山に登らなければ歴史が変わっていたところだった。ほんとに大きなポイントだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

北伐の命運

2018/05/27 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻の孟達と馬謖の行為が、その後の蜀の明暗を分けたと言えよう。
それに対する司馬懿達の行動に注目すると良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/08 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します青年コミック ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。