サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー 日本橋ビジネスクリニック~あなたのよみぐすり、ご提案します~ ポイント5倍キャンペーン(~4/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

百億の昼と千億の夜(秋田文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 71件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.4
  • 出版社: 秋田書店
  • レーベル: 秋田文庫
  • サイズ:15cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-253-17002-4
文庫

紙の本

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)

著者 光瀬 竜 (著),萩尾 望都 (著)

百億の昼と千億の夜 (秋田文庫)

税込 761 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー71件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

すべては虚しいのか?

2001/07/04 19:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 純文学のように味わいのあるマンガは数多い。しかしこのマンガのように哲学の粋に達してしまったマンガはそれほど多くはないだろう。原作があるから、というわけではない。絵それ自体の表現力が素晴らしいのである。しかも題名からして壮大だ。気の遠くなるような永い時間。それは死を想起させるのに十分すぎる時であろう。むしろ無と呼ぶべきかもしれない。

 ストーリーはそれほど単純ではない。
 天地創造からはじまって、キリスト教の歴史も仏教の歴史も同次元で語られてゆくのだが、そこには今まで描かれてきたシッダータやユダとは別の、恐ろしいまでに神(存在)への懐疑に満ちた彼らがいる。戦いに明け暮れる阿修羅の語る言葉は実に切ない。そしてキリスト教自体が仕組まれた罠だったという下りは物語にしても強烈で、しばし頭を抱えさせられる。
 未読の作品について詳しく語られるのは、未見の映画について語られるのと同じくらい不快だと思うので内容はここまでに。

 とにかくカルチャーショックという言葉ではまったく足りないようなショックを与えてくるマンガであり、何度読んでもメッセージを受け止めるだけでぐったりしてしまう。これを読んだあとは文字通り世界観が一変してしまうのだ。

続き

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もう一度読み返したい

2016/03/22 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の中でちゃんと消化出来ていないため感想を書くのが難しい。原作の同タイトルはまだ手つかずなので、そちらを読んでから、もう一度本書を読み返したいと思う。阿修羅のキャラクター造形が好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たくさんの「?」

2002/02/16 18:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人間はどこから来たのか? 宗教とは何なのか? 神とは? 仏とは? 宇宙とは? 生きるということは? 死ぬということは? 数多くのいろんな「?」が全てひっくるめられた、壮大なスケールのSF超大作。
 原作の小説があって、私はこのマンガ版を読んだ後で小説のほうを読んだのですが、さすがは萩尾望都、原作を活かしながらもすっかり自分の世界として描ききっています。
 私はこの作品で、眼からウロコが落ちました。とはいえ、戦うことを運命づけられた者は今ごろどこをさまよっているのだろう? これで全てが終わったのかな? 人間はどこに行こうとしているのだろう、どこへと導かれていくのだろう? と、読み終わった後にもたくさんの「?」が残ってしまっています。う〜ん、考えさせられるな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

萩尾望都版『百億の昼と千億の夜』

2001/11/18 03:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本SFの金字塔、光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』の、萩尾望都によるコミック化作品です。単なる小説のコミック化には留まらず、小説をベースにした別の作品と云っても過言ではないものになっています。
 萩尾望都は、かなり大胆にプロットを変更し、場面やセリフまわしを書き換え、キャラクターやエピソードを増やし、人物の造形も自由に行なっています。その結果、作品の彩りも奥行きも増して、紛れもない萩尾望都作品として仕上がっています。特に、光瀬龍版において、後半セリフがカタカナ書きになっているなどして影のように存在感の薄い人物だったオリオナエが、萩尾望都版ではさまざまなエピソードが加えられて、奥行きのある血の通っ
た人物として生き生きと描かれているのが印象的です。さらに、阿修羅王の小説版以上の圧倒的な存在感も心に残ります。
 コミック版ではじめて『百億の昼と千億の夜』に触れた人は、ぜひ光瀬龍の原作小説版も読んでほしいと思います。また、小説版を読んだ人は、ぜひこのコミック版も味わっていただきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再チャレンジです

2017/06/10 17:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔 読んだ時には何が何だかわからなかった作品に再挑戦してみました。改めて読むと呆然とするしかないほど壮大なスケールの作品。下手をしたらひたすら虚しい気持ちになるところを阿修羅王の不屈の心に救われました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ここまでテーマが壮大ならOK

2003/01/06 04:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hybird - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は古今東西のごった煮で、原作をかなり端折った感も否めないため、好き嫌いは分かれるかも。しかし、惑星開発委員会という壮大な存在が、読後に宇宙の謎について考える時間を与えてくれる。週刊少年チャンピオン連載のため、絵も線が太く読みやすい。ここまで壮大な時空間が舞台の作品なら、細かいことは考えずに、SF好きなら是非どうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原作読まねばダメですか

2001/06/07 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すの - この投稿者のレビュー一覧を見る

 田口ランディの「モザイク」にこの本の話が出ていたので気になって読んでみたのだが、ものすごく話の流れが速いのに加えて、ストーリーも飛んでいる気がする。

 阿修羅王は結局何者なのだろうか? 誰に命を受けて戦っているのだろうか?

 ビックバンを初めて知ったときの疑問に近い感覚だ。「なにもないところ」にピンポン玉くらいの宇宙の素があり、それが爆発して今の宇宙になる…。宇宙の外側にはなにがあるのか? なんで今までなんでもなかったソレが爆発したのか

 意のままに操ろうとする者が外にいるのだろうか? 我々は、たとえば何かの燃料の中に偶然発生してしまった生命で、意図的に破滅の方向に向かわされているのであろうか?

 いつか原作を読もうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/04 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/09 03:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/24 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/01 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/13 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/18 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/20 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/30 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

秋田文庫 ランキング

秋田文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。