サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 三好さんとこの日曜日 (Spirits neko comics)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

三好さんとこの日曜日 (Spirits neko comics)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1992
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:21cm/194p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-179141-7
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

三好さんとこの日曜日 (Spirits neko comics)

著者 三好 銀 (著)

三好さんとこの日曜日 (Spirits neko comics)

1,049(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

妙なことでも二人でやればイベントに!

2002/03/12 20:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしたか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子どもがいない比較的若い夫婦、というのはどうもいつまでも学生気分がぬけないようなところがあるのかもしれない。テンションがあがり続ける怒濤の恋愛期が終わっても仲がいいのは、友だち同士になっているからだろう。

 二人で暮らしていると、相手の妙なクセや性格に気づいてしまったりする。結婚式に行くのがめんどうだ、と言っていながら、夜中にこっそりスーツを着てみるダンナ。そしてその行動を見抜いていておちょくる妻。もう、ほとんど無敵のコンビネーションができあがっている。

 また、毎日の暮らしのなかでは、われながらなんでこんな変なことしてしまったんだろう、ということがある。なぜやったのか、自分でもわからない。とうぜん他人から見たら、なお、わからない。そして誤解をまねく。妙なことから風呂場で大騒ぎしているダンナを見て、たまには一緒にお風呂に入りたいのかな、とかわいい勘違いをする妻。二人でいれば、日常生活のなかのこういう平和な誤解とすれ違いは、レクリエーションのレベルに達しているのだろう。

 もちろん積極的に二人で奇妙なことをすることもできる。妻が簡単な双眼鏡で遠い家を覗いている。逆に向こうからはこちらはどう見えるんだろう、と考える。考えるだけでなく、夫を誘って実行してしまう。わざわざ目印となる赤い布を窓にかけておいて、双眼鏡で見たあたりへ歩いて行って、今度は双眼鏡で自分たちの部屋を覗いてみるのだ。自分はこのエピソードが好きだ。まあ、べつにどうってことのない結果になるだろう、というのは見えている。実際に大したおもしろいことにはならなかった。けれども、なんてことのないくだらないことでも、二人でやるとイベントになるのだ。だから二人でいる意味がある、ような気がする。

 最初はべったりとベタがぬってある絵に違和感を覚えるかもしれない。なんだか暗い感じがするし。けれども、中身は大違いだ。ほのぼの、というわけでも、癒し系というわけでもないのだが、思わずくすりと笑ってしまうようなマンガだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する