サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. マンガ文庫の通販
  5. 白泉社の通販
  6. 白泉社文庫の通販
  7. ガラスの仮面 第1巻 千の仮面を持つ少女の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ガラスの仮面 第1巻 千の仮面を持つ少女(白泉社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 67件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.3
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: 白泉社文庫
  • サイズ:16cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-88001-1
文庫

紙の本

ガラスの仮面 第1巻 千の仮面を持つ少女 (白泉社文庫)

著者 美内 すずえ (著)

ガラスの仮面 第1巻 千の仮面を持つ少女 (白泉社文庫)

税込 669 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ガラスの仮面(白泉社文庫) 27巻セット

  • 税込価格:18,738173pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー67件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

少女漫画界のサグラダファミリア

2015/09/11 10:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

芝居・演技という、虚像と想像について非常に迷いがあった頃に手に取り、
たぶん、生きている間に演技についてはこれ以上の傑作には出会えない。
一巻目にしてそう思った。 

購入から時間が経つが、単行より断然紙質が良いので、それほど劣化が気にならない。
(とはいっても、中古買取では日焼けで値がつかないだろうが。)
なんども読み返す人は文庫版のほうが断然お薦め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私も女優になる!と思わず叫びたくなるくらいハマリます。漫画の域を超えてる作品。

2004/11/10 14:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本と出会ったのは時間潰しに入った喫茶店。
主人公の目に星が入っている古臭い(失礼)イラストにほんのちょっとと読み始めたつもりが…。
気がつくと2巻目、3巻目と次々に手にとり、むさぼるように読んでいった漫画でした。

この話は一言で言えば「演劇版スポ根漫画」。
しかし目指す先が「女優」だったせいか読むうちに自分まで「マヤ」と同化して演技の道へ進みたくなるのである。
読むうちに鼻息まで荒くなってくるから不思議だ。
「千の仮面」を持つ少女、幻の「紅天女」への闘い、ソバ屋の住み込みのしがない娘が夢見る先に一体どんな人生が待ち受けているのか。

へへーん漫画なんてと馬鹿にしてるあなた、第一話だけでも読んでみて欲しい。
ハマルこと間違いありません。
ただしまだ完結してないのが難点なんですけどね…。
早く続きが読みたいものです。

あと文庫版ならではの「あとがき」もオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに熱狂

2003/01/30 04:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は、貧乏で、かわいくなく? 勉強もできない、みそっかす?な女の子北島マヤ。

恵まれない主人公、すべてを満たす永遠のライバル、鬼コーチ、社会の私利私欲、妬みや嫌がらせ、足長おじさんなど、忘れていたスポコン典型プロットで繰り広げられる大演劇ロマン。

青年マンガの「燃えよペン」の主人公炎燃(ほのおもゆる)を熱血とするなら、少女漫画のこの作品の主人公北島マヤはまさに熱狂。万人の胸を熱く揺さぶる大演劇ロマンのコピーには納得。

生きがいがあるということは、人間として生きる価値を自分でみいだすこと——という台詞を読んで、主人公の情熱に盲目的に憧れたりすることは、個人的にはありませんが、やはり名作でしょう。

オモシロイと声をあまりにもよく聞くので、完結したら読もうと思っていたところ、全然終らないので、今頃になって読んでみた次第。

例えどんな結末であれ、完結しなければ作品ではない——と私は思っているので、是非完結してもらいたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/18 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/12 04:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/18 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/21 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/06 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/15 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/21 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/03 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/23 06:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/19 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/18 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。