サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. マンガ文庫
  5. 秋田書店
  6. 秋田文庫
  7. Black Jack The best 12stories by Osamu Tezuka 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Black Jack The best 12stories by Osamu Tezuka 1(秋田文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 116件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.8
  • 出版社: 秋田書店
  • レーベル: 秋田文庫
  • サイズ:15cm/290p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-253-16981-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Black Jack The best 12stories by Osamu Tezuka 1 (秋田文庫)

著者 手塚 治虫 (著)

Black Jack The best 12stories by Osamu Tezuka 1 (秋田文庫)

607(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店福岡店

紙の本
セット商品

Black Jack(秋田文庫) 17巻セット

  • 税込価格:10,46296pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー116件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

最高です

2015/10/15 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

永久不滅の名作です。やっぱりブラックジャック最高

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後のコマに重みを感じる

2004/10/20 03:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さき - この投稿者のレビュー一覧を見る

手塚先生の復帰作品。不朽の名作。
手塚先生の作品はどれも大好きですが、ひとつだけ選ぶとなると
間違いなく、ブラックジャックと答えます。
絵タッチは変わらず手塚先生なのに、内容は大人が特に好む展開と
なっています。
少ないページ数の中、毎回忘れられないくらい重厚に語られていきます。
それこそ、えっ? 22Pでこの内容??
ってぐらいに魅せられるほどです。
日本だけにとどまらず、世界中が舞台となって話が展開していくのも
魅力の一つと言えます。
価値観の違い、人種差別…肩書、…命って? 人を助けることとは?
と、ブラックジャックとゆう作品で手塚先生が、各話の最後のページのコマで特に訴えかけてきている気がします。
きれいごとの展開はせず、人間の汚い腹黒い部分も描いてくれいてます。
無免許医ブラックジャックだからこそ、垣間見る世界があると私は
感じています。
学生時代はただ、漫画として面白いと感じていただけなのですが、社会人となってから読んで分かる話の深さに感動しました。

この文庫版は話は各話数がバラバラに収録されていますが、
各話が読みきりになっているので、初めて買って読まれる方でも、
楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ピノコの出生の秘密

2001/05/28 13:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タッピング - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ブラック・ジャック」は一話完結の物語になっているが、その中にはブラック・ジャックの悲しい過去など、本作品の背景に関するエピソードが織り込まれているものもある。
 本巻に収録されている「畸形嚢腫」もその一つだ。ブラック・ジャックの助手として彼のそばにいる女の子・ピノコは、時として重くなりがちな物語の雰囲気をやわらげてくれる、欠かせない登場人物だ。そのピノコがどうして生まれたのかが、この話で描かれている。

 また、「六等星」という物語は、私のお気に入りだ。「医者は欲が優先しちゃおしまいですよ…」と言い、その言葉を人生において実践している椎茸先生の姿に、本当のプロとは何かを考えさせられる。

 (収録されている話) 医者はどこだ!/春一番/畸形嚢腫/人面瘡/ときには真珠のように/めぐり会い/絵が死んでいる!/六等星/ブラック・クィーン/U−18は知っていた/アリの足/二つの愛

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

天才名医

2001/11/23 02:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 手塚治虫は実際に医師なのだが、ブラックジャックにいたっては、機械まで治してしまう。どうも順番通りではないと思うが、一つ一つが短編なので読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Thebest12stories

2001/06/30 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 手塚治虫の作品は小さい頃から慣れ親しんでいた—特にアニメ。だが、大好きになることはなかった。というのも子供向け作品でありながらも“現実的な怖さ”があるのだ。特に『ふしぎのメルモ』などはその代表だった。それでついついドラえもんなどに流れていったのだ。
 “子供向け”と割り切っていた中、24時間テレビで『荒野のバギ』を見た。人間とライオンとが友情を持ち、ある誤解により仲違いする話で、起承転結がはっきりしていて好きになり、その後も毎年『三つ目がとおる』『ザ・マリンエクスプレス』と話題作が放送された。小学生も高学年になるとテレビで放送されるアニメーションだけでは飽きたらず漫画も買うようになる。まず『火の鳥』を読んだ。ショックだった。これまで私が読んできた漫画とは明らかに違う。仏教の思想ではないが確かに“そこ”には諸行無常が存在した。おこずかいをすべて使って毎月毎月『火の鳥』を買った。手塚治虫作品の大きさが何なのかわからないでいるある時、友人が教えてくれた。“手塚治虫の漫画にはテーマがある”“火の鳥は命”。漫画にテーマがあるなどとは露知らず、急にこれまでの疑問が氷解した。“ウケねらい”ではなく伝えるべきメッセージを込めた真摯なる言葉、それが時としては“怖さであり”“スケール”の大きさだったのだ。
 で、ブラック・ジャック購入のきっかけだが、氏が亡くなられた時、『週刊少年ジャンプ』連載作家はお悔やみとしてこの作品が印象に残ったと皆挙げて興味を引かれたからだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/25 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/01 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/11 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/26 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/15 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/08 03:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/24 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/21 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/08 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る