サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. マンガ文庫
  5. 秋田書店
  6. 秋田文庫
  7. Black Jack The best 14stories by Osamu Tezuka 5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Black Jack The best 14stories by Osamu Tezuka 5(秋田文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1993.8
  • 出版社: 秋田書店
  • レーベル: 秋田文庫
  • サイズ:15cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-253-16985-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Black Jack The best 14stories by Osamu Tezuka 5 (秋田文庫)

著者 手塚 治虫 (著)

Black Jack The best 14stories by Osamu Tezuka 5 (秋田文庫)

607(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

Black Jack(秋田文庫) 17巻セット

  • 税込価格:10,46296pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

医療とは何か、人間とは何かを問いかけるブラック・ジャックのメス

2001/01/18 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:げんとび - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ブラック・ジャック」は、ときに読むものをして「医療とはなんだろう」と考えさせる。例えばブラック・ジャックのライバルであるドクター・キリコは、自己の戦争体験をきっかけに患者の安楽死を請け負うようになった。私は安楽死というものを肯定的に捉えているが、それでも本書に収録されている「弁があった!」で起こったことを考えると、軽々しく命を扱うことは許されないことを改めて思い知らされる。
 本書に収められた話の中でも特に気に入っているのが、「もらい水」だ。息子夫婦と暮らしている老婆は、家が病院であるため、病院が忙しいときは外を泊まり歩いている。この老婆にアクシデントが起こったところをブラック・ジャックが救うことになる。その時に彼は言う、「私なら母親の値段は百億円つけたって安いもんだがね」 普段彼の表に出さない優しさが感じ取れる物語だ。ブラック・ジャックと彼の母については他の巻で明らかにされている。 
 「古和医院」も私が好きな話だ。なぜ彼はバスを途中で降りたのか。この話にこそブラック・ジャックの医療観が表れていると言っても過言ではないと思う。物語の結末でも心地よい余韻に浸ることができる。
 彼もメスに迷いを抱くこともあった。「湯治場の二人」では、刀鍛冶・馮二斉の残した手紙を読みながらブラック・ジャックがつぶやく。「私には一生わからないかもしれない。私には切るだけが人生なんだ」 結局彼がその答えをわかったかどうかは、手塚さんが亡くなった今では我々が想像するしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

命の値段

2001/07/01 00:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KA - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ブラック・ジャックは意地が悪いのでよく患者や家族の“気持ち”を試す。“もらい水”でもそんなところがみられる。おばあさんが大怪我をしブラック・ジャックが手術しようとすると医者の息子が“無免許医なんかに任せられるか!”と飛び込んでくる。そして目が飛び出るような金額でなら引き渡してもよいと条件を付けると医者の息子は警察を呼ぶぞとやっきだつが、彼は“私なら母親の値段は百億円つけたって安いもんだがね”と捨て台詞を吐く。そうブラック・ジャックにとっての命の値段の大きさ、金では決して買えないもの、この一徹した志がブラック・ジャックをブラック・ジャックたらしめる要素である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/26 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/20 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/28 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/06 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/14 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/30 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/07 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/11 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/14 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/26 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/05 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る